夢ハウスさんの構造見学会に行ってまいりました!

20140219dhouse01.jpg

(厳しい寒さと風でも余裕!新潟からの助っ人石渡さん、加藤さんとつくばみらい店唐澤さん)

20140219dhouse02.jpg

『夢ハウスさんの構造見学会は初訪問!楽しみです』

この日は気温がかなり低いうえに、冷たい風も強く吹いていましたが...
到着した途端目に飛び込んできたのは、元気に走り回る子供たちの姿とスタッフの皆さんの笑顔!

20140219dhouse03.jpg

『完成後では目にすることができない「夢パネル」がこちら』

「壁倍率3.3倍」を誇る高耐久の"軸組パネル工法"を採用しているため、災害時でも安心です
下部に見える丸い穴は、従来工法の4倍の床下換気を可能にする"丸型換気口"で、正倉院の校倉造りの高床式が元になっているのだそうです

20140219dhouse04.jpg

『ポスター1枚からも家づくりの姿勢がしっかりと伝わってきます』

ドアを開けて中に入ると、先ず最初に目に入ってくるのがこちら
関わるスタッフ全員が参加して、必ず行うという『起工式』の際の記念写真
パートナー心得と同様に、全ての現場に貼ってあるのだそうです

20140219dhouse05.jpg

『一切の集成材を用いず、含水率15%以下の乾燥無垢材を使用』

「乾燥技術特許」を取得した、独自の技法により加工された乾燥無垢材使用の構造体
建築後に収縮や変形の心配がないというのは頼もしい限りですね
見上げると、太く逞しい柱に包み込まれているような気分になります

20140219dhouse06.jpg

『直接見て触れて実感できるのも構造見学会ならでは』

室内には実験サンプルなどの展示品やパネルが多数並び、実際に手にとって感触や重さを確かめることもできます
詳しい説明文も添えてありますが、もちろん近くにはスタッフがスタンバイしているので、気軽に声をかけて話を聞いているお客様もいらっしゃいました!

20140219dhouse07.jpg

『アドバイザーの加藤さんから"軸組パネル工法"についてレクチャー』

模型を用いて、新潟から来られていた加藤アドバイザーに従来工法のものと、夢ハウスオリジナルの「夢パネル」の違いを解説していただきました!
やっぱり、プロの方の説明はとてもわかり易くて、勉強になりますよね

20140219dhouse08.jpg

『構造見学会では珍しい!2階にも上がることができます』

丁寧に養生された柱や壁に目をやりつつ、がっしりと丈夫な梯子を昇っていきます
通常は階下から眺めるだけの2階ですが、今回は見学することができました
小さいお子さんたちも、楽しそうに上がっていました

20140219dhouse09.jpg

『2階のあらわし構造・斜め天井は広さも迫力も満点』

勾配をつけた高い天井は、やはり開放感がありますね
加えて、梁や柱を表しにしたことで高いデザイン性と大空間を演出
なんと一般住宅に比べて体積比が1.5倍にもなるというのだから驚きです!

☆展示場スタッフ唐澤さんにお話を伺いました☆

20140219dhouse10.jpg

(ひっきりなしに訪れるお客様やお子様たちの対応に大忙しでしたね♪)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、施主様との出逢いから教えていただけますか?
唐澤さん:「一昨年の8月、 "みらいフェスタ"というお祭りに出店していた私たちのブースに立ち寄られたんです。その後モデルハウスがオープンしたのと同時に見学に来てくださったのがきっかけです。」

その後のイベントにも、積極的に参加してくださっていたそうですね?
私も何度かお会いしてお話を伺ったことがあります。

唐澤さん:「ええ。各種イベントをはじめ、新潟ツアーにもご参加されています。
まだ上のお嬢さんもずっと小さい時からですね。」

飛:営業担当の塚本さんは『丸柱を選びに新潟まで日帰り弾丸ツアーに行ったのが一番の思い出(笑)』と仰っていましたが、唐澤さんはいかがですか?
唐澤さん:「やっぱり...大雪の中行った、新潟ツアーですね。」

飛:なるほど。昨年秋の新潟ツアーで私もご一緒しましたが、とっても仲良しのご家族で、家づくりや夢ハウスさんとのお付き合いを心から楽しんでいる様子が伝わってきました。
唐澤さん:「そうなんです。年明けに行った"餅つきイベント"でも、スポーツマンのご主人様が大活躍で(笑)。」

飛:今後、建てた後からのお付き合いもとっても楽しみですね!
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

フォトギャラリー

20140219dhouse11.jpg

3月末には完成予定とのこと...楽しみですね!!

20140219dhouse12.jpg

来場者プレゼントの「ひば」ブロックや、コンセプトを伝える資料がズラリ

20140219dhouse13.jpg

完成した後では確認することができない柱や床こそ、大切ですものね

20140219dhouse14.jpg

一般在来工法の3.7倍の強度を誇るという『剛床工法』の床がこちら

20140219dhouse15.jpg

「まぐさ」と呼ばれる開口部下の横材も、在来工法の二倍の大きさだそうです

20140219dhouse16.jpg

新潟の工場にて、担当の方の説明に真剣に耳を傾けるご主人様♪

20140219dhouse17.jpg

そしてこちらが新潟に直接足を運び、選んできた丸柱

取材を終えて

今回の構造見学会会場となったお家の施主様とは、モデルハウスや各イベント・ツアーなどで何回もお会いしていたこともあり、ご家族の皆さんのお顔を思い浮かべながらの取材となりました。
スタッフの皆さんも思い出がたくさんあるようで、色々なお話を聞かせていただくことができました!

建物の方はというと、構造体だけの状態であるにもかかわらず「うちより暖かい!」「この状態で引き渡して欲しい(笑)」なんてコメントが飛び出すくらい、非常に完成度の高いものでした。
実際ストーブが一台置いてあるだけなのに、室内は汗ばむくらい暖かく、入った途端に上着を脱ぐお客様の姿も。

展示品やパネル・カタログなどももちろん興味深くはありますが、やはり起工式の集合写真や上の写真の丸柱のように、そこに物語を感じることができるアイテムに皆さん惹かれているような印象を受けました。
高い機能性と合わせて、こういった夢ハウスさんならではの取り組みにも注目したいですね!

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629街区1画地(MAP
事務所営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する