アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

160124_01.jpg

(元気いっぱいのお兄ちゃんたちと♫新しいおうち、嬉しいね!)

160124_02.jpg

『複雑な屋根の形状にも注目したい"和モダン"住宅』

グレー×ホワイトというベーシックなカラーリングですが、こだわりの配色で遠目にも目立つ外観に仕上がっていました。
グレーの分量を多くしたことで、よりシックで落ち着いた印象を受けます。
効果的に用いられた天然木もポイントですね!

160124_03.jpg

『リビングダイニングを華やかに演出する床柱』

扉で隔てることなく、リビングから和室へと続き間になっているため、開放感が違います!
和室の床の間は、ピアノを置くためのスペースと最初から決めてあるのだそう♪
天井とリビングダイニングの床を同じ素材で揃えるなど、随所にこだわりが感じられます。

160124_04.jpg

『キッチンには大型ストッカーを完備してあるので安心♡』

さすが、これから食べ盛りを迎える男の子二人がいるO様邸ですね♪
玄関からキッチンまでは一直線!
おうちに帰ってきたら、まずはママの元へ...ではなく、おやつの入ったストッカーの元へ、かな(笑)?!

160124_05.jpg

『見晴らしも採光も抜群☆家事が楽しくなるキッチン』

広々としたカウンター越しには、宿題をするお子さまや、テレビを見て寛ぐご主人さまの姿。
慌ただしく家事をこなしていても、家族の様子が見られたり、会話を楽しむことができたら嬉しいですよね!
正面の明かり取り窓も良いアクセントになっています。

160124_06.jpg

『ランドリースペースも充実の収納ですっきり!!』

人数が多いと、ついつい雑然としてしまいがち。
そんなお悩みをばっちり解決してくれるのが、こういった収納コーナーですよね♪
洗面ボウルや床も白で統一、明るく清潔感のある空間に仕上がっていました。

160124_07.jpg

『バスルームのパネルはお部屋のテイストと揃えて』

ゆったりとしたランドリースペースから続くバスルーム。
バスタブは洗面ボウルと同じ白で、室内はリビングダイニングのフローリングを連想させるナチュラルブラウン。
さり気なく、家全体が美しくトータルコーディネートされているところがお見事!

160124_08.jpg

『1階の落ち着きある雰囲気を大切に継承した2階』

こちらは2階にあるお子さまたちのお部屋。
建具・フローリングなどに1階と同じものを採用しているため、やはりすっきりとした印象を受けますね♪
間に設置された収納も、季節用品を入れたりするのに良さそうです!!

160124_09.jpg

『主寝室内のウォークインクローゼットは驚きのスケール☆』

ここで生活できてしまうのでは??と思ってしまうくらい、とにかく広いクローゼット。
女性たちの注目と羨望の眼差しを一手に集めていたのは言うまでもありません(笑)。
よく見ると、このお部屋だけ扉の色使いが反対になっているところも素敵ですね!

1204_10.jpg

(O様邸を担当した、家づくりアドバイザーの生頭さん)

☆家づくりアドバイザーの生頭さんにお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛): O様ご夫妻とは、土地探しの段階からお付き合いをされていると伺いました。
生頭さん(以下生):「そうですね。最初はチラシを見て、見学会に来てくださったのが始まりでした。その後も、何度か見学会に足を運んでいただきました。」

飛:そうでしたか~。土地探しや資金計画から始められたということですね?
生:「ええ。ここはみどりの駅から近く、もうすぐ学校もできるということで、O様もずっとこの辺りで探されていたんです。」

飛:理想的な土地との出会いができて、良かったですね!
ところで、特に外観にこだわりを感じられるのですが...?

生:「仰るとおりです。
今回はもう、外観ありきで始まったという感じです。"和モダン"がテーマになっています。」

飛:やっぱり!
屋根の感じやカラーリングからして、和風な雰囲気ですものね。
それでは、室内でこだわった部分はどういった部分だったのでしょうか?

生:「そうですね、1階のデザイン性の高い床柱あたりでしょうか。
それから、和室には収納を設けず、床の間にしてピアノを置くという風に最初から決めていらっしゃいました。」

飛:確かに、あのスペースは印象に残っています。
全体的にシンプルですが、1階と2階主寝室のエコカラットなど、部分的にアクセントがつけられていますよね。

生:「ええ。消湿効果などの機能面はもちろんですが、やはり雰囲気づくりに効果的ですので。
最近では特に人気が高まっているようですね。」

飛:なるほど~。
生:「個人的には、北側道路なのでそちら側が寂しくならないよう気を使いました。
和モダンというイメージにも合うよう、丸窓を用いるなどの工夫をしました。」

飛:確かに!あれ一つで動きが出ますよね。
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

フォトギャラリー

160124_11.jpg

玄関を入ると、まず目に留まるのがこのニッチ☆おしゃれですね

160124_12.jpg

人気のリビング階段には、扉もつけて冷暖房対策もバッチリ!

160124_13.jpg

美しいオフホワイトのガス台に目が釘付け♡お料理が楽しくなりますね!!

160124_14.jpg

お子さまのお部屋にも、ひとつずつ充実の収納を設置♪

160124_15.jpg

2階の主寝室にはエコカラット!除湿や空気を綺麗にしてくれる優れものです

160124_16.jpg

外観のアクセントである丸窓には、施主様のこだわりが詰まっています☆

<取材を終えて>

息子さんが体調を崩してしまい、O様は取材に来られないと聞いていたこの日。
ところが「元気になったから。」と、途中から会場まで来てくださったのです♪
担当の生頭さんも、プライベートな相談に乗ってもらうなど公私共に仲良しということで、和やかな雰囲気の中お話を伺うことができました。
年内最後の見学会は沢山のお客さまで賑わい、完成したばかりの和モダンなO様邸を、皆さん熱心に見学されていました!

間取りを決めるのに大変苦労したという奥さまでしたが、生頭さん曰く「O様ご夫妻は自己主張ばかりするようなことはなかったですね。 お互いが妥協点を探して、一緒に決めていくという感じでした。」と振り返ります。
ちなみに、ご主人さまは鹿島アントラーズの大ファンで、チームの練習場が近くにあることもこの土地を選んだ理由の一つなのだとか☆
さらには、水回りや内装についても、チームのスポンサーである"LIXIL"ブランドで統一(笑)。
O様ご夫妻の、そんな家づくりにまつわる楽しいエピソードも、いろいろ伺うことができました。

奥さまのお話では、やはり他の工務店やハウスメーカーさんもいろいろ廻ってみたそうです。
それでもアルルホームズさんに決めたのは「営業スタッフ、特に担当の生頭さんの印象が良かったから。」だそうで、今後の長いお付き合いを考えた時、ここなら安心だと思えたといいます。
また職人さんたちの対応も素晴らしく、話しやすいだけでなく、聞けば何でも答えてくれたおかげで不安を感じることがなかったそうです。
大事に住んでいきたいと思っています。」最後に、そんなコメントを残してくださいました。

奥さまの言葉の中で印象的だったのが"契約者とスタッフという枠を超えて、信頼関係を築くことができました"というひとこと。
家族の暮らしに大きく関わる『住まいづくり』を任せるというのは、大変な決意が要ることです。
「今後はパッシブデザイン※住宅にも力を入れていきたいと思っています!」と生頭さん。
多くの人が抱く、夢のマイホーム計画を実現させるため、日々の情報収集や勉強に余念がないようです。
こういった姿勢が、より良い関係づくりにつながっていくのでしょうね☆

※パッシブデザイン:太陽光や風力など、自然エネルギーを生かして快適な暮らしを設計すること

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する