アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

1204_01.jpg

(3姉弟の真ん中のお嬢さまとK様ご夫妻☆素敵なご家族でした!)

1204_02.jpg

『全面お見せできないのが残念!合計6色使いの外観』

あいにくの雨というお天気でしたが、会場にはたくさんのお客さま。実際はどっしりとした大きな建物ですが、淡い色を多用したことで軽やかな印象に仕上がっています。
奥様のこだわりで、なんと6種もの色が使われ、裏側は全く別の雰囲気に仕上がっていました☆

1204_03.jpg

『アレンジも自由自在♪白を基調にしたシンプルな1階』

20帖以上あるLDKは、色味を抑えて広がりと清潔感のある空間に。インテリアデザインにも精通した奥様は、早くもどんなコーディネートにしようか、今から楽しみで仕方がない様子♪
キッチン上部のダウンライト×ペンダントライトの組み合わせもお洒落ですね!

1204_04.jpg

『キッチンカウンターから、家族みんなの1日を見守ります♡』

朝起きてから寝る時、そして出かけて行って帰ってきた時...必ずキッチンの前を通っていくので、顔を見て声を掛けることができます。
効果的に用いられたパステルカラーの壁紙や、天井を高く見せるため通常より上に設置したリビングドアにも注目です!!

1204_05.jpg

『仏間や収納も完備された、モダンな和室』

こちらはキッチン裏に配置された和室。広めの床の間と、鮮やかな柄の壁紙が印象的です。
続き間に設けられた大きな納戸には、季節用品や、重くて2階に上げられない物もしまうことができますね!
将来的には、ご両親のお部屋として使用する予定なのだそうです。

1204_06.jpg

『遊び心満点♪斜めになった廊下は川田さんのアイデア』

奥様お気に入りポイントのひとつがこちら。
階段を上がって右手に2つの子ども部屋、その向かいに位置する主寝室の入り口を、大胆にも斜めにカット!
ごく普通の踊り場となるはずだったところに動きが生まれ、シンプルな間取りの良いアクセントになっていました。

1204_07.jpg

『セカンドキッチンの主役は、お取り寄せした洗面キャビネット♡』

ご両親との2世帯生活を想定して、2階にもキッチン機能をと考えた奥様。
しかし既存のミニキッチンにはイメージ通りのものがなく...ネットで探し出してお取り寄せしたこちらをチョイス。
お部屋の雰囲気にぴったりマッチしたデザインがお気に入りなのだそうです☆

1204_08.jpg

『大胆な配色と柄がインパクト大!ご主人様イチオシの壁紙』

コーディネートを担当したのは奥様ということですが、「家の中で好きな場所は?」との質問に返ってきた答えがこちら。
ウォークインクローゼット内の壁紙は、「自分たちにしか見えない場所だから、遊ぶのも面白いと思って。」というお二人...さすがのセンスです!

1204_09.jpg

『たっぷりとスペースを取った収納は女の子のお部屋ならでは♪』

洋服や雑貨がついつい増えていってしまうのが女性だから、大きなクローゼットは必須。
でも、一つのお部屋に2つの収納は羨ましすぎます...。
さらに、ベランダに面しているので大窓から陽射しがしっかりと入り、明るく居心地の良い空間になっています。

1204_10.jpg

(K様邸を担当した、家づくりアドバイザーの川田さんと一緒に)

☆K様ご夫妻にお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):奥様は、沢山のハウスメーカーや工務店に足を運ばれたと伺っています。
その中から、アルルホームズさんに決めた一番の理由は何だったのでしょうか?

奥様:「もうね、川田さんの人柄!それが一番。」
ご主人様:「川田さんに会っていなかったら、家は建っていなかったよね。」

飛:そうでしたか~。まさに運命の出逢い、ですね!
具体的には、どんなところにお二人は惹かれたのでしょうか?

奥様:「私たちは土地から探していたんですけど、川田さんが理想的な場所を探してきてくれて...。」
ご主人様:「それに、他所では"何でもできます!やります!!"って言うんだけど、川田さんは違っていて。
"それはできません""それは良くないです"って、正直に言ってくれたんですよね。」
奥様:「そこが信頼に繋がりましたね。あとは資金計画!これはもうバッチリ。」

飛:家づくりにあたって、非常に重要なポイントですものね。
奥様:「そう、それから工事担当の飯島さんも。
"ゆっくり考えた方がいいですよ、ゆっくりがいいですよ"って、ずっと言ってくださって。
いろいろ意見しても嫌な顔一つせず、分からないこともすぐ調べてくれました。」

飛:全てにおいて、納得の家づくりができたみたいですね。
ところで、お二人はそれぞれ引っ越し後に何を一番にしたいですか?

ご主人様:「私はお風呂に入りたいですね!バスルームだけは自分が選んだので。」

飛:基本、全て奥様がリードされたと聞いています(笑)。
奥様:「私は、好きなインテリアを徐々に揃えて、家中をコーディネートしたいです。」
川田さん:「建てている間も、奥様は寝ずに考えていましたよね!!」

飛:え~。それはすごい!
奥様:「フルタイムで働いているので、休日前の夜から、寝ないでそのまま(笑)。」

飛:ついに完成して、あとはお引越しをするのみ。楽しみですね♪
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

フォトギャラリー

1204_11.jpg

ドアと外壁、そして照明のコーディネートがとっても素敵!

1204_12.jpg

「実は、この照明のセットが一番高いんです☆」とは奥様の弁

1204_13.jpg

こだわりの照明その3?! キッチンのペンダントライト♪

1204_14.jpg

システムキッチンも白で統一!豊富な収納にも注目です

1204_15.jpg

女の子だからと、パウダーコーナーは脱衣所と分けて...ママの優しさですね♡

1204_16.jpg

まだまだあります!! お洒落な照明を階段の途中で発見☆

<取材を終えて>

「打ち合わせの最後の日は、もう来られないんだと思うと寂しかったですね。」
これまでの家づくりを振り返りながらお話を伺う中で、そんな風に仰っていた奥様。
マイホーム計画を立ててから、足を運んだ会社や見学に行った建物は相当な数になるそうです。
そんな目の肥えた奥様を虜にした(笑)アルルホームズさん、実はインタビュー記事内で紹介しきれなかったエピソードがほかにもたくさんあるのです♪

正直にメリット・デメリットについて説明し、誠心誠意対応してくれた川田さんを筆頭に、アルルホームズさんのスタッフは皆信頼できる方ばかりというご夫妻。
中でも印象的だったのが、クロス屋さんとのやり取りでした。
奥様が選んできたクロスを見て、「これは傷がつきやすいから、変えた方が良いですよ。」そう言って実物を使って実験して見せ、近い色味の別の商品を提案してくれたのだとか。

そのまま進めてしまう方が楽なのに、自分たちの手間を惜しまず動いてくれたことに、大きな感動を覚えたと言います。
さらに、気になったところに関しては随時アドバイスや変更の提案があり、完成までに何カ所も修正してもらうことができたのだそうです。
素人の自分たちにはわからない部分を、"こうしたら良いと思うよ"と言って親切にリードしてくれた職人さんたちには「本当に感謝しています。」と、笑顔で仰っていました。

「私たちが洋服を着るように、家もインテリアコーディネートによってさまざまな表情を見せてくれます。
アルルホームズさんだからこそできたこの家を、いつまでも楽しみながら住んでいきたいですね。」
最後に、素晴らしいコメントで締めくくってくださった奥様。
今後のK様邸が、どんな風に彩られていくのか、ぜひまた訪問させていただきたい...
そう思ってしまいました☆

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する