夢ハウスさんの
"屋形船納涼祭"に参加しました!

img20140918_yume01.jpg

(楽しい見学を終え、日本科学未来館のエントランスで記念撮影です♪)

『「お久しぶり!」「大きくなったね~」
OB様同士の会話も弾みます』

どしゃぶりの雨がやんで、一安心!
この日集まったのは、夢ハウスさんで家を建てられたお客さまや、現在建築中のお客さま。
ツアーやイベントを通して仲良くなられた方も多く、出発前からとっても賑やか♪

『まず最初に訪れたのは、江東区にある
「日本科学未来館」』

夏休みの宿題対策?!何かヒントが見つかるかも...(笑)
いえいえ、そればかりではありません!
大人も楽しめる常設展示や企画展など、見どころ満載の科学館なのです。

『お子さまたちも大喜び♪
大空間で魅せる展示ゾーン』

1階~5階の吹き抜けに展示された科学館のシンボル"Geo-Cosmos"を眺めながら、いよいよ見学開始です!
ここからは自由行動、皆さん楽しい思い出をいっぱい作ってくださいね♪

『母娘のチームワークの勝利!?
無事元に戻すことができました』

「あれ?入らないな~」「こっちじゃない?」
そんなお二人の奮闘ぶりを、にこやかに見守るご主人様(笑)。
実際に触れたり、体験することができるので、皆さん時間を忘れて楽しんでいました☆

『ヒューマノイドロボット"ASIMO(アシモ)"の登場に大興奮!』

実演時間が近づくにつれ、会場には未来館のコミュニケーターとして活躍中の"ASIMO(アシモ)"を一目見ようと、続々とお客さまが集まってきます。夢ハウスチームのお子さまたちも、ちびっこ特等席でしっかり見学することができたようですよ♪

『たっぷり遊んだ後は、本日のメインイベント会場へと移動です』

歩き回ってお腹も空いてきた頃、いよいよ屋形船の待つ乗船場へと向かいます。
新木場駅からお迎えのバスに乗って...楽しみですね!
創業15年以上という、元祖本場の月島もんじゃ屋形船『江戸前汽船』さんでお夕食です。

『屋形船の中にズラリ並んだ鉄板テーブルに、 テンションが上がります!』

靴を脱いで、風情ある畳敷きの屋形船に乗り込みます♪
熱々の鉄板と皆さんの熱気で、早くも船内の温度は急上昇(笑)。
船に初めて乗るお子さまも多く、身を乗り出して海上を眺めたり、揺れを楽しむ姿も。

『「美味しく作ってね!」パパもママも、
頑張りますよ~』

オーソドックスなもんじゃ焼きをはじめ、定番のやきそば・キムチチャーハンやドリアの入ったもんじゃなどバラエティも豊富♪
食べ放題なうえ、どんどんオーダーが入るので焼き奉行は大忙しです!!

『日が暮れかける頃にはすっかりほろ酔い...
心地良い時間が流れます』

たっぷり飲んで、食べて、お話をして...皆さん良い表情ですね~♪
お腹が程よく満たされてきたころ、辺りもほの暗くなっていい雰囲気に。
周辺のビルの明かりや街頭が、ポツポツと灯り始めます。

『「楽しかったね!!」束の間の船旅を満喫して、大満足です』

「ありがとうございました、足元に気をつけてくださいね!」スタッフの皆さんに誘導され、お子さまたちは元気に、大人は千鳥足で(笑)船から降ります。
辺りはすっかり暗くなって、東京湾の夜景も鑑賞することができました。

フォトギャラリー

逆光になってしまいましたが...
「Geo-Cosmos」の前で記念撮影です♪

スタッフお二人も楽しそうです☆
ちなみに、冨田さんが覗いているのは"肝臓"(笑)

大人気?!「トイレ」にスポットを当てた企画展のボードの前でポーズ♪

遊び疲れて一旦休憩☆夜の屋形船への備えはバッチリです(笑)

本当に皆さん仲良しなんです!
移動中のバス内でも笑いが絶えません♪

お見事!!冨田さんの一人舞台に、ちょっと残念そうな坪川さん(笑)

屋形船から眺める夜景...夏の終わりに、贅沢なひとときを過ごすことができました

取材を終えて

今回取材をさせていただいたのは、現在夢ハウスさんで建築中の方や、既にお住まいのご家族などをお招きしての"納涼祭"。
夏休み中のお子さまたちも参加して、新潟ツアーとはまたちょっと違う、とっても賑やかな日帰りの旅を楽しんでまいりました!

心配されていた雨が止み、お昼頃モデルハウスに集合したのは、29名のお客様と6名のスタッフ(と私)。
二台のバスに分乗して、お茶やおやつをいただきながらの快適なドライブがスタート♪
まず最初に向かったのは、江東区青海にある『日本科学未来館』です。
「お子さまたちに喜んでいただきたくて」と塚本店長は仰っていましたが...実際は大人の方がはしゃいでいたような(笑)。
ただ眺めるだけではなく、触れたり体験することもできる様々な展示ブースは、とても見応えがありました。

歩き回ってお腹も空いたところで、いよいよ夕食会場である"もんじゃ屋形船"へと移動します。専用バスに乗り換え、乗船場へ向かう皆さんの表情はとっても嬉しそう。
船頭さんたちのご挨拶が終わり、「乾杯!」の掛け声で宴が始まると、どのテーブルも鉄板を囲んで大盛り上がりです♪
焼く人と、食べるのに専念する人と(笑)、見事な役割分担で次々と材料の入った器が空になっていきます。普段は台所に立たないパパも、ここぞとばかりに大活躍?!
ご家族毎のチームワークの良さが光っていました!!

お客さま同士のつながりも、夢ハウスさんならでは。
小さいお子さまたちは、誰がパパやママかわからないくらい...スタッフをはじめ皆さんに手をつないでもらったり、抱っこしてもらったり。
また、イベントやツアーで知り合ったご家族同士、住まいや子育て・趣味についてなど、楽しそうに話し込む姿も多く見かけました。
そんな皆さんの様子を嬉しそうに眺めながら、「毎年やりたいですね。」そう笑顔で話してくださった塚本店長。
間違いなく、皆さん次回も楽しみに待っていると思いますよ!!

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する