夢ハウスさんの
"春の伐採体験&建物探訪ツアー"に参加してきました!

img20140618_dhouse01.jpg

(2棟並んだ展示場の前で、恒例の記念撮影です!)

img20140618_dhouse02.jpg

『「おはようございます!」
ビシッとスーツ姿のスタッフがお出迎えです』

つくばみらい市のモデルハウスに集まったのは、スタッフ6名と27名のお客様。
朝早い時間の集合にもかかわらず、大型バスに乗り込む皆さんの足取りは軽やか♪
程よい緊張感と、旅が始まるんだというワクワクした気持ちを乗せて、いざ出発です!

img20140618_dhouse03.jpg

『お子さまたちも興味津々?!
車内でのお勉強タイム』

高速に入ると、塚本店長からのご挨拶や、旅の行程についての説明がありました。
そして恒例の自己紹介がスタート!
もちろん、参加者全員ですよ~。
その後は、スタッフがリレー形式で夢ハウスさんの家づくりや、こだわりなどを分かりやすく紹介してくださいました。

img20140618_dhouse04.jpg

『新潟県新発田市の昼食会場に到着!
今日のメニューは何かな♪』

聖籠新発田ICを下りて、バスが向かったのは地元の人気店「三宝茶楼」。
ボリューム満点の美味しい中華料理が食べられるとあって、この日も順番待ちのお客さんで大混雑でした!
長旅の疲れも何のその?足早に店内へ(笑)。

img20140618_dhouse05.jpg

『駆けつけていただいた片桐常務と一緒に
「いただきまーす」』

ここからは、イベントやセミナーですっかり皆さんとも仲良し!新潟本社の片桐常務がツアーに参加してくださいます。
ホタテやエビがごろごろ入った八宝菜と、トロトロ卵のカニ玉セットに、スープ・サラダ・デザート&ドリンクがついた、とっても豪華なお昼ごはんをいただきました。

img20140618_dhouse06.jpg

『今熱い視線を浴びている、
天然木の規格住宅"郷の家"』

昼食会場からも近い、2棟並んだ新発田モデルハウスから
見学スタート!
向かって左手の"郷の家"は、規格住宅でありながら、高性能かつ
豊富なプランが魅力。
天然無垢材を使用しているにもかかわらず、価格を抑えてあるところも人気の理由のようです。

img20140618_dhouse07.jpg

『ナチュラルな色味で統一された室内は
居心地も抜群!!』

柔らかく、温かな木の質感に、皆さんすっかり夢中になってしまった様子です。
一歩足を踏み入れれば、大人も子供もその澄んだ空気や居心地の良さをすぐに肌で感じ取ることができます。ついつい触れて、座って、寝転んで...じっくりと味わいたくなってしまいます。

img20140618_dhouse08.jpg

『男同士の大事なお話中?!
ぐっと家族の距離が縮まる小屋裏スペース』

そーっと近づいてみると「いいか、ここはお父さんのお部屋にするんだよ。」と父上。
「えーっ。」と子供たち(笑)。秘密基地を彷彿とさせる小屋裏は、男性にとっても人気のようです。父子の大切なコミュニケーションスペースとして、大活躍してくれそうですね!

img20140618_dhouse09.jpg

『どこか懐かしさを感じさせる
古民家タイプの"いこいの家"』

趣も変わって、こちらはお隣に建つ自由設計の"いこいの家"。
正面には大きな広縁を配し、室内には高い吹き抜けも。
たっぷりと光と風を取り込む、古さと新しさが調和した古民家調の建物です。

img20140618_dhouse10.jpg

『2棟の内装の違い、異なる木づかいも見どころのひとつです』

床や梁・建具に至るまで、シックなココア色でまとめられていて落ち着いた雰囲気です。
春の穏やかな陽射しを、高い吹き抜けや大開口がまんべんなく室内に運んでくれます。
思い思いに見学した後は、スタッフの皆さんに質問タイムですね♪

img20140618_dhouse11.jpg

『古民家の良さが程よく取り入れられた
和モダンな空間』

こちらは主寝室や子供部屋を擁する2階。 間仕切りのない室内は、階段を上がってすぐのフリースペース脇も吹き抜けになっており、開放感も抜群です!もちろん、必要に応じて左手の扉を閉めれば、仕切ることもできます。

img20140618_dhouse12.jpg

『楽しみにしていた新規格住宅
"tsumiki"を初訪問です』

「新しいスタンダート」として登場した、天然無垢材を用いることや基本仕様はそのままに、徹底的に無駄を削ぎ落したデザイン&コストパフォーマンスが魅力の"tsumiki"。
規格住宅でありながら、2階は自分で間取りを決められるというところが嬉しいですね。

img20140618_dhouse13.jpg

『爽やかな香りが漂うリッチな総桐の寝室も
夢ハウスさんならでは!』

桐の調湿・抗菌効果にかかれば、外の湿気や強い陽射しもちっとも怖くありません。
一年を通して室内を快適に保つだけではなく、桐独特の香りや優しい風合いは、その部屋の価値をさらに高めてくれます。

img20140618_dhouse14.jpg

『こだわり抜いた和の伝統美と意匠に出逢える"夢ひろば"』

次に訪れたのは、なんと敷地180坪!
13年という月日を経ても全く古さを感じさせず、威厳と荘厳さを醸し出す"夢ひろば"。
玄関からして素晴らしく、ずっと眺めていても飽きないので、
皆さんなかなか室内に入っていけません(笑)。

img20140618_dhouse15.jpg

『一歩足を踏み入れれば、その壮麗な佇まいに言葉を失います』

大開口を設けたリビングダイニングはもちろん、そこからの眺めも「見事」のひとこと。
古民家調の室内に彩りを添えるのは、夢ハウスさん特製の囲炉裏や重厚感溢れるダイニングセット。しばしの間、ゆったりと寛ぎつつ非日常感を味わうことができました。

img20140618_dhouse16.jpg

『手入れの行き届いた植栽もまた
建物を引き立たせます』

この日はちょうど【苔盆栽販売会】会期中だったので、素晴らしいお庭だけではなく、1点100万円を超える本格盆栽なども鑑賞することができました!
無垢材がふんだんに用いられた格調高い和の空間と、日本文化の象徴とも言える盆栽のコラボレーションが見事でした。

img20140618_dhouse17.jpg

『建物の次は広大な第一工場を訪問、まずは
車窓からの見学です』

バスを走らせて約30分ほどの場所にある、製材・プレカットを行う第一工場へ移動します。
東港という港に隣接するこちらの工場の面積は、驚きの7千坪という広さ!
とても歩いて全部は見きれないので、まずはバスで要所々々へ移動しながらの見学です。

img20140618_dhouse18.jpg

『夢ハウスさんオリジナルの木材乾燥機
「ドライランバー」』

既に特許を取得しているというこの機械を使えば、なんと木材の含水率を5%まで下げることが可能なのだそうです。
写真ではお伝えできなくて残念なのですが...扉を開けた途端放たれる熱気とヤニ独特の香りがすごい!
この機械の威力を肌で感じることができました。

img20140618_dhouse19.jpg

『片桐常務の熱い講義に、皆さん熱心に
聞き入ります』

節が抜けてしまって補修がきかない部分には、わざと丸く穴をあけて木の枝の輪切りを埋め込む「節埋め」という作業を行います。
お兄ちゃんたちも、実際の道具を用いた片桐常務の説明を一生懸命聞いていました。

img20140618_dhouse20.jpg

『お子さまたちも超真剣!「パテ埋め」作業を食い入るように見つめます』

機械の力にも頼りますが、やはり熟練した職人さんの手は絶対に必要だと仰る片桐常務。
工場で働く職人の皆さんは、何時訪れてもこうして笑顔で対応してくださいます。
技術だけではなく、こうしたスタッフの人柄も、夢ハウスさんの魅力ある家づくりに現れているのがわかります。

img20140618_dhouse21.jpg

『木材を仕入れるプロフェッショナル!
羽鳥代表の講話も』

グループ会社である東新林業さんの羽鳥代表にお会いすることができました。
塚本店長曰く、建築資材の輸入や開発に関するプロフェッショナルであるとのことで、夢ハウスさんで使用されている木材についても詳しく説明してくださいました。

img20140618_dhouse22.jpg

『日が傾きかけて来た頃...宿泊先のホテルに
到着です』

4棟のモデルハウス見学、そして工場の訪問と、盛り沢山だった1日目も無事終了!
と、その前に...お楽しみの夜の宴がまだ残っていました♪
一先ず荷物をホテルに預けて、支度ができたらみんなでお食事処まで移動です。

img20140618_dhouse23.jpg

『宴会会場は、とびきり美味しい新潟の幸が
満載の「いかの墨」さん!!』

訪れる度、素晴らしいお料理を提供してくださるこちらのお店。
この日のメニューは、前菜の盛り合せ・お造り盛り合せ・海鮮炭火焼・佐渡産鮮魚の浜焼き・よね蔵牛のすき焼き風鍋・天ぷら盛り合せ・浅利の佐渡産コシヒカリ銅鍋御飯・柚子シャーベットでした!

img20140618_dhouse24.jpg

『「明日も楽しみましょう!」片桐常務の
ご挨拶で宴会がスタート』

心地良い疲労感と充足感を味わいながら...美味しいお酒とお料理のおかげで、会話もどんどん弾みます。今日一日ですっかり打ち解けた様子の皆さん。
全行程を振り返りつつ、意見交換をしたり、今後の家づくりについて相談したりされているようでした♪

フォトギャラリー

img20140618_dhouse25.jpg

長旅でも元気、元気!赤ちゃんやお子様たちに癒やされます♪
(磐梯山SAにて)

img20140618_dhouse26.jpg

「それっ」届くかな~?子供たちは遊びを見つける天才ですね!
(郷の家にて)

img20140618_dhouse27.jpg

親子三代でのご参加、素敵です☆ハイハイした感触はどうかな?
(いこいの家にて)

img20140618_dhouse28.jpg

年代を超えて支持され続けるのは、本物であるという証拠ですよね
(いこいの家にて)

img20140618_dhouse29.jpg

いつの間にかお友達♪めいっぱいツアーを楽しんでいました!
(tsumikiにて)

img20140618_dhouse30.jpg

埋め込まれているのは、本物の葉
...このこだわりが夢ハウスさんなのです
(tsumikiにて)

img20140618_dhouse31.jpg

「皆さんの表情を見ていれば...感想を聞く必要はなさそうです
(夢ひろばにて)

img20140618_dhouse32.jpg

庭木を眺める男性二人...画になるのは素晴らしい建物のおかげ?!
(夢ひろばにて)

img20140618_dhouse33.jpg

無心で見入るAさんを発見!実は年輪が年表になっていてびっくり
(夢ひろばにて)

img20140618_dhouse34.jpg

ママ同士もこのとおり♡
すっかり打ち解けてお話も弾んでいるようです
(第一工場にて)

img20140618_dhouse35.jpg

仕口【しぐち】やホゾ加工が施された木材...
その精巧さに見惚れてしまいました
(第一工場にて)

img20140618_dhouse36.jpg

ごはんも別腹?!ぴかぴかのコシヒカリ、絶品でした♡
(お食事処「いかの墨」にて)

一日目の取材を終えて

「一緒に感動し、楽しみましょう」「色々聞いてください、声をかけてください」
最初の挨拶でよく聞かれる、スタッフの皆さんのコメントです。
普段から、ぐいぐい引っ張っていく、アピールする、といった強い印象はなく"共に感じる""寄り添う"そんな柔らかいスタンスが伝わってくる夢ハウスさん。

遠く新潟までの移動、そして二日間という長い時間を共に過ごすことを参加者に決意させるのは、建物の魅力だけではないのだとわかります。
実際、ツアーの素晴らしさは知っているけれど、一生懸命なスタッフから刺激をもらいたいからという方や、楽しそうだからと親子三代(!)計6名で参加というご家族もありました。そんなエピソードからも、お客様との触れ合いや、距離感をとても大切にする姿勢が伺えます。

もちろん、今回巡った合計4棟のモデルハウスは、どれも異なる趣や仕様で見応えがあり、「自分が建てるとしたら?」などと楽しい想像が膨らんでしまう素敵な建物ばかりでした。
初参加ではないという方も、訪れた時期の違いから、また別の魅力を発見できたようです。
各会場では、担当の方に色々な質問をしたり、相談をする姿を多く見かけました。
見て、感じたその場でプロの意見やアドバイスを受けられるというところも、このツアーの醍醐味と言えそうです。

また、見学させていただいた工場では、夢ハウスさんの高品質な家がどのようにしてつくられているのかを学ぶことができました。
ここでも職人さんたちは作業の手を止め、私たちの問いかけに丁寧に答えてくださったり、時には直接木材や道具に触れさせてくださる場面もありました。
作業の様子や見学者への対応からは、ご自身の仕事や作り出される商品に対する自信、そして会社への誇りなどを感じることができました。

実は私自身、3回目の参加となる今回の新潟ツアー。
そろそろ落ち着いて、もっとじっくり見学したり、取材撮影したりできるかなと考えていましたが...少し甘かったようです。
参加した皆さんと一緒に、全工程を無我夢中で楽しんでしまいました(笑)。
2日目はメインイベントの伐採体験です!
皆さんと共に感動しつつ、しっかりとレポートもさせていただきたいと思います!!

☆新潟ツアー二日目へ続く

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629街区1画地(MAP
事務所営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する