夢ハウスさんの
"土浦全国花火競技大会鑑賞会"を取材しました!

img20141112_yume01.jpg

(嬉しいね!お父さんやお母さん、大好きな唐澤さんと花火鑑賞です♪)

『心配していたお天気、今年は何とかもちそう?!』

どういうわけか、雨の日に当たることが多いことでも有名なこの競技大会。
昨年は雨と風に邪魔をされて、ほとんど花火を見ることができなかったのだそう。
今回は綺麗に打ち上がると良いですね!

『スタッフの皆さんの汗と涙の結晶!!貴重すぎる「桟敷席入場券」』

獲得までのいきさつは最後のコーナーに譲りますが...それはそれは大変だったようです。
区画と席番を見ただけでも、いかに大会の規模が大きいかが伝わってきますよね。
到着までに、おトイレや緊急避難所の場所などもしっかりチェック☆

『土浦市内は人や出店で大賑わい!車内のテンションも上がります♪』

沿道は、駐車場や出店の呼び込みの声で活気づいています。開始までまだまだ時間があるのに、既に駅前の駐車場には「満車」の表示も。間取りや建築中のお家の話をしたり、お子さまたちの学校のお話をしたり、移動中のバス内も盛り上がっていました!

『バスを駐車場に停めたら...
いよいよ会場へ移動開始☆』

「はい、皆さんこっちでーす!」
バスを降りると、辺りは沢山の車と人でごった返しています。
スタッフの先導にしっかりついて歩いて行かないと、迷子になってしまいますよ~!

『人混みを抜けてようやく席に到着!辺りも薄暗くなってきました』

写真は会場のほんの一部。花火の打上場は、桜川を挟んだ向こう側に設置されています。
この後はあっという間に観覧に来た人たちで埋め尽くされ、通路以外は足の踏み場もないという状況になってしまいました!

『「みんなでカンパーイ!!」お腹が空いちゃったのでお先に♡』

夢ハウスさんが用意してくださったクッションマットのおかげで、ブルーシートの上でも快適♪お子さまにはおむすびやおやつが配られ、大人もお弁当やアルコールなどをいただきつつ...打ち上げの開始を楽しみに待ちます。

『"第83回土浦全国花火競技大会"が始まりました~!!』

さかのぼること大正14年。航空隊殉職者の慰霊と、関東大震災の影響で疲弊した地元の経済を再び盛り上げたいという趣旨で開催されたのがこの大会の始まりなのだそうです。
現在では、全国の花火師が集う競技大会として広く知られ、人気を博しています。

『お孫さんと一緒に掛け声&拍手♪「た~まや~っ!」』

最初はその大きな音と迫力にびっくりしていたお子さまたちも、だんだん慣れてきたかな?!アナウスンスを聞いたり、パンフレットを読んだりしながら「次のテーマは?」「今のは"牡丹"だね!」なんて、徐々に楽しむ余裕も出てきたようです☆

『片桐常務も、新潟から駆けつけてくださいました~!』

花火に見入る宮内さんの隣で...片桐常務は"花より団子"?!(笑)
いえいえ、遅れて到着したばかりですので...まずは腹ごしらえをしてから、ですよね♪
「長岡の花火とはまた違って、素晴らしいね!!」そんな風に仰っていました。

『「綺麗だったね」「楽しかった!!」皆さん大満足で帰路へ』

用意してあったビールが足りなくなるほど盛り上がり(笑)、初めて鑑賞されたという方もそうでない方も、見事な花火と楽しいひとときを思いきり満喫できたようでした♡
帰りは大渋滞につかまってしまったけれど(涙)、そこも含めて良い思い出ですよね!

フォトギャラリー

「みんなでどこに行くのかな~?」ママの隣でとっても良い子にしてました♡

後ろ姿はまるで幼稚園の先生(笑)...ちびっこたちにモテモテの唐澤さん♪

なにはなくとも、まずはコレ♡打ち上がる花火を眺めつつ、サイコーですね!

土浦の花火大会は「スターマイン(速射連発)日本一」を決める大会とも言われています

茨城ならではの、こんな余興広告花火も!!なんだか和みますね~

この迫力こそが土浦の花火!!しっかりと目に焼き付けました☆

お腹もココロも満たされて...皆さんこの表情です(笑)♪

取材を終えて

「"土浦全国花火競技大会"の鑑賞会を取材してください!」
塚本店長からお話をいただいた時、正直「それは無理でしょう」と思いました(笑)。
ものすごい人出だし、暗いし、花火の撮影だって難しいし...などとあれこれ考えていましたが、「何となく雰囲気が伝われば、大丈夫です!!」という頼もしい?!お言葉をいただいたので参加することにしました。

いざ当日になってみると、さすが夢ハウスさん♪
専用バスをチャーターしてつくばみらい店を出発、荒川沖駅も経由しさらにお客さまをピックアップして会場へ...6マスもキープした桟敷席で、スタッフの皆さんも一緒にゆっくり、じっくりと素晴らしい花火を鑑賞することができたのです!
用意していただいたお弁当は、おかずの種類が豊富でボリュームも満点!見た目も華やかで美味しくて、感激してしまいました☆
小さいお子さまには食べやすいおむすびやおやつ・ジュースなどが準備されていて、ブルーシートに直に座っても痛くならないようにとクッションシートまで完備!
ご夫婦やご家族連れのお客さまみんなが笑顔で楽しめるようにと、細心の気配りがされていました。

当初の心配を他所に、思いきり花火の観覧を楽しむ皆さんを取材できて、一安心♪
しかし、その影にはこの"桟敷席入場券"を獲得するための涙ぐましい努力があったことを最後にお伝えしたいと思います。
今年から抽選になってしまったという入場券の販売。
当選確率を上げるべく、6人のスタッフ全員で朝の6時から並んだにも関わらず...8時の当選者発表の時点で2人(4マス分)しか当たっておらず、止むなくキャンセル待ちの列へ。
さらに待つこと2時間、なんと重複して当選したという方から1名分(2マス分)の入場券をもらうことができたそうです!
一人でも多くのお客さまに喜んでいただきたいという、皆さんの想いが通じたのですね♡
桟敷席入場券獲得までの長く厳しい道のり...本当にお疲れ様でした~。
そして、ありがとうございました!
お客さまからは「来年は一緒に並びます!!」という声も...朝起きられたら、私も(笑)。

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する