夢ハウスさんの"夏の新潟バスツアー"に参加してきました!

20151019_1.jpg

(「夢ひろば」にて、参加した皆さんで記念写真を撮りました♪)

20151019_2.jpg

『外はあいにくの雨ですが、車内には熱の入った講話が響きます』

残念なことに天気予報が当たってしまい、出発当日の茨城県は冷たい雨。
それでも、定刻通りに出発したバスの中では自己紹介や勉強会が行われて賑やか。
「タイトルとちょっと違う気候ですが。」という塚本店長のコメントにも大爆笑☆

20151019_3.jpg

『新潟までの長い道のり...途中のSAでちょっとひと休み♪』

家づくりや夢ハウスさんについてしっかり学んだ後は、用意していただいたお茶やお菓子を楽しみつつ、ゆったりDVD鑑賞などしながら一路新潟を目指します。
前回同様、今回も新潟から駆けつけてくださった片桐常務がドライバーです!

20151019_4.jpg

『「皆さん、お待たせしました~!」ランチ会場に到着☆』

新潟と言えば、有名なのは"ふのり"の入ったつるつるとした食感が特徴の『へぎそば』。
今回お邪魔した一翔さんは地元の人気店とあって、順番待ちのお客さまが並んでいました。
"へぎ"に美しく盛りつけられたそばを一口食べては「美味しいね!」と声が上がります。

20151019_5.jpg

『お腹がいっぱいになったら、いよいよモデルハウスの見学開始です』

はじめに訪れたのは、二棟の隣接するモデルハウスと、『夢工房』を有する新発田モデルハウス。写真の自由設計である「いこいの家」は、古民家を思わせる内装でありながら、近代的な間取りを取り入れた非常に人気のある建物です。

20151019_6.jpg

『こんなお部屋なら、お子さまたちの勉強もはかどるかも♡』

こちらは二階の階段を上がって見たところ。
中央のフリースペースを挟んで、反対側には主寝室とクローゼットが配置されています。
一階とは吹き抜けを通して繋がっているので、常に家族の気配を感じることができますね。

20151019_7.jpg

『いっそここで暮らしたい?!贅沢な広縁』

建物の幅いっぱいにスペースが取られた広縁は、手前側がランドリーコーナーになっています。お天気の良い日はここでのんびり日向ぼっこ...雨の日も、読書をしたり趣味に没頭したり。あれこれと、活用方法を考えているだけで楽しくなりますね!

20151019_8.jpg

『機能的かつ高品質...理想の規格型住宅がここに』

単なるミニマリズム(最小限主義)に留まることなく、遊び心や合理性も大切にした欲張りな住まい。つくばみらい店のお客さまの中でも、高い評価を得ているモデルハウスです。
モノトーンのシックな外壁×木の組み合わせも新鮮ですね!

20151019_9.jpg

『ぬくもりと力強さ、無垢材の魅力を存分に堪能できる居住空間』

穏やかに差し込む晩夏の陽射しが満ちたリビングダイニングは、ただそこにいるだけで心が安らいでいく気がします。キッチンに立てば、こうしてダイニングやソファで寛ぐ家族の姿が見られ、声を掛け合えるというのも嬉しい。

20151019_10.jpg

『シートに包まれた、謎の大きな建物☆この正体は一体?!』

「郷の家」の隣にそびえ立つのは、もしかして建築中の新しいモデルハウス?? いいえ、こちらは新たに完成予定のショールーム。
夢ハウスファンの皆さん必訪のスポットになりそう...オープンが待ち遠しいですね♪

20151019_11.jpg

『一足お先にオープンした「夢工房」がこちら』

同じ敷地内に建つ「夢工房」は、既に打ち合わせやイベントスペースとして活用されているそう。素晴らしい盆栽の数々が展示してあるほか、そば打ち体験のためのキッチンや、陶芸教室のための本格的な窯も完備されています。

20151019_12.jpg

『同市内にある規格型住宅「tsumiki」も見学しました♪』

「tumiki」は、"子育て世代を応援する"というコンセプトで開発された、夢ハウスさんの新ブランド。小さいお子さまがいて、マイホームの建築をあきらめてしまっているご家族にこそ見てほしい、手の届く無垢材住宅として大変な注目を集めています!!

20151019_13.jpg

『「あ!涼しい~」外気温との差は歴然...快適空間に感動』

じりじりと強さを増す日差しを逃れて、一歩足を踏み入れたモデルハウスの中は驚くほどひんやり。建物内を、「このくらいが現実的かな。」「やっぱりこのくらいの広さが落ち着きますね(笑)。」なんて感想を言い合いながら、楽しく見学して回りました。

20151019_14.jpg

『美しい苔庭はそのままに...でも前回の訪問時と何かが違う??』

そうなのです!盆栽の台がなくなっていました。ズラリ盆栽が並んだお庭も壮観でしたが、こんな風にすっきりとした景観も良いもの。訪れる度にこうした変化や新たな発見を楽しめるのも、日々進化を遂げる夢ハウスさんだからこそ。

20151019_15.jpg

『いろりを囲んで美味しいお茶をいただけば、おしゃべりもはずみます♡』

大開口から、手入れの行き届いた美しい中庭を眺めつつ、のんびりティータイム。
約14年という長い年月を経た建物は、床や梁・柱などが一層味わいを増して、新築とはまた違った魅力を私たちに教えてくれます。

20151019_16.jpg

『車座になって...こちらもすっかりリラックスムード♪』

片桐常務、塚本店長、そして設計の坪川さんと談笑しているのはツアー参加3回目となるベテラン(?!)F様。同じく、二棟を繋ぐ渡り廊下に設置されたいろりを囲んで建築談義に花が咲いているようです☆

20151019_17.jpg

『次に向かった第一工場では"ドライランバー"をオープン!』

「うわーすごい熱気!」「これは木の香り?」「中は何度くらいになるのかしら??」
扉を開けた途端、皆さんが一斉に"ドライランバー"を覗き込みます。この装置を使って無垢材の"含水率"を極限まで下げる独自の乾燥技術は、既に特許を取得しています。

20151019_18.jpg

『大人も子供もこの表情☆職人さんの手仕事に注目!!』

国内にも数台しかない高機能の機械を有するこちらの工場。
それでも、「やはり最後は人の目。重要な部分には職人さんの手が絶対に必要なんです。」
そう熱く語ってくださった片桐常務の言葉に、一同納得!

20151019_19.jpg

『移動して、すぐ近くの「第二工場」も見学してきました♪』

毎回大人気の工場見学は、まだまだ続きます!
こちらでは、主に床板の加工を行っています。バスを降りた途端木の香りが漂い、材料を加工する機械音が耳に入ってきます。山と積まれた木材が圧巻ですね。

20151019_20.jpg

『ものづくりに対する徹底したこだわりと、真摯な姿勢に感動!!』

これだけあれば沢山のお家が建つのだろうな...そんな私たちの予想ははずれてしまいました。加工した全ての床板が製品として世に出ていくのではなく、たとえば200枚あったとして、およそ60枚は厳しい品質管理の工程で弾かれてしまうのだそうです。

20151019_21.jpg

『「あったかいね!!」できたてほやほやの"ブリケット"』

「ほら、持ってごらん。」片桐常務から手渡されたのは、木材を加工する工程で出るおが屑でできた加工薪。材料を無駄にしないうえ、圧力だけで固めているので有毒ガスも出ないという優れもの。こうして、地球環境にも細やかな配慮がされているのですね。

20151019_22.jpg

『スムーズに行程が進み、予定より早めのチェックイン!』

とっても協力的な皆さんのおかげで見学時間が押すこともなく、幸運なことに渋滞に巻き込まれることもなく、無事一日目の予定をクリア。あとは、お待ちかねのディナーを残すだけとなりました!一旦荷物をホテルに置いたら、今宵の夕食会場へ向かいます。

20151019_23.jpg

『食べきれるかな?!次々と運ばれてくる新潟の幸♡』

席に座った途端、目の前に並ぶごちそうの撮影に必死になる方多数(笑)。
このほかにも天ぷらや生牡蠣に鮑、ひつまぶしやデザートなどが出てきて、お腹がいっぱいに!!豊富なドリンクメニューや越後の地酒と共に、ゆっくりいただきました。

20151019_24.jpg

『絶品料理を前に、ついついお箸もお酒も進んでしまいます♪』

常連さんも初参加のお客さまも、この日一日ですっかり打ち解けたようです。
話題は家づくりに始まり、仕事のこと、ご家族のこと...どのお席も笑い声や話声が絶えません☆スタッフの皆さんも、楽しそうに会話に参加されていましたね!!

フォトギャラリー

20151019_25.jpg

車窓を眺めながらのおやつとコーヒーで、遠足気分♪(バス車内にて)

20151019_26.jpg

初めて手にする家づくりの材料に、興味津々です☆(バス車内にて)

20151019_27.jpg

これで一人分?!ボリューム満点の"へぎそば"に舌鼓(「旬彩和膳一翔」にて)

20151019_28.jpg

古民家調の落ち着いた雰囲気はやっぱり人気(新発田モデルハウス「いこいの家」にて)

20151019_29.jpg

お孫さんと仲良くシュミレーション中♡「使いやすそうね!」(新発田モデルハウス「郷の家」にて)

20151019_30.jpg

「壊さないでよ~」お子さまたちは遊びを見つける天才♪(tsumikiにて)

20151019_31.jpg

いつまでも、座ってこの風景を眺めていたい!(夢ひろばにて)

20151019_32.jpg

大切に額に収められた、お客さまからのメッセージ(夢ひろばにて)

20151019_33.jpg

夢ハウスさん独自の『ものづくり』の秘密がここに(第一工場にて)

20151019_34.jpg

新潟に着いたら快晴☆皆さんの日頃の行いの賜物ですね?!(第一工場にて)

20151019_35.jpg

お料理もさることながら、外観も趣があって素敵(お食事処「海老の髭」にて)

20151019_36.jpg

ついさっきまで動いていた大きな鮑...ごちそうさまでした♡(お食事処「海老の髭」にて)

<一日目の取材を終えて>

またしても、ドライバーは新潟から夢バスでお迎えに来てくださった片桐常務!!
出発早々「常務が運転手をしてくれる会社なんてないよ!」と感心されるお客さま多数。
さて、8月のツアーといえば...夏の暑い中で、"夢ハウスさんの建物性能を体験する"というコンセプトを掲げているのですが、この日はあいにくの曇天。
それでも、3人の元気なお子さまたちを含めた10名以上のお客さまと、スタッフの皆さんを乗せたバスは定刻通りにつくばみらい店をスタート♪

車内では恒例の自己紹介にはじまり、模型やパンフレットを使ってのお勉強会が催されました!予め夢ハウスさんについてしっかりと学んでおくことで、この後の行程をより楽しく、充実したものにできるというわけです☆
途中までは激しい雨に降られつつの旅でしたが、新潟に着いたら汗ばむような良いお天気!降り注ぐ陽射しに、傘も上着も不要となったのでした~。
つくばみらい店のモデルハウスしか見たことのないお客さまにとって、新潟で数ある夢ハウスさんの建物を見られるのはとっても貴重な体験です。
もちろん、現在検討中・或は建築中というお客さまにとっても、様々なタイプのモデルハウスを訪れるのは非常に重要なこと。
思い切り楽しみながらもメモや撮影を欠かさず、熱心に展示場スタッフや同行スタッフの皆さんに質問をする姿、ちゃんと見ていましたよ♪

一日目の締めくくりに訪れた工場見学だって、やっぱり真剣です!
聞いている私たちを虜にしてしまう、片桐常務の軽快なトークのせいもあるかもしれませんが(笑)、どの機械もどの工程も興味深く見学されていました。
ただ眺めるだけでなく、実際に木材を手で触れたり、作業中の職人さんたちに質問できるのも、このツアーの嬉しいところですね。
夏休み中のお子さまたちの、自由研究の題材にもぴったりかも!!

今回ツアーに参加されたことで、マイホームへの想い、そして夢ハウスさんへの理解がより一層深まったのではないでしょうか。
初めてご一緒することとなったお客さま同士、意見や情報交換も活発に行われ、夜の宴では皆さん本当に盛り上がっていました☆
明日も怒涛のモデルハウス見学が続きますよ~。
純粋に建物だけを巡るという、貴重でいてとっても贅沢なツアーと言えますね♪

☆新潟ツアー二日目へ続く

夢ハウス つくばみらい店
所在地 茨城県つくばみらい市紫峰ヶ丘5-629-1(MAP
営業時間 9:00~17:00
定休日 水曜定休
問い合わせ 0297-44-8412
ホームページ http://tsukuba.yume-h.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する