夢ハウスさんの"春の伐採体験&建物探訪ツアー"に参加してきました!

20150706_1.jpg

(訪れるたび新たな感動に出逢える「夢ひろば」にて)

20150706_2.jpg

『新潟から迎えに来てくれた"夢バス"の運転手さんはもしや?!』

鮮やかなカラーリングに、夢ハウスさんのロゴがばっちり目立っています!
そして、お客さまの荷物を見事な手さばきで収納している後姿...勘の良い方はもうお分かりですね(笑)。今回も、片桐常務が運転して茨城まで来てくださいました☆

20150706_3.jpg

『見てください!この真剣な眼差し...説明にも熱が入ります』

全員自己紹介を終えると、車内もだんだん和みムードになってきます♪
夢ハウスさんが用意してくださったお茶やお菓子をいただきつつ、移動時間を利用して恒例のお勉強タイムが始まりました。

20150706_4.jpg

『お座敷でゆったりとお弁当をいただきます♪』

靴を脱いでホッと一息。
新潟県に入ってすぐに向かったのは、地元の方に愛される名店「レストラン三宝」さん。
色鮮やかな和洋折衷のお弁当とおしゃべりを楽しみながら、午後のスケジュールを確認☆

20150706_5.jpg

『一軒目に訪れたのは、最新の「さつき野モデルハウス」』

青々と生い茂る見事な生垣と、重厚感溢れるその外観に、誰もが目を奪われていました。
夢ハウスさんの新たな魅力が凝縮された新しい建物とあって、カメラを構える手にもつい力が入ってしまいます!

20150706_6.jpg

『あまりの迫力に、ただただ圧倒されるばかり』

玄関の引き戸を開けた途端、歓声が上がり、溜め息が漏れます。
広々とした土間玄関に足を踏み入れれば、頭上には開放感たっぷりの吹き抜けが広がります。早くも、ここから動けなくなってしまう方多数(笑)。

20150706_7.jpg

『スタッフの皆さんひっぱりだこ!室内が一気に賑わいます』

ひとしきり感動した後は、思い思いに部屋の中を見学...。
そばにいるスタッフをつかまえては、あれこれ相談をしたり、質問をしたり♪
初訪問の方が多いのもあって、じっくりと説明に耳を傾ける姿があちこちで見られました。

20150706_8.jpg

『華やかな中にも落ち着きを感じる和空間』

右手奥に見える書院や、掛け軸が映える床の間も見事な本格和室。
入口に立つだけで、背筋が「ピン!」と張るような、心地良い緊張感が生まれます。
手の込んだ天井や照明も見物で、ついつい長居したくなってしまいますね。

20150706_9.jpg

『家づくりの秘密がここに集結!人気の工場見学へ』

モデルハウスを訪問した後は、「これが楽しみだった」という方も多い、夢ハウスさんの自社工場へ向かいます。ズラリと並んだこの写真は、特許を取得している"ドライランバー"。
収縮や変形のない無垢の構造材・内装材を生み出す、オリジナルの木材乾燥機です。

20150706_10.jpg

『「行先が決まっていないので、どうぞ!」片桐常務の言葉に爆笑☆』

この日も、片桐常務のスペシャルガイドで施設内をじっくりと見学しました。
立派な丸太柱を前に、まだ買い手がついていないものを指して、この一言。
「良かったらどうぞ!」って...もちろん、欲しいですけれど(笑)。

20150706_11.jpg

『第一工場の次は、床材を加工している第二工場を訪れました』

建築中の方はもちろん、検討中の方にも興味深い、工場見学が続きます。
普段見慣れないたくさんの機械や、山と積まれた木材を前に、テンションも上がります!
ここでも、スタッフの皆さんからしっかりと説明を受けることができました。

20150706_12.jpg

『どんな質問にも笑顔で答えてくださる職人の皆さん』

工場内を見学していると、気になることや分からないことが次々と出てきます。
そんな時、夢ハウスの職人さんたちは作業の手を止めて、気さくに声をかけてきてくださいます。お客さまを大切に想う気持ちが伝わってくる瞬間です。

20150706_13.jpg

『工場を出発し、再びモデルハウス探訪がスタート♪』

2タイプの建物が隣接していて、比較検討できると好評の「新発田モデルハウス」へ。
さらにこの度、敷地内に新たに「夢工房」が誕生!
注目度・魅力度が共にアップし、この日もたくさんのお客さまが訪れていました。

20150706_14.jpg

『古民家を思わせる、自由設計の"いこいの家"』

落ち着きのある渋い色味の内装と、和の趣を大切にしたインテリアやディスプレイが絶妙にマッチした室内。純和風に統一してしまうのではなく、ところどころに現代風のアレンジを効かせていて、世代を問わず人気があるのが頷けます。

20150706_15.jpg

『取り入れたいヒントがいっぱい☆規格住宅"郷の家"』

自然素材の特徴をそのまま活かし、明るくナチュラルな雰囲気にまとめた、こんな建物も夢ハウスさんならでは。高いデザイン性だけでなく、暮らしやすいよう計算された動線など、見どころがたくさん!

20150706_16.jpg

『「夢工房」では、盆栽の展示やワークショップの開催も』

完成間もないにもかかわらず、すでにそば打ち教室などのイベントで大活躍だというこちらの建物。展示スペースのほか、作業台やキッチンも完備。お客さまに楽しんでほしいという、夢ハウスさんならではの試みと言えそうです♪

20150706_17.jpg

『どんどん行きましょう☆次に向かった先は...?』

アパートの家賃並みの価格で夢が叶うという、子育て世代応援型住宅の "tsumiki"。
『健康・省エネ・耐震・耐久性能』は高い水準のまま、施工コストを合理化。若い方でも手の届く無垢材住宅として、現在注目を集めています!!

20150706_18.jpg

『等身大のモデルハウスに「そうそう、この広さ!この感じ♪」』

中に入ると、東新林業代表の羽鳥さんがいらっしゃいました。
私たちを見つけると、いつも笑顔で話しかけてきてくださいます。
外の暑さを忘れるくらいの快適空間で、じっくり室内を散策してきました~。

20150706_19.jpg

『年月を重ねることでさらに輝きを増す、夢ハウスさんの建物』

この日最後に訪れたのは、180坪という広大な敷地に建つ、築14年の"夢ひろば"。
美しいお庭と和室・長い渡り廊下など、屋外と住空間の絶妙な一体感を楽しむとともに、贅を尽くした意匠や匠の技に触れることができます。

20150706_20.jpg

『壮麗な中にも、包み込まれるようなぬくもりを感じます」』

床板の一枚一枚、柱の一本一本から、木の息遣いが聞こえてくるようです。
その良さを大切に活かしたいと、持てる技術を余すところなく発揮した職人さんたちの想いが、室内の隅々にまで行き渡っているのでしょうね。

20150706_21.jpg

『間取りや仕様は?材質は??話題は尽きることがありません』

ひとしきり見学を終えた後は、冷たいお茶をいただきながら、ひと休み。
気に入った場所に戻ってのんびりしたり、スタッフの皆さんから説明を受けたり。
建築中の方は、図面を広げて打ち合わせをしたりして、自由時間を過ごされていました。

20150706_22.jpg

『日も暮れてきたところで...お待ちかねの夕食会場へ♪』

到着すると、すでに入口には順番を待っているお客さまの姿がちらほら。
お水・お米・具材や炊き方の全てにおいて、こだわり尽くしたとびきり美味しい釜めしがいただけるのだそうで、市内外からもたくさんの人が足を運ぶという有名店です。

20150706_23.jpg

『いよいよ完成間近☆F様のスピーチで宴会がスタート』

「一目惚れで、衝動買いしてしまいました(笑)」という、かなりインパクトのあるコメントが印象的だったF様。ここでは、建物だけでなく、スタッフの皆さんの素晴らしさについてもじっくり語ってくださいました。大きな拍手が止んだら、楽しい宴会のはじまりです!

20150706_24.jpg

『楽しい宴を終え、宿泊先のホテルにチェックイン』

充実した楽しい時間はあっという間に過ぎていきますね。お腹も心もしっかり満たされたら、そろそろお休みの時間...。遊び足りないという方はさておき(笑)、今宵の宿へ移動します。一日の疲れを癒してくれる、大浴場も完備されていました♡

フォトギャラリー

20150706_25.jpg

バスを降りて早々、思いきり伸びをするお二人...(笑)(途中のSAにて)

20150706_26.jpg

生命の源である「食の場」もコンセプトの一つ(さつき野モデルハウスにて)

20150706_27.jpg

気になったことをその場で確認できるのが嬉しいですね♪(さつき野モデルハウスにて)

20150706_28.jpg

こんな素敵な階段なら、上り下りが楽しくなりそうです!(さつき野モデルハウスにて)

20150706_29.jpg

新兵器登場☆皆さんバッチリ聞こえてますか~?!(第一工場にて)

20150706_30.jpg

国内に僅かしかないという、貴重な機械もありました!(第一工場にて)

20150706_31.jpg

「触ってみたい!」「どれどれ?」皆さん興味津々♪(第二工場にて)

20150706_32.jpg

「これは憩えますね~(笑)」贅沢すぎる喫煙所での一コマ(新発田モデルハウスにて)

20150706_33.jpg

どこを切り取っても画になる、完成された美しさ(新発田モデルハウスにて)

20150706_34.jpg

見事な織り上げ天井は、夢ハウスさんの高い技術力があればこそ(夢ひろばにて)

20150706_35.jpg

一日目からすっかり打ち解けて、皆さんお話に夢中♡(夢ひろばにて)

20150706_36.jpg

メインの釜めしの前に、豪華メニューでお腹いっぱい?!(お食事処「五頭の山茂登」にて)

<一日目の取材を終えて>

はるばる新潟からバスを駆って、私たちを迎えに来てくださった片桐常務の運転で楽しい旅がスタート!
雪の新潟もとっても良いのですが、過ごしやすい気候の中行われる春のツアーは、また格別な気がします。
二日目には、夢ハウスさんの育成林にて伐採イベントがあるため、参加される皆さんの期待感がこちらにも伝わってきます♪

一日目は2か所の工場と5軒のモデルハウスを巡るというタイトなスケジュールでしたが、完璧なナビゲーションとお客さまの素晴らしいチームワークにより、滞ることなくスムーズに全行程を廻ることができました☆
お天気にも恵まれ、暑すぎず寒すぎずで、心配された雨に降られてしまうこともありませんでした。

これは毎回感じていることなのですが...初めて会った方同士が同じバスに乗って新潟まで行き、工場や建物を一緒に廻り、食事の時間を共にするという機会はそうそうあるものではないでしょう。
それが夢ハウスさんのツアーでは当たり前のように行われ、参加した誰もが思いきり楽しんでいるのが取材をしているとわかるんですよね。
本当にすごいことだと思います。

バスの車内ではお茶やお菓子のサービスをはじめ、見学予定の工場を紹介したDVDの鑑賞、 模型を使っての実験や勉強会などがあり、ツアーの質をより良いものにする工夫がちりばめられています。
もちろん、訪問先で対応してくださる現地スタッフのおもてなしも素晴らしいもので、建物の品質や技術面だけではなく、関わられている皆さんの熱意や想いに感動したという声も多く聞かれました。

新発田モデルハウスの敷地内に誕生した「夢工房」も初めて訪れましたが、既に様々なイベントが開催されているそうで、活気に満ちていました。
住まいを販売するだけでなく、こういった交流の場も提供するという夢ハウスさん独自のスタンスに、驚きつつも共感する方がたくさんいらっしゃったようです。
工場での、真摯に素材や機械に向き合う職人さんたちの姿については言うまでもなく、本物の「ものづくり」の現場を目の当たりにして、私も夢ハウスさんの素晴らしさを再認識しました!

さて、明日2日目はメインイベントの伐採体験が待っています!
木を切り倒す人、クイズに正解する人...つくばみらい店からは出るのでしょうか?!
楽しみです♪

☆新潟ツアー二日目へ続く

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する