【飯塚工務店】さんの"住まいづくり"についてお勉強してきました♪

皆さんこんにちは!
つくばちゃんねる」運営スタッフ飛澤です[notes]
工務店さんの数だけ独自の工法や特徴があるもの[house]
この日は土浦にある『株式会社 飯塚工務店』さん[shine]お勉強のため[shine]お邪魔して参りましたよ~

20130630iitsuka2.jpg

写真は一体何でしょう??一見クランチチョコのようですが...違います[wobbly]

こちらは❝炭化コルク❞といってお家の断熱材として使用されている素材なんです!

よーく見ると、下半分はしっくいが塗られていますね[eye]

こんな風に、下地材に蒸し焼きにしたコルクを使う工法は茨城県ではまだまだ珍しいのだそうです

特徴としては[up]

『高耐火性』...製造過程で炭化しているため
『結露抑制』...自己吸放湿の特性があるため
『長寿命』...施工後の硬化性があるため
『空気の浄化』...炭の力で有害物質を吸収するため
『短期メンテナンス不要』...しっくいは年月を経て耐久性が増すため
『シンプルな構造』...通気工法のような複雑な工法が不要なため
『エコロジー』...産業廃棄物を出す科学接着剤不使用のため
などなど[shine]

この『しっくい塗り炭化コルクWALL』がもたらす様々な効果が、家や家族を優しく守ってくれるのですね~

ちなみにコルクの原料である樫の木皮は、9年後には再生する能力があり[rock]

1本の木から計10回も原料が採れるという、とっても[clover]エコな素材[clover]

「未来の子ども達に負担を残さない家づくり」素晴らしいですね[happy01]

来月は、また違った❝飯塚工務店さんならでは❞の工法をお届けしますのでお楽しみに!!

20130630iitsuka.jpg

モデルハウスでは、こんな風に内部の構造を見ることができますよ♪


カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する