アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました

ホワイト×ブラウンの二色使いがシックな住まい

『希望通りの住まいをバックに、満面の笑みでピースサイン!』

お仕事でカメラマンをされているという施主様を撮影するのはかなり緊張...
そんなこちらの思いを察してか?!とっても気さくに撮影・インタビューに応じてくださいました!!

1107aruru02.jpg

『すっきりとした切妻屋根のシンプルモダンな外観』

外壁から玄関柱まで、全て同じこげ茶色の同素材で統一。
そのため軒や窓枠、シャッター部分に取り入れられた白が非常に効果的ですね。
何度も打ち合わせを重ねて辿り着いたという間取り、拝見するのが楽しみです!

1107aruru03.jpg

『玄関周りの収納の充実ぶりに目を見張ります』

ドアを開けると正面にはクローゼット、そしてすぐ右手には土間収納がありました。
小さいお子さんの遊具やベビーカーなど、外に置かずにしまっておけるのは嬉しいですね。
しかも奥にはコートハンガーまで!扉がないため出し入れも楽々です。

1107aruru04.jpg

『和室と続き間のように使えるリビングダイニング』

もちろん、来客時などは二枚の引き込み戸を使って区切れば客間に早変わり!
お子さんだけではなく、ママのお昼寝タイムにも和室は重宝しそうですよね。
白木の床と天井や壁紙の色を合わせたことで、開放感を演出。

1107aruru05.jpg

『さり気なくダークブラウンの外壁と色をリンクさせたシステムキッチン』

明るい陽の光が差し込むキッチンは、作業スペースとシンク側が対面式になっています。
調理中の匂いや油はねなどを気にすることなく、家族との会話を楽しめるのが嬉しいですね。

1107aruru06.jpg

『玄関ホールから直接リビング~和室への移動も可能』

お客様を室内に通す時は、洗面室側の入り口を避けて玄関正面のこちらのドアから。
手荷物などは和室に置いて、ゆったりとリビングで寛いでいただく...
入り口が2箇所あるからこそできる心遣いですね。

1107aruru07.jpg

『押し入れも完備、床の間も備えた6畳の和室』

白を貴重とした室内は、すぐ隣が洋室でも全く違和感を感じさせません。
施主様のお子様のお名前からとったという、楓柄の赤い壁紙も目に鮮やかですね。
暗くなりがちな和室ですが、窓が二面あるため採光は十分です。

1107aruru08.jpg

『回り階段を上がれば広々としたホールが現れます』

廊下をなくすことで、スペースを有効活用。
各部屋を繋ぐ中央部に位置するホールには、室内用物干しポールを設置。
日当たり抜群のバルコニーに面したこの場所、利用しない手はないですものね!

1107aruru09.jpg

『白壁に白いドアが映える美しい主寝室』

バルコニーへと続く主寝室は、陽射しがたっぷりと入って夕方近くになってもこの明るさです。
たくさんの洋服をかけることができる長いバーや、程よい高さの天井棚が完備された3帖の広さを誇るウォークインクローゼットも嬉しいですね!

☆建て主のOさんにお話を伺いました☆

1107aruru10.jpg

(すっかり仲良しの家づくりアドバイザー生頭さんと)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、Oさんとアルルホームズさんとの出会いから教えていただけますか?
Oさん :「研究学園で開催されていた見学会に、妻が子供と二人で見に行ったのがきっかけです。その時に、今度本社で消費税が上がる前後のシュミレーションをしてみませんかって、誘っていただいたんです。」
生頭さん:「お住まいが、偶然弊社から自転車で1~2分のところだったんですよね。」

飛   :そうだったんですね。Oさんは本社を訪問されて、どんな印象を受けられましたか?
Oさん :「ガツガツ来ないし、他所の悪口を言わないなって(笑)。それから、どこよりもキッズスペースが広く設けてあってびっくりしましたね。女性スタッフが遊んでいてくださるので、打ち合わせの時は本当に助かりました!」

飛   :そうなると、やはり決め手になったのは...
Oさん :「人の良さ!家はグレードを上げることができるけれど、人は替えることができませんから。一番のポイントだと思います。」

飛   :なるほど。それでは最後に、ご夫妻が特にこだわった点について教えて下さい。
Oさん :「妻はとにかく『玄関から直接洗面所に行けるように』など"水回りの動線"にこだわっていましたね。あとは和室かな?私の場合は収納スペースや位置くらいで...」
生頭さん:「奥様の意見が最優先で、それを叶えるために夜遅くまで何度も打ち合わせしてましたよね(笑)」
Oさん :「そうそう、仕事そっちのけで楽しんでましたね。『間取りって楽しい~!』って(笑)」
生頭さん:「もう、最後の方は完全にプロ顔負けでしたよね。」

飛   :そうでしたか...なんて幸せな奥様!!
色々お聞かせいただき、ありがとうございました~。

フォトギャラリー

1107aruru11.jpg

冷たい飲み物とアツアツの焼き鳥のサービス!
「一本いかがですか~?」

1107aruru12.jpg

玄関脇のニッチには何を飾るのでしょうか♪
向かいに見えるのは取り出し便利なコートハンガー

1107aruru13.jpg

壁掛け式でも配線が見えてしまわないよう工夫された、作り付けのテレビボード

1107aruru14.jpg

ダイニングの窓際にもニッチを発見!
写真や一輪挿しなどを飾るのにピッタリですね

1107aruru15.jpg

玄関からキッチンの間に水回りを集中!
奥様こだわりの家事動線です

1107aruru16.jpg

嬉しいガイドブックのプレゼント!
アルルホームズさん、もちろん載ってます

1107aruru17.jpg

見学できるだけでなく、家づくりについてお勉強もできるなんて有り難いですよね!

お客様の声

「和室の楓柄の壁紙がすごく素敵でした!」

 

「室内が真っ白で、建具や床も同系色で統一されていたので明るく広く感じました。」

 

「色を茶と白に絞って使っていて、とてもモダンな印象を受けました。」

 

「玄関ホールに設置されていたコートハンガー、きっとすごく便利ですよね!」

 

取材を終えて

Oさんがアルルホームズさんを『人の良さ』が決め手だったと言えば、担当の生頭さんは「すごく真面目に家づくりに取り組んでくださっていた」と仰る施主様ご夫婦。
きっととても良いご縁だったのですね。
最初の打ち合わせから3ヶ月くらいで今日の日を迎えたというお二人でしたが、まるでずっと前からのお友達のように打ち解けていた姿が印象的でした。

着工まであまり日がない中、週末にお休みが取れない旦那様のために個別に案内をしてもらえたり、限られた予算の中でも満足の行く提案を色々してもらえたり...
中でも、間取りに関する打ち合わせはかなりの回数を重ね、申し訳なく思いながらも何度か変更をお願いしたと言います。とても思い出深い家づくりとなったようで、お二人笑顔で振り返っていました。

そんな中でも特に強く記憶に残っているというのが、担当の生頭さんと代表の谷嶋さんの『家づくりを楽しんでほしい』というお言葉
インタビュー中にもあったとおり、しっかりと楽しむことができたみたいですね!
そしてなんと、奥様に至っては「アルルホームズさんは皆良い人!ここで働きたい!!」と話しているのだとか。
これはきっと、どんな言葉よりもアルルホームズさんにとって嬉しいプレゼントだったのではないでしょうか??

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
事務所営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日、隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する