BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの
人気モデル『ALLen』の完成見学会に行って来ました

1004isekiya01.jpg

『風見鶏ならぬ、
風見山羊がシンボルのALLen』

よーく見ると、鶏ではなくて山羊!
初めて目にした風見 "山羊" は、奥様の想い入れたっぷりの特別オーダー品。
きっと誰もが足を止めて、その愛くるしい姿に見入ってしまいますよね。

1004isekiya02.jpg

『豊かな田園風景に囲まれた、
自然との共存を叶える住まい』

抜けるような初秋の空。
穏やかになった陽射しと心地良い風を受けて、風見山羊がくるくると嬉しそうに回ります。
最寄り駅まで車で10分と至近でありながら、周囲を緑に囲まれ目の前は畑という好環境。

1004isekiya03.jpg

『早速発見!空間を最大限に活かすスキップフロア』

玄関を抜けるとすぐに現れる、短い階段。
降りて行ってドアを開ければ、収納も完備された "インサイドストッカー" が現れます。
階層をずらすことで空間を生み出し、より広くより快適な居住空間を創り出すことができるのですね。

1004isekiya04.jpg

『居住空間としての十分なクオリティを備えたインサイドストッカー』

ALLenでは "インサイドストッカー" と呼ばれるこちらの空間、さらに右奥には "アウトドアストッカー" が続きます。
このお部屋に、奥様は沢山所有されているというお気に入りの本を並べ、旦那様は趣味であるドラムやギターを置いて演奏を楽しむのだとか。

1004isekiya05.jpg

『パイン材のナチュラルな表情が美しい室内』

1階の床や収納をはじめ、2階の天井~床や階段、ストックの扉まで...
全てに良質なパイン材を使用。
時間の経過とともにその味わいと風格を増し、飴色に変化していくというのですから楽しみです!

1004isekiya06.jpg

『フロア中を見渡すことができるカウンターキッチン』

シンク周りのみがオープンになっているので、油はねやにおいなどを気にすることなくお料理ができますね!
キッチンに立てば、正面にはリビングダイニング、すぐ右手にはスキップフロア上の洋室まで目が届くようになっています。

1004isekiya07.jpg

『家中どの窓を開けても鮮やかな緑と田園風景を眺めることができます』

ダイニングの大開口をはじめとして、お部屋というお部屋に大きな窓が設置されています。
一年を通して、移り変わる風景や空気を感じ、楽しむことができますね。
周囲の建物からの距離も程好くあるので、視線を気にせず窓を全開にできそうです。

1004isekiya08.jpg

『勾配のある屋根と天窓が印象的な寝室』

天然木の高い天井と天窓は、窓からの風景も相まって山小屋を彷彿とさせます。
一面だけに色を施した壁と、二本渡した梁も素敵なアクセントになっていますよね。
毎朝、明るい日差しとヤギさんの鳴き声で起床なんて、ちょっと羨ましいです。

1004isekiya09.jpg

『階段を中心にして部屋が繋がる間取り』

昇りきれば正面にキッチンとリビングダイニング。
背後にはオープンスペースになった洋室と、扉を隔てて寝室があります。
自然に家族が顔を合わせられる間取りは、豊かなコミュニケーションの時間を生み出してくれますね。

☆Nさんご夫妻にお話を伺いました☆

すっかり打ち解けた様子のスタッフの皆さんとTさんご夫婦、話題が尽きません

(すっかり打ち解けた様子のスタッフの皆さんとTさん
ご夫婦、話題が尽きません)

スタッフ飛澤(以下飛):お二人と、伊勢喜屋工務店さんの出逢いはちょっと面白いですよね。
旦那様 :「ええ。総合住宅展示場に行ったつもりが、その斜め向かいの一際個性的な "ひたち野うしくモデルハウス" の方が気になってしまって(笑)」
奥様  :「これ、面白い!って思ったんですよね。スキップフロアの家を見たのも初めてでしたし。」

飛   :なるほど、そのお気持ちわかります!しかも、お土地についてもご縁があったようですが...?
奥様 :「そうなんです。私がとにかく山羊を飼いたくて、ぴったりの環境を探していたんです。しかも、主人の勤務地の関係で、都内まで1時間圏内という条件で。」
旦那様:「もともと自然の多い場所が好きだったので、ご提案いただいたこの土地がすぐに気に入りました。『この環境にどんな家が合うか?』そう考えた時、こちらの建物なら間違いないと思いました。」

飛   :田園風景とALLen(建物名)と山羊さん...確かにベストマッチですよね!!
では最後に、お二人それぞれがこだわられたポイントを教えていただけますか?

奥様  :「私はガラス細工が趣味なので、火を使っても安心で作業に集中できる専用スペースを設けていただきました。
それから、一番のお気に入りはやっぱり"風見山羊"(※一枚目の写真参照)!!お願いして、特別に作ってもらったんです。」

飛   :拝見しました!とても可愛らしいですよね~
それでは旦那様はいかがでしょうか?

旦那様 :「私は、山羊のために建てた家に住ませてもらう身なので。(一同大爆笑)
趣味で、ドラムとギターをやるんですよ。それでスタジオっぽいスペースがほしいと思っていました。
あとは、2階の大開口部分に設けたフォールディングウィンドウ(アコーディオンのように開くサッシ)ですね!」

飛   :まさにお二人の願いが叶えられたお家なんですね!!ありがとうございました!

フォトギャラリー

1004isekiya11.jpg

玄関で見つけたランプシェード、可愛らしい小鳥がお出迎えしてくれます♪

1004isekiya12.jpg

奥様の作業部屋に置かれた、ガラス細工が美しいセンターテーブルももちろんお手製です

1004isekiya13.jpg

珍しいアップルグリーンのシンクが素敵!キッチンにもこだわられたそうです

1004isekiya14.jpg

自然色で統一された室内に合わせ、パウダーコーナーもシンプルで洗練された雰囲気

1004isekiya15.jpg

白×パイン材のナチュラルな美しさ...階段を上がる足を止め、思わず見惚れてしまいました

1004isekiya16.jpg

なんとも長閑な風景です...今にも山羊さんの鳴き声が聞こえてきそう?!

お客様の声

「階段を上がった時のリビングの開放感、広い窓、広いデッキに完全にハマりました!」

 

「木の質感と、緑に囲まれた広い環境がうらやましいです。」

 

「無駄がなく、全てのスペースが有効に使えそうだと思いました。」

 

「ストッカーが充実していて、趣味が広がりそうですね。」

 

取材を終えて

「私、この家で山羊を飼いたいんです。」お会いしてすぐの奥様のコメントに、なんてぴったりのロケーションと建物なのだろうと、感動してしまったのを覚えています。
牧場でお仕事をされた経験があり、その際に触れた山羊の愛らしさに惹かれ、いつか手元に置いて暮らしたいとずっと願っていたそうです。
また、長いPC仕事の間でもご夫婦の繋がりを感じられる2階部分の間取りや、ガラス細工のご趣味(職人さんの腕前では?)を満喫できる作業部屋など、沢山のご要望をお持ちだった奥様。

その想いを共有し、応えて下さった担当の藤崎さん(10枚目の写真右から二番目)をはじめスタッフの皆さんや旦那様と、とても楽しそうに思い出話をされている姿が印象的でした。まさに『みんなで作り上げた住まい』と言えるのではないでしょうか?

そして一番心に残ったのが、インタビュー中の旦那様のお言葉。
「疲れているとぶつかったり、"もういいや"っていう気持ちになってしまうこともあるんですけど...絶対に安易に決めてしまわないで、夫婦が納得するまで諦めずお互いの妥協点を見つけてほしいですね。」
お二人がどんな経緯を経てどんなお気持ちで建てた住まいか、私なりに少しだけ感じ取ることができて、このお家の居心地が良い理由がわかった気がしました。

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する