"夢ハウス本社工場&モデルハウス見学ツアー"に参加してきました!

20150304_08.jpg

お子さまと一緒に参加されたご家族も多く、賑やかな旅となりました♪

20150304_01.jpg

『穏やかな冬晴れの空!最高のツアー日和ですね』

昨年は大雪に見舞われ、足元は雪...傘をさしてバスに乗り込んだのを思い出しました。
今年は風もなく、寒さも少し和らいで、スタッフの皆さんもホッとした表情。
可愛らしい4人のお子さまたちを含む、6組のお客様と一緒に、いざ新潟へ!

20150304_04.jpg

『より充実した見学ツアーになるよう、車内で予習も♪』

手にしているのは、夢ハウスさんオリジナルの「素材・工法」のパンフレット。
「建物がどんな風に良いのかをご自分でも理解し、ご家族やお友達に説明できた方がいいでしょう?」という、設計士の坪川さんのコメントに、皆さん納得の表情でした。

20150304_07.jpg

『到着した新潟では、美味しいお昼ごはんが待っていました♡』

大きなお座敷に、靴を脱いでゆったり座ってリラックスしながらのお食事タイム。
小さいお子さまたちには、嬉しいおもちゃのプレゼントも!
デザートの後は食後のドリンクもしっかりいただいて、午後からの見学に備えます☆

20150304_09.jpg

『楽しみにしていた、最新の「さつき野モデルハウス」へ』

オープン間もない最新のモデルハウスとあって、常連のお客さまたちも嬉しそう♪
テーマが「現代の古民家」と「食」ということで、特に女性は興味津々ですよね。
既に見学の方がたくさん来ていて、楽しそうな声が外まで聞こえていました!

20150304_11.jpg

『見どころ満載!室内のあちこちで歓声があがります』

「実は"忍者屋敷"って呼ばれているんですよ(笑)。」そんな冗談さえ飛び出していた、こちらの建物。既存の様式にとらわれることのない、自由でダイナミックな空間づくりに、目も心もすっかり奪われてしまいました!!

20150304_12.jpg

『生命の源である"食の場"を住まいの主役に据えて』

こちらは二階にあるセカンド(と言っても主役級のスペックの)キッチン。
一階もそうですが、さり気なく家族やお客さまが集いやすい場所に設置されています。
大きな窓から季節の移ろいを眺めながらの調理や団欒のひとときは、何よりの贅沢ですね!

20150304_16.jpg

『大沼社長に遭遇☆テレビ出演のお話などで盛り上がりました!』

いつお会いしても、満面の笑顔で気さくに声をかけてくださる大沼社長。
この日は、先日放映されたばかりの「1000万円おトク!?リセット住宅がニッポンの家の未来を変える!」の撮影秘話を聞かせていただきました♪

20150304_18.jpg

『次に向かったのは新潟東港を見渡す「第一工場」』

今回のナビゲート役の吉田部長、写真の通りの薄着で海風もなんのその?!熱いトークを繰り広げてくださいました☆写真の"ドライランバー"は、特許も取得済みのオリジナル木材乾燥機。夢ハウスさんこだわりの、高強度を誇る木材の秘密はここにアリ!!

20150304_19.jpg

『「うわ~広い!」外はもちろん、工場内にも木・木...』

ピンと来ないかもしれませんが...その敷地面積、なんと7千坪!
製材とプレカットを行う工場であるこちらでは、山と積まれた木材が次々に加工されていきます。行き交うスタッフの皆さんと挨拶をしたり、質問や談笑をするお客さまも♪

20150304_24.jpg

『ツアー常連のF様ご夫妻が指差す先にあるものは...?』

見てください!お二人のとっても嬉しそうな表情。
「ないかな、ないかな~?」と、到着早々何かを探していた理由がようやくわかりました!
建築中のご自宅に使われる建材が、ご主人のお名前入りでしっかり置いてありましたね☆

20150304_27.jpg

『第二工場では、名物(?)羽鳥代表にお会いすることもできました!』

とっても穏やかな物腰の羽鳥代表(写真左)ですが、ひとたび木について話を始めると急変?!自社製品への愛情や、ものづくりへの熱い想いがビシビシと伝わってきます!
現地へ足を運び、実際に仕入れを行っている代表のお話に、皆さんも聞き入っていました。

20150304_26.jpg

『間近に見て、触れて...体感できることが一番の収穫ですね♪』

これぞ"自社一貫生産システム"を誇る夢ハウスさんの強み。
全ての工程をこうして実際に見学することができ、疑問や気になったことがあればその場で質問をすることも可能☆この距離感が、大きな安心や信頼関係を育むのですね。

20150304_29.jpg

『日が落ちてから訪れるのは初!「夢ひろば」の新たな魅力を発見』

ライトアップされた中庭や廊下が、幻想的な雰囲気を醸し出しています。
建物の重厚感が夜の闇と相まって、さらに深みを増しているように感じました。
いつまでもここに留まって、この風景を眺めていたい、そんな気持ちになってしまいます。

20150304_36.jpg

『仲良しファミリー×囲炉裏は最高にあたたかな組み合わせ♡』

現在、楽しいマイホームづくり真っ最中のI様ご一家。
さらにもう一人ご家族が増えるという、とってもハッピーなお話を伺いました!
どんな間取り・仕様にしようか...モデルハウスを見学しながら、夢が膨らみますね♪

20150304_35.jpg

『子育て世代の強い味方「tsumiki」も訪問しました』

"無垢材の家は手が届かない"そんなイメージを覆してくれるのが、こちらの「tsumiki」。
ご覧のとおり、夢ハウスさんの高いクオリティはそのままに、家賃並みの価格でマイホームの夢を叶えることができるという話題のモデルです!!

20150304_33.jpg

『等身大のモデルハウスだから、取り入れたいポイントもいっぱい』

なんと、しっかり"マイメジャー"をご持参のI様!
その後姿からは、家づくりへの情熱と、大切なご家族への想いが伝わってきます。
皆さんそれぞれに収穫を得て、本日の全行程を終えたのでした♪

20150304_37.jpg

『楽しいツアーも一日目を終えて、そろそろ今宵の宿へ』

撮影してきた画像を見直したり、見学してきた工場やモデルハウスについて意見交換をしたりしている間に、バスは今夜の宿泊先に到着!チェックインを済ませたら、一旦荷物を置いてすぐにロビーに再集合。お待ちかねの食事処へ、急いで向かいましょう♪

20150304_42.jpg

『すっかりお馴染みの「いかの墨」さん♡美味しいんです』

ホテルから歩いてすぐの、和の趣が素敵なお店でいただけるのは、とびきりの新潟の幸。
地元の方はもちろん、遠方からお仕事や旅行で来た方にも大人気だというこちら。
「今日は何ごはんかな~?」「お刺身が絶品でね。」そんな会話も聞こえてきましたよ!

20150304_38.jpg

『普段より少人数なぶん、距離も近くてお話も弾みそうです!!』

「着工祝い、完成祝い、そして夢ハウスさんの益々のご発展をお祈りして...乾杯!」
I様のご主人から乾杯のお言葉をいただき、いよいよ楽しい宴会がスタート~♪
この頃には、初めてご一緒したとは思えないほど、皆さんすっかり打ち解けていましたね!

20150304_39.jpg

『どれから食べようかな?大人も羨む超豪華メニュー!』

お友だちもできて、たくさん遊んだからお腹も空いているよね!
ボリューム満点のお子さまディナーに、パパとママもちょっとびっくり(笑)。
大人たちがワイワイ盛り上がる中、みんなも良い子でお食事を楽しんでいました♡

20150304_40.jpg

『これはまさか...そう、話題の高級魚"のど黒"!!』

ちょうど、テニスの錦織選手が好きだと話したことで話題になったお魚"のど黒"が登場☆塩焼きで供され、素材の良さと旨みをしっかり堪能!前菜・お造り・紅ずわい蟹鍋・雪室国産牛蒸籠蒸し・真鱈の煮おろし・牡蠣の釜戸炊き銅鍋御飯・甘味をいただきました♪

フォトギャラリー

20150304_03.jpg

初対面でも、共通の"マイホーム"を話題に盛り上がります♪(途中のSAにて)

20150304_02.jpg

毎回楽しみだったりします...遠足気分満点のおやつ♡(バス車内にて)

20150304_06.jpg

会津と言えばコレ☆赤べこと一緒に「はい、チーズ!」(磐梯山SAにて)

20150304_10.jpg

見れば見るほど見事な木組みの技術...溜息モノです(さつき野モデルハウスにて)

20150304_14.jpg

嬉しそうな奥さま♡さては良いアイデアが浮かびましたね?!(さつき野モデルハウスにて)

20150304_43.jpg

水遊びに夢中☆洋服がびちょびちょになったのは言うまでもなく(笑)(さつき野モデルハウスにて)

20150304_20.jpg

おが屑をベースにしたエコ燃料"ブリケット"に感動!!(第一工場にて)

20150304_25.jpg

山積みの床板が1カ月ほどでなくなると聞いてびっくり!!(第二工場にて)

20150304_28.jpg

バスがまさに発車する直前まで熱弁をふるってくださった羽鳥代表 (第二工場にて)

20150304_30.jpg

美しい折り上げ天井の和室...お雛様も居心地が良さそう♪(夢ひろばにて)

20150304_32.jpg

途中でひと眠りしたから、まだまだ元気、元気♡(tsumikiにて)

20150304_41.jpg

旬の牡蠣がた~っぷり!!2杯目はお出汁をかけて♪(お食事処「いかの墨」にて)

<参加した皆さんのひとこと>

・「職場のそばだったモデルハウスにふらっと入ったら、なかなか良かった。
これから結婚して家を建てるので、実際に建てた方のお話を聞けるのが楽しみです。」
(坂東市Hさん)

・「モデルハウスが実家の行き帰りの途中にあって、たまたま寄ってみたらこれまで見てきた中で一番良かったんです。さまざまなモデルハウスを見て勉強したいですね!」
(つくば市Iさん)

・「一人娘が小学校に入る前にマイホームを建てるのが夢でした。展示場を見て質問したり、先輩方にいろいろ教えてほしいです。」
(土浦市Aさん)

・「2014年の7月に完成した我が家は、外は寒くても家の中はとても暖かいです。
今回でツアーは2回目ですが、雪の新潟に行くのは初めてなので楽しみです!(ご主人さま)」
・「家を建ててから見るモデルハウス、とても楽しみに来ました(奥さま)」
(土浦市Kさん)

・「ツアーへの参加は2回目で、これから建築する予定です。夢ハウスさんなら、フレンドリーなスタッフの皆さんと、建ててからのフォローを含めて長いお付き合いができると思っています!」
(土浦市Iさん)

・「何気なく参加した1年前のバスツアーで、営業の宮内さんにダマされました(笑)。既に住んでいるというご家族のお話も是非聞きたいですね!(奥さま)」
・「宿泊体験の時は、気持ちが良くて布団でなく薪ストーブの前で寝てしまいました(笑)。
短い時間ですが、せっかく出逢えたご縁ですから、お付き合いいただけたらと思います。(ご主人さま)」
(つくば市F様)

一日目の取材を終えて

昨年の不安(関東地方が、記録的な大雪に見舞われた日だったのです!)を吹き飛ばすほどの好天に恵まれた、今回の新潟ツアー。
冬の気象条件が厳しい時期に行くことで、建物の性能の高さをしっかり実感できるという利点があり、2度目の参加というお客さまも数組いらっしゃいました。
新潟も、雪はそこまで積もっていませんでしたがさすがの寒さ!!
バスを降りるたび「寒~い!」という声があちこちから上がります。

では、モデルハウスの中はどうだったのかというと...。
二軒目以降の見学からは、皆さん一様にコートをバスの中に置いて出ていきます(笑)。
かくいう私も、一軒目のモデルハウス内を夢中で歩き回っているうちに、いつの間にやら汗だくに!
たった一台の薪ストーブで、ここまで家全体が暖まるのかと、皆さん感動しきりのようでした。息苦しくなるような人工的な熱っぽさではなく、柔かな温もりが魅力ですね。

一方、扉や細かな仕切りがなく、ほぼ屋外とも言える工場はどうだったのでしょう。
確かに多少の寒さは感じましたが、真剣な眼差しで素材や機械に向かうスタッフの皆さんの熱気が伝わって、外の気温のことなど忘れてしまいそうな感動を覚えました。
そんな中、現在建築中のご自宅の建材を見つけたF様...感慨深そうに印字されたお名前を眺めている姿が印象的でした。
どんな場所で、またどんな人たちの手で加工されているのかを実際目にするチャンスなど、そうないのではないでしょうか?貴重な場面に立ち会わせていただくことができました!

そして、言うまでもなく(笑)大いに盛り上がった夜のお食事会は、家づくりのお話だけではなく、お仕事やプライベートな話題まで飛び出して...どのお席もとっても賑やか♪
冬は春夏のツアーに比べると参加人数も少なめなので、お客さま同士まんべんなく交流ができていたように感じました。
二日目は、なんと四軒のモデルハウスを訪問する予定です!!
今夜はしっかりと英気を養って、ばっちり明日に備えたいですね☆

☆新潟ツアー二日目へ続く

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する