夢ハウスさんの"夏の新潟バスツアー"最終日です!

20151019-006502_1.jpg

やりましたね♡ビンゴ2位入賞の商品は何でしょう?!

20151019-006502_2.jpg

『「おはようございま~す。」お疲れ顔の方は皆無!!さすがです♪』

小雨が降っていましたが、かえって涼しくて過ごしやすい陽気となりました。
昨夜はご馳走と美味しいお酒をたっぷりいただいて、ご満悦でホテルに戻った皆さん。
今朝も元気に集合、お客さま同士もさらに打ち解けて、二日目の行程がスタート!!

20151019-006502_3.jpg

『中に入ると...どことなく懐かしい感じがするのはなぜ?!』

バスを走らせること約40分、一軒目に訪れたのは燕市にある「県央モデルハウス」。
実は、こちらの建物はつくばみらい店をベースにしているのだそうです。
「やっぱり、何となく落ち着くよね。」塚本店長がボソッと呟いていました(笑)。

20151019-006502_4.jpg

『間仕切りのない開放的な空間と、大きな吹き抜けが印象的』

効果的に用いられた流線型の装飾デザインやガラス使いで重たい印象にならず、しっとりと落ち着いた雰囲気が醸し出しされています。間接照明の光が一層柔らかく美しく感じられるのも、このシックな内装のおかげかもしれません。

20151019-006502_5.jpg

『そびえ立つ薪ストーブの煙突と丸柱...小屋裏からの圧巻の眺め!!』

思わず「おーい!」っと手を振って、階下の人に声をかけたくなりますね♪
いつでも心地良く空気が巡り、冷暖房の流れも循環するため、家中を一定の温度に保つことができる吹き抜け。採光面や、別の階にいてもお互いの気配を感じ合えるのも魅力。

20151019-006502_6.jpg

『あると嬉しい"和"のスペースは、苔庭との相性も抜群です』

モデルハウス内にある、二か所の和室のうちのひとつがこちら。
リビングダイニングとも続き間になっているので、ちょっとお客さまが見えた時などのおもてなしにも活躍しそうですね。琉球畳が洋室にも違和感なく馴染んでいました☆

20151019-006502_7.jpg

『無垢材の自然な風合いを前面にアピールした2階~小屋裏』

1階とは趣ががらりと変わり、全体的にナチュラルな色調でコーディネートされています。2階は子供部屋と主寝室があり、家族だけでリラックスしたひとときを過ごすのにぴったりですね!桜の花びらなど、職人さんたちの細やかな手仕事も目に留まりました。

20151019-006502_8.jpg

『なんと「新潟総合テレビ」に夢ハウスさんが登場~!!』

お笑いタレントの"FUJIWARA"さんたちと、軽快なトークを繰り広げる大沼社長。
「世界に誇りたい!工場@新潟」というサブタイトルのとおり、工場での桟積みのシーンやドライランバーなどが登場!私たち同様、驚きと感動の連続だったようですよ♪

20151019-006502_9.jpg

『続いて向かったのは、自由設計のモデルハウス「木だちの家」』

60坪という、かなり迫力あるサイズの建物を目前に、皆さんの足取りも軽くなります☆
こちらは中央の庭園を挟んで本格和室も備えられているという、非常に豪華な仕様。
大きな吹き抜けを天井に向かって走る、1尺5寸の丸太柱も必見です!!

20151019-006502_10.jpg

『優れた採光性に感激!外は雨でも、室内はこの明るさ』

写真には写っていませんが、薪ストーブ上の壁面には、大きな窓が7つも設置されています。室内の様々な場所から、いつでも外の風景を眺めたり光を感じたりできるというのは、この上ない贅沢のような気がしませんか?

20151019-006502_11.jpg

『女性の憧れがギュッと詰まったキッチンスペース』

広々としたアイランド型のカウンターからは、目の前に中庭を臨むことができます。
サイドには充実の容量を誇る収納と、一直線に配された水廻り。主婦の皆さんが"こうだったらいいな!"と思い描く、理想の空間が広がっていました。

20151019-006502_12.jpg

『この微笑ましい光景は、前にも一度見たような...??』

そうでした~!2月の新潟ツアーの際にも、楽しそうなお二人の姿をこっそり撮影させていただいたのでした♡
現在は「夢のマイホーム」に向けて、着実に歩みを進めていらっしゃるF様...前回とはまた違った視点で見学されているのでしょうね♪

20151019-006502_13.jpg

『まるで、お友だちのお家に遊びに来ているかのよう(笑)』

「おじゃましま~す!」なんて、仲間に入れてもらいたくなりますね☆
用意していただいたお茶を飲みつつ、すっかりリラックスした皆さんの表情にも注目!
建物を訪れたお客さまをみんな笑顔にしてしまう、夢ハウスさんならではの一コマでした。

20151019-006502_14.jpg

『どこからまわる??時間がいくらあっても足りません!』

楽しいモデルハウス見学の合間には、ちゃんとお土産を購入する時間だってご用意!
「新潟ふるさと村」さんの中にある"バザール館"では、旬の味覚や特産品が豊富に揃っています。毎回、ついつい時間ぎりぎりまでお買い物してしまうんですよね♪

20151019-006502_15.jpg

『二棟の見学を終え、お買い物も済んだらそろそろランチの時間です』

この日訪れたのは、絶品の釜めしが新潟だけでなく県外でも有名な「五頭の山茂登」さん。
聞けば平日でもかなりのお客さまで混雑していて、常にウェイティングが出ているという人気のお店なのだそうです。早速私たちも、期待に胸を膨らませていざ入店♡

20151019-006502_16.jpg

『つやっつやのご飯と、フレームに収まりきらないボリュームに感動』

サクサク揚げたての天ぷらに熱々の茶わん蒸し、彩豊かな小鉢も食欲をそそります。
メインの釜めしは、粒を壊さないよう切る要領でよそい、決して混ぜない。そして、よそったらすぐに蓋をするのが、最後まで美味しくいただくためのルールなんですって♪

20151019-006502_17.jpg

『ツアーの最後に訪れたのは、最新の「さつき野モデルハウス」』

2015年1月、新潟放送の"新春特番"として、夢ハウスさんが取り上げられた際の舞台となったこちらの建物。オープンしてからまだ一年も経っておらず、外観も内装もピカピカ。"現代の古民家"そして "食"をテーマに掲げているとあって、お客さまも興味津々です!

20151019-006502_18.jpg

『モデルハウスのコンセプトに忠実に配されたキッチンカウンター』

"食"は生命の源であり、住まいにおけるキッチンはそれらを支える大切な場所ということになります。1階と2階それぞれの、自然と人が集ってくる場所にキッチンカウンターを設置。豊かな食生活に彩られた、健やかで心地良い暮らしを私たちに提案してくれます。

20151019-006502_19.jpg

『「おーい♪」思わずかくれんぼしたくなる?!』

2階にあるベッドルームの室内窓や渡り廊下からは、フロア全体を見渡せるだけでなく、吹き抜けを通して階下も見下ろすことができます。小さいお子さまはもちろんですが、大人も思わず部屋中を駆け回ってみたくなるほど(笑)、広々とした室内でした。

20151019-006502_20.jpg

『存分に建物内を見学したら、思い思いの場所でひと休み♡』

早速打ち合わせに入る方、スタッフに質問を始める方、撮影した画像の整理に熱中する方...。間接照明の柔らかな光と木のぬくもりに包まれて、あまりの居心地の良さに皆さんすっかり寛ぎモード?!天然木の、見事な座卓でいただくお茶も格別ですよね!

20151019-006502_21.jpg

『楽しかった2日間の旅もいよいよあと少しで終わり...』

最後の見学会場を後にし、一路茨城県を目指します。渋滞に巻き込まれることもなく、数回の途中休憩を挟んで、順調にバスは進みます。恒例のビンゴ大会やDVD鑑賞で盛り上がったら、スタッフの皆さんも含めて一人ずつ感想を述べて締めくくりました☆

20151019-006502_22.jpg

『おつかれさまでした!!トラブルもなく無事に到着』

沢山の思い出と抱えきれないほどのお土産を携えて...(笑)、つくばみらい店に戻ってまいりました~。帰りは、片桐常務に替わって同じく新潟の熊倉さんがドライバーを務めてくださいました!自宅に帰るまでが旅、皆さん気を付けてお帰りくださいね。

フォトギャラリー

20151019-006502_23.jpg

朝から楽しそう♪仕事のお話...ではないですよね、きっと(宿泊ホテル前にて)

20151019-006502_24.jpg

こんな環境で子育てができたら、そう思わずにはいられません(県央モデルハウスにて)

20151019-006502_25.jpg

まるでペアで参加されたかのよう☆すっかり仲良しのお二人(県央モデルハウスにて)

20151019-006502_26.jpg

この迫力!見る度抱きつきたくなってしまうのは私だけ?!(県央モデルハウスにて)

20151019-006502_27.jpg

雨にもかかわらず、外までお見送りをしていただきました~(県央モデルハウスにて)

20151019-006502_28.jpg

「うわ~!」足を踏み入れた時の感動、何度でも味わいたいですね♪(新潟西モデルハウスにて)

20151019-006502_29.jpg

書院に床の間...完成された和の空間にため息が漏れます(新潟西モデルハウスにて)

20151019-006502_30.jpg

匠の意匠が施された"折り上げ天井"は必見です!!(新潟西モデルハウスにて)

20151019-006502_31.jpg

さすが新潟...バリエーション豊富な"柿の種"のラインナップ☆(新潟ふるさと村にて)

20151019-006502_32.jpg

まるで大家族??食事時もとっても賑やかでしたね!(五頭の山茂登にて)

20151019-006502_33.jpg

この笑顔にみんなメロメロ♡すっかりファンになってしまいました~(五頭の山茂登にて)

20151019-006502_34.jpg

職人の皆さんの、丁寧且つ繊細な仕事に目を奪われます(さつき野モデルハウスにて)

20151019-006502_35.jpg

どこでシャッターを切ろうか迷うのです(笑)360度絶景!(さつき野モデルハウスにて)

20151019-006502_36.jpg

こんな素敵なキッチンなら、ママのお手伝いしてもいいかも?!(さつき野モデルハウスにて)

20151019-006502_37.jpg

眠気もどこへやら...豪華商品目指して集中!!(バス車内にて)

☆参加した皆さんのひとこと☆

・「3回連続のツアー参加、1・2回目とは見方が変わりつつあるし、色々わかりつつあります。"どうしたいか?""こうしたい!"など、考えつつ見学しようと思っています。」 ・「ゴリゴリくるハウスメーカーや工務店が多くありますが、夢ハウスさんはそういったところがなく、待っていてくれる。また行きたいと思わせてくれるから良いですね。」

(坂東市F様)

・「一緒に参加している孫にアレルギーがあるので、木の家が良いと思っていました。モデルハウスも素晴らしかったので、娘にも良さを伝えたいです。」 ・「家を建てるって、単純なことだと思っていました。 材料一つつくるのがあんなに大変な作業だとわかり、家づくりに対する考えが変わりました。」

(つくば市E様)

・「モデルハウスの木のぬくもりに感動しました!とても楽しみに来たツアーです。」 ・「良い体験をさせていただきました。一つ一つ工夫されていて感心しましたし、夢のあるおうちに住んだ気持ちになりました(笑)。」

(守谷市T様)

・「初めて見たモデルハウスでは、屋根裏部屋に感動しました。 バスツアーは初めてで不安もありますが、期待しています!」 ・「あっという間の2日間でした。 貴重な現場を見せていただき、また美しいモデルハウスも見られて良かったです。」

(土浦市T様)

・「大胆な企画をされる夢ハウスさん、通りがかる度にモデルハウスも気になっていました。展示場を見た時、他メーカーさんと違う工夫に感心しました。」 ・「初めての方ばかりなのに打ち解けられて、無駄のない有意義な時間を過ごせました。 身近な方に、この体験を伝えて行けたら。」

(石岡市S様)

・「今年の12月頃に2世帯住宅が完成する予定なので楽しみです。 娘と孫の3人で参加させていただきました。」 ・「子供たちも、夏休みに素敵な体験ができて良かったです。」

(龍ヶ崎市S様)

<取材を終えて>

振り返ると、新潟ツアーへの参加は8回目になります。
初めてお会いする方、何度かご一緒させていただいている方と様々ですが、いつも感じることがあります。
初対面が殆どという皆さんが、二日間同じバスに乗って、食事や見学などの行動を共にするということはなかなかないのではないでしょうか。
夢ハウスさんについて「もっと知りたい」という共通の想いがあっても、その温度や具体的な目的は微妙に異なるはずです。
それであるにもかかわらず、気づくと"親戚御一行様"かと見紛うほど、アットホームなツアーになっているのです(笑)。

「われわれはものつくりであって、物売りじゃない。」赤塚会長はよくそう仰っていました。
だからでしょうか、F様も言われていたとおり押しつけるところがなく、こちらの気持ちを最優先し、常に待っていてくれるような印象を受けます。それでいて、助けやアドバイスが必要になった時は、すぐに手を差し伸べてくださるのです。
『見て、触って、感じてほしい』そんな夢ハウスさんの想いが、建物から、職人さんから、そしてスタッフの皆さんから伝わってくるからこそ、お客さまも構えることなくリラックスしてツアーを楽しめるのではないでしょうか。
二日目には別れを惜しむほど、すっかり打ち解けた皆さんの姿を眺める度、そんなことを考えます。

新潟本社の技術や伝統を関東圏に伝えたいと仰っていた設計担当の坪川さん。
宿泊や食事を一緒にすることで「普段と違うお顔が見られて良かった。」と話していたのは、同じく設計の冨田さん。
初めてのお客さまと、少しずつでもお話ができて良かったと仰っていたのは、現場監督の渡邊さん。
「二日間という、貴重な時間を預けていただけたことをありがたく思っています。」と、展示場スタッフ唐澤さん。
何かひとつでも、ふたつでも、感動してもらえたことがあったら...と塚本店長。そのうえで「自分が納得できた時が一歩進める時、ゆっくり考えて、気軽にご相談ください。」と締めくくってくださいました。

ご一緒させていただくなかで、「来る度に新しい発見がある。」「喘息持ちなので、空気の違いがわかる!」「この素晴らしさを、身近な人に教えてあげたい。」など、お客さまからいろいろな感想を伺うことができました。
このことから、「家づくりをとおして感動を共有しましょう」という夢ハウスさんの想いが、しっかり結実しているのだなと改めて実感しました。

9月は大人気の『伐採ツアー』が開催されますね!!
夏の山とはまた違った良さがあり、すっきりと澄んだ空気の中で行われる秋の伐採体験も素晴らしいものです。
既に参加を決めているお客様もいらっしゃって、早くも盛り上がりを見せていました♪

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する