夢ハウスさんの "夢ハウス本社工場&モデルハウス見学ツアー"最終日です!

20150309_42.jpg

長岡の「活け木の家」にて、参加者全員で記念撮影をしました♪

20150309_01.jpg

『時間きっかりに全員集合☆「今日も一日、よろしくお願いします!」』

快晴、とはいきませんでしたが、雪や雨に降られることなく二日目もスタート♪
ゆっくり眠り、美味しい朝食もしっかりと食べて...皆さん余裕の表情!!
今日はこれから4つのモデルハウスを巡るとのこと、楽しみですね。

20150309_02.jpg

『「新潟西モデルハウス」に到着!大きな建物にテンションも上がります♪』

60坪の広さに、庭園や本格和室まであるという豪華仕様のモデルハウス。
天井まで通った1尺5寸の丸太柱と大きな吹き抜けに、一目ボレしてしまうお客さまも多数(笑)!随所に施された細かな装飾や、オリジナルのインテリアの数々も必見です。

20150309_03.jpg

『オリジナルの薪ストーブ"AURORA(オーロラ)"がお出迎え』

引き戸を開けて中に入ると、正面には美しい庭園が現れます。そのままリビングの方に進めば、開放感溢れるオープンキッチンと、畳コーナーもあるゆったりとしたダイニング。ゆらゆらと炎を湛えて家じゅうを暖めてくれる大きな薪ストーブが、この部屋の主役です。

20150309_48.jpg

『折り上げ天井や美しい竹の床板など、見どころが詰まった和室』

床の間や書院を有する、本格的な和室はさすがの素晴らしさ。写真では確認しにくいかもしれませんが...匠の技術による、意匠を凝らした"折り上げ天井"も必見です!
「こんなお部屋が一室あったらいいな」、皆さんそう感じたのではないでしょうか。

20150309_09.jpg

『女の子たちは無垢材のキッズ家具とおもちゃに夢中♡』

見てください!女子たちのこの真剣な眼差し(笑)。
二階に上がると、一目散にこちらのおもちゃコーナーへダッシュ~!!
オリジナルの子ども用家具を見たパパやママも「これいいね!」と、思わず笑顔♪

20150309_05.jpg

『ちょっとした秘密基地みたい!小屋裏に上がった感想はどうかな?』

低めの天井と、ほの暗さが妙に落ち着くからか...広~い建物なのに、いつの間にか皆さんここに集中してしまうんです(笑)。大人には"リラックスしてゆったり寛げる空間"、小さいお子様たちはどんな風に感じているのでしょうね☆

20150309_12.jpg

『次のモデルハウスへ行く前に、おみやげを調達しておきましょう♪』

露店あり、広場あり...そして大きな販売スペースありの、まるでテーマパークのような"ふるさと村"さんへGO!新潟出身の坪川さんにオススメのお菓子やお酒を聞いてみたり☆ 皆さん両手いっぱいにおみやげを抱えて戻ってきたのは、言うまでもありません!

20150309_17.jpg

『建物探訪はまだまだ続きます!次は県央モデルハウスへ』

落ち着いた渋めの色合いも手伝って、どっしりと重厚感ある外観が目を引きます。
大きな窓をこんなにたくさん設置できることからも、夢ハウスさんの家がいかに強いのかがわかります。もちろん、断熱性能の高さも、ですね!!

20150309_18.jpg

『外観とマッチした、深みのある色使いが素敵なリビングダイニング』

こちらはダイニングテーブルからのカウンターキッチンの眺め。カウンター下のディスプレイコーナーにも注目です!キッチンや、その奥のパウダースペースに採用されている、穏やかな間接照明も雰囲気づくりに一役買っていました♪

20150309_19.jpg

『大迫力の吹き抜け☆思わず階下の人に声をかけたくなる?!』

すうっとまっすぐに伸びる黒い柱は薪ストーブの煙突です。
小屋裏からの眺めはこの通り最高ですが...吹き抜けの一番の魅力は、階下の家族やお客さまの気配を常に間近に感じていられることかもしれません。

20150309_24.jpg

『お子さまたちは遊びの天才☆ブランコもタダでは乗りません(笑)』

二階に上がってまず目に飛び込んでくるのが、このブランコ。大人の私たちでさえ"ちょっと乗ってみたいなぁ"と見惚れてしまう逸品♡お子さまたちも、ひとしきり乗って遊んでいたと思ったら...なんと、いつの間にかおままごとのテーブルに早変わり!

20150309_22.jpg

『贅沢すぎる空間は、もはや"小屋裏"とは呼べない?!』

上ってきた途端...「うわ~っ」「すごい!!」そんな歓声を上げるお客さまが多数☆
暗くて狭い本来のイメージとは打って変わって、夢ハウスさんの小屋裏は圧迫感を感じることなく書斎や趣味のスペースとして活用できるんですよね!

20150309_23.jpg

『ん?何やらお宝を手に入れた様子で満足げなF様...(笑)』

マイホーム計画が進行中のF様と、既に完成してお住いのK様。設計士の坪川さんと、建築談義に花を咲かせている模様☆そこへF様のご主人が、新潟スタッフの女性にお願いして手に入れたあるモノを奥様へ...皆さんそれぞれ、たくさん収穫があったようです!

20150309_25.jpg

『既に並んで待っているお客さまも!ランチは人気のお蕎麦屋さんへ』

午後からの見学に備えて、ここで一旦お昼休憩♪
地元の方で賑わう「里味」さんでは、新潟名物の"へぎそば"をいただくことができます。
ちょうどお昼時とあって、既にいっぱいの駐車場に、どんどんお客さまが入ってきていました!

20150309_26.jpg

『「お先にいただいていいんですか?」もちろんです!!』

どんどん運ばれてきますから、のびてしまう前に、美味しいうちにいただきましょう♡
布海苔が入ってつるつる&もちもちの絶品お蕎麦と、サクサク揚げたての天ぷらの相性は言うまでもありません!蕎麦湯までしっかりいただいて、大満足のお昼ごはんとなりました。

20150309_28.jpg

『ランチ後の眠気も吹き飛ぶ☆期間限定モデルハウスから再スタート』

将来的には売却を予定しているというこちらの建物。今回のツアーでは、幸運なことに見学することができました♪規格住宅ならではの機能的で整えられた間取りは、コスト面で自由設計が難しいというお客様にも、ぜひ参考にしていただきたいというお話でした。

20150309_33.jpg

『「家から出たくなくなるんですよ」そのお気持ち、わかります!!』

実際にお住いの方にインタビューをするたび、よくそういったコメントが返ってきます。こんな風に部屋の中を見渡して、これがもしも我が家だったら??などと妄想していると...確かに「ずっとうちに居たい!」と思ってしまうのが理解できますよね☆

20150309_39.jpg

『新旧モデルハウスそれぞれの魅力をしっかり体感!』

すぐ近くにある、最後の見学会場「長岡モデルハウス」に到着。
築10年を迎えたこちらの建物は、長い時を経て艶や味わいを深め、無垢材ならではの良さを細部に見ることができます。土台となる樹齢千年のヒバや、四百年の米松にも感動!

20150309_37.jpg

『一度で良いから、こんな素敵な寝室で眠ってみたい...』

この光景を眺めるたび、「アルプスの少女 ハイジ」を思い出してしまう私。
まるでログハウスの中にいるような気分になります!干し草をベッドに、とはいきませんが(笑)、毎晩こうして天然木に囲まれて眠りにつけたらどんなに幸せでしょう。

20150309_41.jpg

『どの展示場スタッフのみなさんも、お子さまと仲良し♪』

ゆっくり、じっくり見学したいパパ&ママにとって、パワー全開の子どもたちを安心して任せられるスタッフの存在はありがたいもの。ここでも、長岡モデルハウスのスタッフ小林さんが4人の女の子たちとずっと遊んでいてくださいました☆

20150309_45.jpg

『帰りのバスではもちろん♡お楽しみのビンゴ大会を開催!』

最後の最後までお客さまに喜んでほしい!という夢ハウスさんならではの企画が、この恒例のビンゴ大会☆豪華賞品が当たるとあって、皆さん眠気も吹っ飛んでしまったようです(笑)。2等の"スタッフ厳選新潟の名産品"をゲットして、ご機嫌のA様♪

フォトギャラリー

20150309_04.jpg

こういった嬉しい気づかいも、夢ハウスさんならでは♡(新潟西モデルハウスにて)

20150309_06.jpg

「ここが自分たちの家だったら...」夢が膨らみますよね♪(新潟西モデルハウスにて)

20150309_08.jpg

まるでカフェか雑貨店?!購入できるものもありました☆(新潟西モデルハウスにて)

20150309_10.jpg

木×ガラスやタイルの絶妙な組み合わせが素敵です(新潟西モデルハウスにて)

20150309_13.jpg

よもぎの香りがたまりません!定番の"笹だんご"をお土産に♪(新潟ふるさと村にて)

20150309_27.jpg

つやっつやの"新潟名物へぎそば"、とっても美味しかったです!!(くいどころ里味にて)

20150309_34.jpg

「あれ、誰かお休みですね(笑)」こちらは人気の"桐の寝室"(県央モデルハウスにて)

20150309_30.jpg

妙に静かだと思ったら...「トムとジェリー」に夢中♡(県央モデルハウスにて)

20150309_32.jpg

どこを撮っても画になる のが、夢ハウスさんのお家の素晴らしいところ!(県央モデルハウスにて)

20150309_36.jpg

威風堂々としたその姿は、まさに"一家の大黒柱"(長岡モデルハウスにて)

20150309_40.jpg

自宅にこんな浴室があったら、旅行に行かなくていいかも?!(長岡モデルハウスにて)

20150309_44.jpg

見てみて、この雪!!大人だってはしゃぎたくなります♪(越後川口SAにて)

20150309_46.jpg

赤塚会長のお達し(笑)を受けて鑑賞☆面白かったです(帰りのバス内にて)

20150309_15.jpg

塚本店長&設計の冨田さんがお留守番、チームプレーが光りました!(新潟ふるさと村にて)

<取材を終えて>

20150309_43.jpg

一日目ですっかり意気投合!お子さまたちもみんな仲良しに♡

ドカ雪の降った昨年とは打って変わって、とても恵まれたお天気の中行われた今年の『新潟バスツアー』。
大勢の時の賑やかさとはまた違い...6組のみのお客さまが集った今回は、まるで親戚同士で行く旅行のように、終始アットホームな雰囲気でした!

新潟の冬の厳しい気候条件にあって、夢ハウスさんの建物がいかに高い性能を発揮し、住まう人々に快適な暮らしを提供してくれるのか。
実際にモデルハウスを訪れることで、私たちはそれをしっかりと自分の五感で感じ取れるだけでなく、常にスタッフの皆さんが傍で説明をしてくださるので、さらに理解を深めることができます。
つくばみらい店や各展示場スタッフはもちろん、偶然居合わせた大沼社長からも声をかけていただいて、各ご家族それぞれ気になった点を質問したり、相談などをしたりしていました!

工場見学では厳しい寒さの中、たくさんの職人さんたちが木材や機械と向かい合い、真剣に作業に取り組む姿を目にしました。
冬の新潟を訪れることで、建物の設備や機能・性能面の良さを実感するだけでなく、それらを支えている人々の頼もしさにも改めて触れることができたように思います。
「自分の後ろには工場のスタッフをはじめ、いろんな人がいる。彼らが作ったものだから、自信を持って売ることができるんです。」
営業の宮内さんが、そんな風に話してくださいました。
マイホームを検討中のお客さまからは「職人さんたちから"夢ハウスで仕事をしているんだ"というプライドみたいなものを感じますね。」というお言葉も。
そうした意識が、スタッフ同士を高め合い、さらにこうしてお客さまにも伝わっていくのでしょうね。

現在建築中のI様の、乾杯のご挨拶の言葉が心に残っています。
「夢ハウスメンバーの輪を広げたい。」
新潟には施主様でつくる『友の会』というものがあって、様々なイベントを行ったり、みんなで国内外を旅行したりされているのです。
同じように、つくばみらい店でも会を結成したいと、力強く話してくださいました。
頷くお客さまと、スタッフの皆さんの、とっても嬉しそうな表情も印象的でした。
絶好調の夢ハウスさん、施主様もどんどん増えて、結成の時期は近そうですね♪

つくばみらい店でのモデルハウス見学やイベント、年4回の新潟ツアーをはじめ、夢ハウスさんの魅力を知る機会はたくさんあります。
展示場スタッフの唐澤さんも「おしゃべりをしに、お茶を飲みに、気軽に遊びに来てくださいね!」と話していましたし、監督の渡邊さんも「個別でのご案内もできるので、もっとじっくり見たい方は声をかけてください。」そんな風に仰っていました。
5月には春の伐採ツアーが予定されています☆
気になった方は、ぜひ展示場に問い合わせてみてくださいね!!

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する