夢ハウスさんの"苔玉づくり体験会"に
参加しました!

img20141111_yume01.jpg

(最年少コンビが大活躍!小さな手で一生懸命お手伝いしてくれました♡)

『「どれにしようかな?」いつになく真剣な設計担当坪川さん(笑)』

講師にお迎えしたのは、みどりのにて『盆栽もり』を主催されている森隆宏さん。
自己紹介とワークショップの流れについて説明をしていただいたら、早速作業開始!
各自、森さんが用意した植物の中から好きなものを選んで苔玉づくりに挑戦です♪

『「誰でも先生になれるように教えます!」森さんのコメントに、思わず笑顔』

縁起の良いものや、夢ハウスさんの建物に合うものを選んで持ってきてくださった森さん。「椿は、温度を保てばお正月に花が咲きますよ。」「南天には"難を転じる"という意味があるんです。」分かりやすくて興味深い解説に、皆さん聞き入っていました。

『きれいに広げたケト土で、しっかりと優しく包み込みます』

赤玉土と水苔などを配合したという、森さんオリジナルのケト土。これを丁寧に薄く広げ、おむすびを結ぶように優しく丸めたら、土が剥がれてしまわないように糸で巻いて固定させます。その後は、いよいよ苔を貼って仕上げの作業に入っていきます!

『先生もびっくり☆皆さん初体験とは思えない出来ばえ!』

苔を貼り終えたら、ケト土で包みこんだ時と同じように糸をしっかりと巻きつけます。
一つ仕上げたら、森さんが用意してくださっていた南天の苔玉づくりにも挑戦♪
皆さん二回目とあってすっかり慣れたもの?!手際良く作業を進めていきます。

『ここも肝心!大切な水やり、しっかり覚えておきたいですね』

とっても楽しそうですが、水遊びをしているわけではありません(笑)。
「水を含む前と後の苔玉の重さの違いを、忘れないでください。」と森さん。
ぷくぷくと出る泡がなくなってしばらく置いたら取り出し、部屋に戻って品評会です♪

『作品を眺めながら、できたてのスイートポテトとコーヒーに舌鼓』

美味しい手づくりスイーツと完成したばかりの苔玉を囲んで、楽しいひとときが続きます。
「盆栽と違い苔玉は正面を決めなくて良いのですが、あえて言うならどこでしょう?」
森さんの言葉を受けて、みなさん作品とにらめっこを始めましたよ(笑)。

『午後の部は、仲良しのS様ご一家が苔玉づくりに初挑戦☆』

新潟のお米で結んだピカピカのおむすびと熱々の豚汁をいただいて、第二部スタート!
ケト土をピザ生地のように伸ばす作業が始まった途端...「はい、キューピー3分間クッキングの時間です♪」突然歌い出す森さんに、スタッフ含め一同大爆笑。

『「ほら見て、自動巻きだよ~」とっても仲良しのおふたり♡』

はゆちゃんのサポートに入った坪川さん、糸を巻く作業に合わせて、手にした金豆(きんず)をくるくると回転させてあげていました!
大人が一緒なら、小さいお子さんでもこうして参加できるというのは嬉しいですね♪

『樹々を見つめる表情がとっても嬉しそうなご主人、実は経験者☆』

最後の一組となったお二人が到着し、本日のワークショップ最終回が始まりました。
自己流で盆栽にチャレンジした経験をお持ちだというK様に、密かに注目が集まります。真剣に選ぶすぐ後ろでは、営業担当の宮内さんが同じく悩み顔で順番待ち(笑)。

『モデルハウス担当の唐澤さんや、設計の冨田さんも参加してのオトナ会♪』

ずっと羨ましそうに眺めていた宮内さんはじめ、スタッフも(ちゃっかり私も)苔玉づくりにチャレンジ!K様のご主人は、森さんも絶賛する素晴らしい出来ばえ...。
私たちは「個性が現れていますね。」という、お褒めの(?)言葉をいただきました~!

フォトギャラリー

参加できなかった皆さん、今後も続けて開催するそうなのでお楽しみに~!!

お子さまと一緒でも、遊んでくれるスタッフがいるので安心ですね☆

「おっ、なかなかじゃないですか~」お隣さんの作品は気になるものです(笑)

素晴らしい食べっぷり!いい仕事をした後のごはんは美味しいね♡

「おもしろいっ!」(ご主人様談)「育てられるか不安...」(奥様談)←わかりますっ!

「簡単かなと思ったら、結構難しかった!」というT様、満面の笑みでポーズ♪

主役は誰?!(笑)「意外に手軽に出来ておもしろいけれど、奥が深そう。」とご主人様

取材を終えて

「松のように尖ったものは、人が集まるところには置かないでくださいね。玄関なら邪気を払ってくれますよ。」
「二回目はちゃんとキャラを設定して(笑)、自分が先生になって教えるつもりで作ってみましょう!」
などなど...単に作り方だけ教えるのではなく、豆知識や時に冗談も交えて、最後まで楽しく苔玉づくりを指導してくださった森さん。
終始笑いの絶えない、賑やかなワークショップとなりました♪

これまで苔玉づくりにチャレンジした最年少は小学4年生だったそうなので、こんなに小さいお子さんたちの参加は初めてとのこと。
みんな良い子で驚いたのと同時に、大人も一緒に楽しく作業ができて、新鮮でとても楽しかったと仰っていました!
「手軽にできるうえ、切り花と違って"根っこ"があるために長く生きる盆栽や苔玉とは、永く付き合うことができるんですよ。」そんな風に話してくださいました。
家を建ててくださったお客さまに楽しい暮らしを提供したい、末永くお付き合いをしたい、そんな夢ハウスさんの想いと重なるところが多くありそうですね♪

「モデルハウスでの開催は初めてですが、人が集まるのに適した家づくりをされているなと感じました。」とも仰っていた森さん。
実際、1階で作業をしていても、2階で遊んでいるお子さまたちの声は吹き抜けを通してちゃんとパパやママに聞こえてきます。
また、細かい間仕切りがないので部屋間の移動がスムーズなうえ、大きく取られた広縁からも庭と室内の出入りが自由にできて開放的な空間になっています。
ご家族はもちろん、大切なお友達やご親戚の皆さんが自然に集まる風通しの良い住まいは、やっぱり魅力的ですよね。

古民家を移築した素敵な自邸での盆栽教室をはじめ、今回のような出張ワークショップやイベント出展、海外での盆栽指導など幅広く活躍されている「盆栽もり」の森さん。
大好評だったのを受けて、今後も継続してイベントを行うことが決定しているようです♪
「ハマりすぎて、部屋中苔玉だらけにならないように注意してくださいね。」と仰っていましたが...もうすでに危ない方がちらほら?!

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する