BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの『竣工お引き渡し』に立ち会わせていただきました

20140312bino01.jpg

(すっかり打ち解けて笑顔の皆さん、終始和やかな雰囲気でした)

20140312bino02.jpg

『初めて訪れる「WAVE」に、いやが上にも期待が高まります!』

色といい、形といい"シンプルモダン"という表現がピッタリくる外観です。
ウッドデッキが、モノトーンの配色の良いアクセントになっていました。
シャープな印象の片流れの屋根も、さり気なく個性を発揮しています。

20140312bino03.jpg

『外観とのコントラストが新鮮!白がベースカラーの室内』

外壁の色に合わせた、ダーク系のコーディネートを予想していたのですが...
玄関ドアを開けると、床以外は白で統一されていました。
全てゴールドで揃えられたハンドル類も素敵!
メリハリが効いていてとてもお洒落です。

20140312bino04.jpg

『"WAVE"ならではのボーナス空間が嬉しい』

入って右奥に位置するホビールーム。
スキップフロアのお家だからこそ生まれる、自由空間です。
少し低めの天井は、ゆったりとした落ち着きと、非日常感を与えてくれますね。

20140312bino05.jpg

『1階のメインルームは壁紙の色で遊んで個性を演出』

突き当たりのお部屋の引き戸を開けた途端、「すごい!」っと声を上げてしまいました。
床と天井を除いて、壁紙は鮮やかなブルー。
白い天井を見上げれば、青い空に浮かんでいるような気分を味わえます。

20140312bino06.jpg

『パイン材の階段の感触を楽しみながらいよいよ2階へ』

優しい足触りが魅力的な、パイン材の階段を踏みしめながら階上へ上がります。
木のぬくもりを感じたくて、思わず裸足になりたくなってしまいますね。
シンプルな壁照明も、建物の雰囲気によく合っていました!

20140312bino07.jpg

『白い壁や天井は、開放感だけでなく明るさも感じさせてくれます』

柱や梁のナチュラルな素材感を活かしてくれる色は、やはり白なのですね。
色みを揃えたシーリングファンや照明のおかげでスッキリとした印象の室内は、高い天井がより高く感じられます。

20140312bino08.jpg

『遊んだり勉強をしたり...可愛いお子様の姿をいつでも眺められます』

こちらは、キッチンからスキップフロア上の眺め。
お料理をしながら、正面のLDにいる家族との会話を楽しめるだけではありません!
フリースペースをお子様のコーナーにすれば、いつでもコミュニケーションを取ることができます。

20140312bino09.jpg

『温かな印象を与えるウッド調のパネルがキッチンの主役』

色数を抑え、天然木のぬくもりが活きた室内に、すんなりと溶け込むシステムキッチン。
お洒落でありながら、十分な収納と高い機能を備えているところが嬉しいですね。
カウンターの後ろ側も広く、作業効率が上がりそうです!

☆Nさんご夫妻にお話を伺いました☆

20140312bino10.jpg

(お引き渡し作業を終え、ホッとした表情のお二人)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、お二人と伊勢喜屋工務店さんとの出会いから教えていただけますか?
ご主人様:「実は、最初ここではなく別の土地の購入を検討していて...その不動産屋さんに紹介された工務店さんだったんです。その日のうちにモデルハウスを見に行きました。」
奥様:「思い描いていた家は、もう少し違ったイメージだったんです。
でも、すぐに「こっちの方がいい!」って...早かった(笑)。」

飛:どんなイメージをお持ちだったのですか?
奥様:「もう、絵に描いたようなカントリー調の輸入住宅ですね。
でも、展示場に見に行ったら何だか違うような気がして。こちらは即決でしたから。」

飛:やはり、実際に見比べてみたことが良かったのですね!
お気に入りの場所は、奥様が1階の空色の壁紙のお部屋でご主人様はウッドデッキと伺いましたが...お引っ越しされたら先ず最初にどこで何をしたいですか?

ご主人様:「ウッドデッキをアウトドアリビングにして、食事を楽しんだりしたいですね。
あとは、自分の落ち着くスペースを探したいです(笑)。」

飛:縄張りみたいなものでしょうか(笑)。
奥様はどうですか?

奥様:「私は、子供たちの遊ぶスペースを考えたいですね。
この前来た時も、とても喜んでいたんです!」

飛:そうでしょうね~。これから本当に楽しみですね!!
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

フォトギャラリー

20140312bino11.jpg

奥様より真剣?!
IHクッキングヒーターのレクチャーを受けるお二人♪

20140312bino12.jpg

周囲を緑に囲まれた建物は、
室内に居ながら森林浴をしているかのような気分

20140312bino13.jpg

白い天井と空色の壁紙のコントラストが本当に素敵でした!

20140312bino14.jpg

キャンペーンのオプション"ルームドライヤー"
この他食洗機や浴室乾燥機も!

20140312bino15.jpg

真っ白なシャッターもアクセント!
もう一つの自由空間"アウトサイドストッカー"

20140312bino16.jpg

奥様お気に入りの壁紙が貼られた、1階のお部屋で記念撮影です♡

20140312bino17.jpg

ご主人様は、
この眺望抜群のウッドデッキが一番お好きなのだそうです♪

取材を終えて

とっても気さくで、インタビュー中も沢山のお話を聞かせてくださったNさんご夫妻。
「予算の関係で叶わなかった部分もあったけれど、本当に大満足です!!」
奥様が、そう笑顔で仰っていたのがとても印象的でした。
「土地も建物も決めるのが早かったよね」と、伊勢喜屋工務店の宮本代表が笑いながらお話しされていましたが...それもまた出逢いなのでしょうね!
"心から家づくりを楽しんだ"という満足感が、会話の中から伝わってくるようでした。

そして、出逢いにまつわる驚きのエピソードが。
Nさんご夫妻が最初に購入を考えていた土地は、再検討の結果、やめて現在の場所に買うことになった訳ですが...。
なんと、後になってご主人様の妹さんご夫妻がその土地を購入されたのだそうです!
さらに、その土地に選んだ建物がNさんご夫妻と同じ伊勢喜屋工務店さんの『WAVE』だというのですから、判明した時はご家族もスタッフの皆さんも大騒ぎ(笑)。
兄妹で、それぞれ建築中のマイホームについてお話をされていた際にわかったそうですが、こんな偶然って本当にあるのですね!

土地や工務店さんとの出逢いは偶然でしたが、皆さんを惹き付けた『WAVE』の魅力はまさに本物と言えるのではないでしょうか?
妹さんご夫妻の『WAVE』が完成する日がとっても待ち遠しいですね!!

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
事務所営業時間 10:00 ~17:00
定休日 水曜日・第二第四火曜日定休(※平日は予約のみ)
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.bino-tsukuba.jp/

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの「期間限定モデルハウス」におじゃましました

0204bino01.jpg

(ファッションセンスも抜群のインテリアコーディネーター狩谷さん)

0204bino02.jpg

『ドアを開けた途端"LOAFER"の世界観に惹き込まれます』

こちらの建物は、施主様のご厚意でお借りすることができたもので、期間限定のモデルハウスとしてオープン!
30代のご夫婦と、3歳のお嬢様の三人で暮らすお家をコンセプトにコーディネートされているのだそうです

0204bino03.jpg

『シックな色使いと重厚感のあるインテリアで落ち着いた印象』

玄関を入ってすぐのリビングスペースは、ダークトーンの家具をコーディネートすることで落ち着きのある雰囲気を演出
この季節にピッタリの、温かみのあるファブリックが好相性ですね

0204bino04.jpg

『リビングとキッチンを繋ぐダイニングはシンプルに』

変わってこちらはダイニングスペース
リビングよりも少し色数やアイテムを抑えた、スッキリとシンプルな設えが素敵です
点数を減らした分、ひとつずつのデザイン性の高さが際立ちます

0204bino05.jpg

『ブルーの壁紙にナチュラルカントリー調のインテリアが映えます』

こちらは結婚後退職し、子育てをしながら"インテリアコーディネーター"の資格取得を目指すママをイメージしたキッチン
優しい木の素材感が活きたコーディネートは、お料理をしない時でもカウンターに立ちたくなってしまうセンスの良さ!

0204bino06.jpg

『淡いグリーンの壁紙と柔らかく差し込む陽射しが心地良い主寝室』

デザイン性の高いアイアン製のベッドがお部屋の雰囲気にピッタリと合っています
奥にはアンティーク調のサイドテーブルと椅子のみが置かれ、ミニマムでいて洗練されたお部屋が完成していました

0204bino07.jpg

『無骨な雰囲気も魅力的なパパのプライベートルーム』

イメージは、広告代理店に勤務している、旅とカメラがご趣味というパパのお部屋
木×アイアンの組み合わせは、このように男らしさだけでなく、スタイリッシュな空気感も演出できるのですね!

0204bino08.jpg

『可愛らしいアイテムと色使いが魅力的なお嬢様のお部屋』

3歳の女の子のお部屋をイメージしたパステルカラーの室内には、白やピンクなどの優しい色使いのインテリアがピッタリ
インテリアコーディネーターのお勉強をされているママのセンスが光ります

0204bino09.jpg

『子供部屋の奥に素敵な小部屋を発見』

白×パステルピンクの子供部屋の奥には、白一色でまとめられた天窓付きの小部屋がありました
低めの天井は少し隠れ家のような雰囲気で、大人には落ち着きを、そして小さいお子様にはワクワク感を与えてくれそうですね!

☆インテリアコーディネーターの狩谷さんにお話を伺いました☆

0204bino10.jpg

(笑顔がとっても素敵な狩谷さん、色々相談に乗って欲しくなってしまいます!)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に『LOAFER』というモデルについて、そして今回のモデルハウスの見どころを教えて下さい。
狩谷さん:「『LOAFER』は、これからの時代を見据えた"ローコストエコハウス"をコンセプトとしています。12kw以上の太陽光パネルを積載することができ、家自体の価格も抑えることで好みのアイテムやデバイスを加えて自由に楽しむことができます。今回のモデルハウスでは、そんなコンセプトを体現するためのインテリアコーディネートを心がけました。」

飛   :30代のご夫婦とお子様の3人家族という想定でコーディネートされたと伺っています。
狩谷さん:「ええ。趣味の多い旦那様のお部屋は少し無骨で男性らしさを演出し、可愛らしい子供部屋やフェミニンなキッチンコーナーに奥様のセンスの良さを表現してみました。それぞれの個性が、ぶつかることなく巧く融合し引き立て合うよう工夫しました。」

飛   :様々なテイストに対応できるというところも、『LOAFER』の強みということでしょうか?
狩谷さん:「そうですね。構造が非常にシンプルな分、ジャンクだったり、シンプルモダンな雰囲気だったりと、テイストが固定されることなく自由にアレンジすることができますね。」

飛   :なるほど。それでは最後に、狩谷さんオススメの楽しみ方を教えて下さい。
狩谷さん:「『LOAFER』はもともと広く見せる作りになっていますが、このように(※下の写真参照)吹き抜けの高さを活かしたディスプレイはいかがでしょうか。それから、壁に好きにペイントしてみたり、棚を設置してみるのもオススメですね。」

飛   :それはとても楽しそうですね!!今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

フォトギャラリー

0204bino11.jpg

狩谷さんもおすすめという、開放感溢れる吹き抜けを活かしたコーディネート

0204bino12.jpg

キッチン裏は可愛らしく、ダイニングからリビングへとイメージを変えてメリハリを

0204bino13.jpg

勾配天井からの眺めはいかが?使い道を考えるのも楽しいロフトスペース

0204bino14.jpg

成長に合わせてインテリアを変えたり、小屋裏を書斎やホームシアターとして使っても

0204bino15.jpg

無駄を削ぎ落したエコデザインは、住む人の個性で幾通りにも楽しむことができますね

0204bino16.jpg

『LOAFER』のコンセプトを伝えてくれるメッセージボードもお洒落です☆

取材を終えて

"建ててからが面白い"そんな魅力的なキャッチコピーが印象的な『LOAFER』。
実際に建てられたお客様の中には、ご自身で壁紙を貼ったり、色を塗ったり、好みの位置にフックやラックを設置したりしてアレンジを楽しまれている方も多いのだそうです。

今回、インテリアコーディネーターである狩谷さんのセンスと技術が活きたモデルハウスにお邪魔したことで、またこの建物の新たな一面を見ることができました。
その時の自分の気分や、家族構成に合わせて"ちょうどいい暮らし"が叶う、アレンジ自在の箱。
さらに、個人的に非常に興味深かったのが"エネルギーの自給自足を目指す"地球に優しいこの建物が増えることが、未来の環境保護に繋がっていくというお話。
家を建て、そこに住まうことで地球環境の保護に貢献できるなんて素敵ですよね。

暮らすほどに愛着と幸福感が増していくという『LOAFER』
このお家を選ばれるご家族は、この自由な空間をどんな風に創り上げていくのでしょう?
そして、皆さんでしたらどう楽しみますか?
果てしなく想像が膨らむ、期間限定モデルハウスにぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
営業時間 10:00 ~17:00
定休日 水曜日・第二第四火曜日定休(※平日は予約のみ)
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com/

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの『竣工お引き渡し』に立ち会わせていただきました

1221bino01.jpg

(冬晴れの青い空と、個性的な『LOAFER』が絶妙にマッチしていました!)

1221bino02.jpg

『真っ白い外壁とナチュラルな木目調ドアの相性は抜群ですね』

実は、左隣りには以前取材させていただいた「ALLen」が建っています
可愛い子山羊の鳴き声に耳を傾けつつ、初めて拝見する「LOAFER」に期待が高まります!
玄関前には、広々として使い勝手の良さそうなウッドデッキがありました

1221bino03.jpg

『ドアを開けると、広めの明るい玄関ホールが現れます』

上下に設置された玄関収納をはじめ、室内はナチュラルベージュと無垢材で統一されていました
来客があれば、お部屋のどこにいてもすぐに迎えに出ることができる間取り
正面の階段からは、今にも可愛い姉妹が駆け下りてきてくれそうです!

1221bino04.jpg

『リビングダイニングからのキッチンの眺望は??』

下のお嬢様を抱っこしたまま、キッチンの方を見つめるパパ
とってもハンサムなお施主様なのですが...控え目でお顔を見せていただけないのが残念!
カウンターキッチンは、調理中のママやお手伝いに立つお嬢様とも会話を楽しめるところが良いですよね

1221bino05.jpg

『オフホワイトのシステムキッチンにパステルカラーの壁紙が素敵』

淡いブルーグリーンに小花柄の壁紙がとっても優しい雰囲気
ピンクではなく、清潔感溢れるブルーがベースというのもポイントですね
二人の女の子のママらしい、こだわりを感じられるキッチンスペースでした

1221bino06.jpg

『左側は収納、右側には食品ストッカーを完備』

ご家族が四人もいれば、必然的に荷物も食材も多くなります
キッチンとリビングの間に設置された2箇所の収納は、忙しいパパやママをしっかりとサポートしてくれそうです!!
無垢の扉もお部屋の雰囲気にマッチしていました

1221bino07.jpg

『パイン材×オフホワイトの室内には一箇所アクセントをプラス』

一階のお部屋の壁紙には、一枚だけパステルグリーンをチョイス
シンプルな室内の中にあって、一点とても効果的なアクセントになりますね
キッチンと同様、こちらも奥様のアイデアなのだそうです

1221bino08.jpg

『2階の踊り場は家族みんなのフリースペース』

家中どこにいても家族の声が聞こえ、気配を感じられる吹き抜け
階段を上がると現れるフリースペースでは、階下の家族を眺めながらゆっくり趣味の時間を過ごしたり、お子様との時間を満喫できそうですね

1221bino09.jpg

『各お部屋の随所にこだわりとセンスを感じることができます』

奥の小部屋にはグリーン、そして主寝室にはピンクの壁紙をコーディネート
ひと続きのお部屋に奥行きと広がりが生まれるだけでなく、こういった工夫により個性やセンスを発揮することができるのですね!

☆Kさんにお話を伺いました☆

1221bino10.jpg

(ブラックのファンがお洒落!開放的な吹き抜けを見上げつつのインタビュー)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、伊勢喜屋工務店さんとの出逢いから教えていただけますか?
Kさん :「長閑なところで生活したいって思っていて、土地探しから始めたんです。伊勢喜屋工務店さんがBinoシリーズ(※前出の『ALLen』はこのシリーズ)を扱っていることを知り、資料請求をしてモデルハウスも見学しましたが、実は建物より先にこの土地を気に入ってしまったんです(笑)。」

飛  :そうでしたか~。わかります、本当に良い場所ですものね!それで、最終的には『LOAFER』にされたのですね?
Kさん :「ええ。FREEQHOMESシリーズも気になっていたら、そのタイミングで伊勢喜屋工務店さんが取り扱いを始めて下さって。」

飛  :伊勢喜屋工務店さんに行き着く運命だったのかもしれませんね(笑)。ところで、ご夫婦それぞれどういった所にこだわられたのでしょうか?
Kさん :「妻が"パステルカラーの壁紙にしたい"って言うので、色は好きに選んでもらいました。」

飛  :そう壁紙、とても素敵ですよね!さり気なくセンスが感じられて、でも個性も演出できて。では、ご主人様は?
Kさん :「まだこれからですが、リビングダイニングです。最初は全部やってもらうつもりが、途中で"床も壁も自分でやろう!"と思い立って。」

飛  :それはすごい!!でも、まさに『オリジナルのお部屋』が完成しますものね♪
Kさん :「引っ越してからのDIYと、庭づくりがこれからの楽しみなんです。」

飛  :それは素敵ですね!!今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

フォトギャラリー

1221bino11.jpg

遠くからでも近くからでもインパクト大☆の斜め屋根

1221bino12.jpg

旦那様の手で、これから少しずつ仕上げていくという1階のリビングダイニングの壁

1221bino13.jpg

シンプルなキッチンだからこそ、この壁紙が映えるのでしょうね♪

1221bino14.jpg

スッキリとしたデザインと、ホワイト一色でまとめられた洗面コーナーは清潔感満点です

1221bino15.jpg

さり気なく取り入れられたアイアン使いがとってもお洒落で効果的でした!

1221bino16.jpg

お手洗いももちろん♪白×パステルのコンビが採用されていました

1221bino17.jpg

階段上にアンティーク調のランプを発見!素敵なアクセントになりますね

取材を終えて

以前取材させていただいた、「山羊を飼いたい」と仰っていたお家のすぐお隣だったこともあり、勝手に親近感を覚えつつ伺った今回の『LOAFER』。
けれど周囲の風景や手がけた工務店さんは同じでも、別のモデルだったせいかとても新鮮な印象を受けました。

"平屋+αのエコハウス"というキャッチコピーそのままの、シンプルでナチュラルな住まいは、K様のような若い世代のご家族に本当にピッタリだと感じました!
インタビュー中でも仰っていたとおり、床や壁を自分で仕上げたり、キッチンカウンターの周りや室内にも自由に棚をつけるなどのアレンジが可能なのだそうです。

土地と合わせて、住まうご家族の好みやご要望に応じながら、様々なモデルを提案できるというところも伊勢喜屋工務店さんの強みなのだと実感しました。
K様にお会いする前に、担当の藤崎さんに印象を伺ってみたところ...
「若いのにとてもしっかりされていて、これまでのどのお客様よりご質問も多く、沢山メールでやり取りをしました。」というコメントが返ってきました。
その全てに応え、ご家族の希望を叶えて差し上げたからこそ、この日を迎えることができたということですよね!!

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
営業時間 10:00 ~17:00
定休日 水曜日・第二第四火曜日定休(※平日は予約のみ)
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com/

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの人気モデル『ALLen』の完成見学会に行って来ました

施主様とご両親、スタッフの皆さんで記念撮影です!

(施主様とご両親、スタッフの皆さんで記念撮影です!)

クラシックな切妻屋根にブラウン×ホワイトの色使いが映えます

『クラシックな切妻屋根にブラウン×ホワイトの色使いが映えます』

沢山の住宅が建ち並ぶ中でも、一際目を引くお洒落な「Allen」。
午後の穏やかな日差しを浴びて、より一層存在感を増しているように見えます。
大きく張り出したウッドデッキが、アクセントとしても一役買っていました!

真っ白いドアから差し込む光が玄関を優しく照らします

『真っ白いドアから差し込む光が玄関を優しく照らします』

美しいカーブを描くハンドルがぴったりとマッチしたオフホワイトの玄関ドア。
シューズボックスや収納も、しっくりと馴染むナチュラルな色をセレクトしたことで、とても柔らかい雰囲気に仕上がっていました。

パイン材のぬくもりを存分に楽しめる床や建具

『パイン材のぬくもりを存分に楽しめる床や建具』

開け閉めするのが楽しみになってしまいそう!
時間が経つ毎にその味わいを増す、天然木をふんだんに使用したクローゼットや、収納を完備した1階のお部屋。こちらはご主人様のお仕事部屋として使われるのだそうです。

スキップフロアの魅力を感じさせるリビングダイニングからの眺め

『スキップフロアの魅力を感じさせるリビングダイニングからの眺め』

広めのインサイドストッカーと洗面・浴室コーナーや、ご主人様のお仕事部屋のある1階を抜けいよいよ2階へ!階段を上がって振り返れば、リビングダイニングの向こうに開放感溢れるスキップフロアが現れます。

美しい木肌を楽しめる勾配屋根と低めの小窓の名コンビ

『美しい木肌を楽しめる勾配屋根と低めの小窓の名コンビ』

斜め屋根は秘密基地のような、屋根裏部屋のような、ちょっと特別な雰囲気を演出してくれますよね。そこに合わせた低めの窓にはとてもお洒落な木のレールとカーテン。
1階のお部屋から全て同じセットで統一されているところが流石です!

室内にいながら、まるで森林浴をしているかのようです

『室内にいながら、まるで森林浴をしているかのようです』

こちらはキッチンから見たリビングダイニング~天井の眺めです。 レースのカーテン越しに届く陽射しのおかげでほの温かい室内はとても心地良く、自然な木の姿はいつまでも見飽きることがありません。

今にも子供たちの笑い声が聞こえてきそうなキッチン

『今にも子供たちの笑い声が聞こえてきそうなキッチン』

「まだ遠い話だけれど、家庭菜園の無農薬野菜を使って、子供向けの料理教室を開きたいんです。」そうお話してくださった奥様。とっても素敵!きっといつかこのキッチンで、沢山の子供達の笑顔が見られる日が来ますよね。

外壁やパウダールームと色みを合わせたシックなシステムキッチン

『外壁やパウダールームと色みを合わせたシックなシステムキッチン』

「家の外観や洗面台と統一したかったんです。」と、ここにも女性ならではのこだわりが。ダークブラウンのシステムキッチンは、床や天井のナチュラルな雰囲気の中にあって、一点ピリッと締まるアクセントになりますね。

☆Yさんご夫妻にお話を伺いました☆

Yさんご夫妻にお話を伺いました

(お気に入りのデッキにて、プレゼントされたオリジナルじょうろ&スコップを手にパチリ)

スタッフ飛澤(以下飛):お二人と、伊勢喜屋工務店さんとの出逢いから教えていただけますか?
ご主人様:「情報誌で見かけて、神奈川で開催されていた見学会に行ったのが最初です。そこでAllenを勧めていただいて、茨城県で建てるなら『伊勢喜屋工務店さん』ということで。」

飛  :そうでしたか。
最終的な決め手は宮本代表のお人柄だったと伺っています。

ご主人様:「ええ。注文住宅も良いけれどコストがかかるし、私たちの望みを叶えられる住まいがAllenであれば実現できると、想いを込めて説明して下さったんです。」
奥様  :「神奈川の見学会でもAllenを勧めていただいていましたし、この木のぬくもりがとても魅力的だったんです。それから、キャンペーンで沢山のプレゼントも当たって...」

飛  :プレゼントですか?
奥様  :「そうなんです。食洗機にシーリングファンに浴室乾燥機に洗濯ポール、それからルームドライヤーとルームシアターも!家事がとっても楽になる上に、空いた時間も色々楽しめそうです。」

飛  :それはすごい!本当に嬉しいプレゼントですね~。
それでは最後に、お引越しをされたらまず最初に何をしたいですか?

ご主人様:「私は、ウッドデッキでのんびりビールを飲みたいですね。そう、あの物干し台(※上のお写真参照)は無理を言って特別に作っていただいたものなんですよ!」
奥様  :「私はホームセンターで買ってくればいいって思っていたんですけど(笑)全然違いますよね。こういった細かな要望にも応えて下さるところはそうないと思います。」

飛  :確かに、とっても素敵です!私も初めて見ました。
では、奥様はいかがですか?

奥様:「やっぱりお料理がしたいですね。以前仕事にしていたこともありますので。あと、お庭で家庭菜園をやりたいと思っています。」

飛  :それは楽しみですね!!
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました。

フォトギャラリー

工務のスタッフさんに笑顔でお礼のプレゼントを渡す奥様

工務のスタッフさんに笑顔でお礼のプレゼントを渡す奥様

「沢山わがまま言ってしまってすみません!」設計士さんも思わず笑顔♪

「沢山わがまま言ってしまってすみません!」設計士さんも思わず笑顔♪

宮本代表とも笑顔でご挨拶です!「これからもずっとよろしくお願いします。」

宮本代表とも笑顔でご挨拶です!「これからもずっとよろしくお願いします。」

キャンペーンで奥様が当てられたというファンも見守っていましたよ~

キャンペーンで奥様が当てられたというファンも見守っていましたよ~

なんとこちらの食洗機も当たったのだそうで...羨ましい!の一言です

なんとこちらの食洗機も当たったのだそうで...羨ましい!の一言です

そしてまさかの第三弾!こちらは洗濯物を干すための室内ポールと浴室乾燥機

そしてまさかの第三弾!こちらは洗濯物を干すための室内ポールと浴室乾燥機

なんとこちらの食洗機も当たったのだそうで...羨ましい!の一言です

まだまだ続きます...ルームドライヤー(ルームシアターも後日届くのだとか!)...参りました

取材を終えて

スタッフの皆さんをはじめ、奥様のご両親もお揃いで、とっても和やかな雰囲気の中で取材撮影をさせていただきました。
ご夫妻のイメージそのままの、穏やかでいて落ち着いた印象のお住まいには、お二人のこだわりがさり気なく光っています。

さらに、とっても幸運をお持ちの奥様が当てられたというプレゼントの数々...新しい生活に、沢山の喜びや楽しみをもたらしてくれそうですね!
「もちろん、伊勢喜屋工務店さんにはしっかりとした基礎やアフターフォローなどを通して『安心感』も与えていただいています。」とお二人。神奈川にお住まいだったご夫妻に途中こまめに工程写真を送ってくださったり、様々な気遣いをしてくださったそうです。

そして、これは私だけが知っているエピソードなのですが...。
Y様邸からの帰り道、偶然ご近所の奥様とお話をする機会に恵まれました。
「あのお家とっても素敵だなって、建てている途中からずっと気になって見ていたのよ。」
そう仰っていました。
「室内もすごく良い雰囲気なんですよ!」私がお伝えすると「そうでしょうね~。」っと、しみじみお家を眺めていらっしゃいました。
その魅力的な建物は、早くもご近所の皆様の注目の的となっているようです♪

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
事務所営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日・第二第四火曜日定休(※平日は予約のみ)
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com/

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの
人気モデル『ALLen』の完成見学会に行って来ました

1004isekiya01.jpg

『風見鶏ならぬ、
風見山羊がシンボルのALLen』

よーく見ると、鶏ではなくて山羊!
初めて目にした風見 "山羊" は、奥様の想い入れたっぷりの特別オーダー品。
きっと誰もが足を止めて、その愛くるしい姿に見入ってしまいますよね。

1004isekiya02.jpg

『豊かな田園風景に囲まれた、
自然との共存を叶える住まい』

抜けるような初秋の空。
穏やかになった陽射しと心地良い風を受けて、風見山羊がくるくると嬉しそうに回ります。
最寄り駅まで車で10分と至近でありながら、周囲を緑に囲まれ目の前は畑という好環境。

1004isekiya03.jpg

『早速発見!空間を最大限に活かすスキップフロア』

玄関を抜けるとすぐに現れる、短い階段。
降りて行ってドアを開ければ、収納も完備された "インサイドストッカー" が現れます。
階層をずらすことで空間を生み出し、より広くより快適な居住空間を創り出すことができるのですね。

1004isekiya04.jpg

『居住空間としての十分なクオリティを備えたインサイドストッカー』

ALLenでは "インサイドストッカー" と呼ばれるこちらの空間、さらに右奥には "アウトドアストッカー" が続きます。
このお部屋に、奥様は沢山所有されているというお気に入りの本を並べ、旦那様は趣味であるドラムやギターを置いて演奏を楽しむのだとか。

1004isekiya05.jpg

『パイン材のナチュラルな表情が美しい室内』

1階の床や収納をはじめ、2階の天井~床や階段、ストックの扉まで...
全てに良質なパイン材を使用。
時間の経過とともにその味わいと風格を増し、飴色に変化していくというのですから楽しみです!

1004isekiya06.jpg

『フロア中を見渡すことができるカウンターキッチン』

シンク周りのみがオープンになっているので、油はねやにおいなどを気にすることなくお料理ができますね!
キッチンに立てば、正面にはリビングダイニング、すぐ右手にはスキップフロア上の洋室まで目が届くようになっています。

1004isekiya07.jpg

『家中どの窓を開けても鮮やかな緑と田園風景を眺めることができます』

ダイニングの大開口をはじめとして、お部屋というお部屋に大きな窓が設置されています。
一年を通して、移り変わる風景や空気を感じ、楽しむことができますね。
周囲の建物からの距離も程好くあるので、視線を気にせず窓を全開にできそうです。

1004isekiya08.jpg

『勾配のある屋根と天窓が印象的な寝室』

天然木の高い天井と天窓は、窓からの風景も相まって山小屋を彷彿とさせます。
一面だけに色を施した壁と、二本渡した梁も素敵なアクセントになっていますよね。
毎朝、明るい日差しとヤギさんの鳴き声で起床なんて、ちょっと羨ましいです。

1004isekiya09.jpg

『階段を中心にして部屋が繋がる間取り』

昇りきれば正面にキッチンとリビングダイニング。
背後にはオープンスペースになった洋室と、扉を隔てて寝室があります。
自然に家族が顔を合わせられる間取りは、豊かなコミュニケーションの時間を生み出してくれますね。

☆Nさんご夫妻にお話を伺いました☆

すっかり打ち解けた様子のスタッフの皆さんとTさんご夫婦、話題が尽きません

(すっかり打ち解けた様子のスタッフの皆さんとTさん
ご夫婦、話題が尽きません)

スタッフ飛澤(以下飛):お二人と、伊勢喜屋工務店さんの出逢いはちょっと面白いですよね。
旦那様 :「ええ。総合住宅展示場に行ったつもりが、その斜め向かいの一際個性的な "ひたち野うしくモデルハウス" の方が気になってしまって(笑)」
奥様  :「これ、面白い!って思ったんですよね。スキップフロアの家を見たのも初めてでしたし。」

飛   :なるほど、そのお気持ちわかります!しかも、お土地についてもご縁があったようですが...?
奥様 :「そうなんです。私がとにかく山羊を飼いたくて、ぴったりの環境を探していたんです。しかも、主人の勤務地の関係で、都内まで1時間圏内という条件で。」
旦那様:「もともと自然の多い場所が好きだったので、ご提案いただいたこの土地がすぐに気に入りました。『この環境にどんな家が合うか?』そう考えた時、こちらの建物なら間違いないと思いました。」

飛   :田園風景とALLen(建物名)と山羊さん...確かにベストマッチですよね!!
では最後に、お二人それぞれがこだわられたポイントを教えていただけますか?

奥様  :「私はガラス細工が趣味なので、火を使っても安心で作業に集中できる専用スペースを設けていただきました。
それから、一番のお気に入りはやっぱり"風見山羊"(※一枚目の写真参照)!!お願いして、特別に作ってもらったんです。」

飛   :拝見しました!とても可愛らしいですよね~
それでは旦那様はいかがでしょうか?

旦那様 :「私は、山羊のために建てた家に住ませてもらう身なので。(一同大爆笑)
趣味で、ドラムとギターをやるんですよ。それでスタジオっぽいスペースがほしいと思っていました。
あとは、2階の大開口部分に設けたフォールディングウィンドウ(アコーディオンのように開くサッシ)ですね!」

飛   :まさにお二人の願いが叶えられたお家なんですね!!ありがとうございました!

フォトギャラリー

1004isekiya11.jpg

玄関で見つけたランプシェード、可愛らしい小鳥がお出迎えしてくれます♪

1004isekiya12.jpg

奥様の作業部屋に置かれた、ガラス細工が美しいセンターテーブルももちろんお手製です

1004isekiya13.jpg

珍しいアップルグリーンのシンクが素敵!キッチンにもこだわられたそうです

1004isekiya14.jpg

自然色で統一された室内に合わせ、パウダーコーナーもシンプルで洗練された雰囲気

1004isekiya15.jpg

白×パイン材のナチュラルな美しさ...階段を上がる足を止め、思わず見惚れてしまいました

1004isekiya16.jpg

なんとも長閑な風景です...今にも山羊さんの鳴き声が聞こえてきそう?!

お客様の声

「階段を上がった時のリビングの開放感、広い窓、広いデッキに完全にハマりました!」

 

「木の質感と、緑に囲まれた広い環境がうらやましいです。」

 

「無駄がなく、全てのスペースが有効に使えそうだと思いました。」

 

「ストッカーが充実していて、趣味が広がりそうですね。」

 

取材を終えて

「私、この家で山羊を飼いたいんです。」お会いしてすぐの奥様のコメントに、なんてぴったりのロケーションと建物なのだろうと、感動してしまったのを覚えています。
牧場でお仕事をされた経験があり、その際に触れた山羊の愛らしさに惹かれ、いつか手元に置いて暮らしたいとずっと願っていたそうです。
また、長いPC仕事の間でもご夫婦の繋がりを感じられる2階部分の間取りや、ガラス細工のご趣味(職人さんの腕前では?)を満喫できる作業部屋など、沢山のご要望をお持ちだった奥様。

その想いを共有し、応えて下さった担当の藤崎さん(10枚目の写真右から二番目)をはじめスタッフの皆さんや旦那様と、とても楽しそうに思い出話をされている姿が印象的でした。まさに『みんなで作り上げた住まい』と言えるのではないでしょうか?

そして一番心に残ったのが、インタビュー中の旦那様のお言葉。
「疲れているとぶつかったり、"もういいや"っていう気持ちになってしまうこともあるんですけど...絶対に安易に決めてしまわないで、夫婦が納得するまで諦めずお互いの妥協点を見つけてほしいですね。」
お二人がどんな経緯を経てどんなお気持ちで建てた住まいか、私なりに少しだけ感じ取ることができて、このお家の居心地が良い理由がわかった気がしました。

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの『煉瓦の家』内覧・販売会に行って来ました

住むほどにその魅力が増すスペイン煉瓦の家

『住むほどにその魅力が増すスペイン煉瓦の家』

大通りから少し入るため、辺りはとても穏やかで静かな時間が流れます。
ゆったりと家が建ち並ぶ住宅街の中でも、ひときわ目を引く美しい平屋の建物。
アーチ型の玄関を前に、気持ちが弾みます。

アンティーク風ポストや真っ白い柵...外構はまるで外国のお家のよう

『アンティーク風ポストや真っ白い柵...外構はまるで外国のお家のよう』

こちらも必見!
その家の印象を大きく左右するエクステリアだって、この通り。
煉瓦と白壁のコントラストがお洒落な塀や、デザイン性の高いポスト・門灯からもこだわりが感じられます。

洗練された玄関に立てば、室内への期待は大きくなるばかり

『洗練された玄関に立てば、室内への期待は大きくなるばかり』

個性的でいてリッチな印象の壁紙に、ピッタリと調度品がマッチした玄関コーナー。
入った瞬間に、部屋の奥がどんなに素敵か、ついあれこれと想像してしまいます。
シューズクロークのハンドルもまた格好良いですよね。

午後の穏やかな日差しがよく合う、寛ぎのリビング

『午後の穏やかな日差しがよく合う、寛ぎのリビング』

ゆったりとして座りやすそうなソファとふかふかのセンターラグ。
テレビボードやセンターテーブルも木で統一され、ナチュラルな雰囲気のコーナーを演出。
前面は玄関アプローチのため、風や景色を遮るものがありません。

ダイニングからプライベートルームまでひと続きの開放的な間取り

『ダイニングからプライベートルームまでひと続きの開放的な間取り』

ダイニングから寝室までが一直線につながり、室内がより広く感じます。
家中どこにいても、常に家族の気配を感じながら時を過ごすことができるのも魅力ですね。
もちろん、扉を閉めればそれぞれのプライベートスペースに早変わり。

シックな木製の引き戸を隔てれば、しっとりとした和の空間

『シックな木製の引き戸を隔てれば、しっとりとした和の空間』

やはり、ひとつあると嬉しいのが畳敷きのお部屋ですね。
入り口正面の窓のほか、右側には掃出窓もあるため採光は十分。
ちょっと横になりたい時や、複数の来客があった時にもとても便利なスペース。

清潔感溢れる、ホワイトを基調にコーディネートされたキッチン

『清潔感溢れる、ホワイトを基調にコーディネートされたキッチン』

あえてオープンにはせず、ダイニングから少し入った場所に位置するキッチン。
匂いや視線を気にすることなく、のびのびと作業をすることができますね。
勝手口のドアはガラス格子になっていて、光も風もよく通ります。

ダイニングと奥の部屋を隔てる壁にもひと工夫

『ダイニングと奥の部屋を隔てる壁にもひと工夫』

まるでインテリアショップかカフェのような素敵な眺め。
個室とパブリックスペースを分ける壁には主張しすぎず、でもさり気ない中にもしっかりとこだわりを感じさせる装飾タイルが施してあります。

いつでも繋がっていられる、そしていつでも仕切れる寝室

『いつでも繋がっていられる、そしていつでも仕切れる寝室』

このお家のコンセプトを体現したスペースがこちら。
個を大切にしながらも、介護などが必要になった際には常にお互いを近くに感じられるような設計になっています。
家中がフルフラットなので車椅子での移動もスムーズです。

☆BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)宮本代表にお話を伺いました☆

BinOつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)宮本代表

スタッフ飛澤(以下飛):こちらの建物は、予めコンセプトを決めて建てられたお家だと伺っています。
宮本代表:「そうですね。団塊の世代と言いますか...お子さんたちが独立して、自分たちは定年を迎えて、夫婦二人で静かに過ごす家。そんなイメージで造りました。」

飛   :なるほど。だからコンパクトであってもリッチな素材感というか、外観を見ても室内を見ても重厚感があるのですね。
宮本代表:「ええ。この世代は、バイタリティーがあってこだわりが強くて...とにかくクオリティーや細部にうるさいんですよ(笑)。」

飛   :ちょっと、わかる気がします(笑)。ところで、今回はカーテンや家具はもちろん、調度品に至るまで全て購入された方にプレゼントされると聞きましたが...。
宮本代表:「そうです、今日からでも住めるようにね!
それは冗談として、やはりこんな風に家具や雑貨が設置されている方が、実際住んだ時のイメージが湧きやすいでしょう?」

飛   :仰るとおりですね。ただ、こんなに素敵なインテリア、自分では見つけたりコーディネートすることはできませんけれど。あ、でもセットでいただけるんですものね!!
宮本代表:「そうなんですよ。不要であれば、弊社で引き取ることも可能です。」

飛   :それでは最後に、このお家を建てるにあたり一番こだわった部分をお聞かせいただけますか?
宮本代表:「はい。最も見ていただきたいのは、奥の寝室ですね。誰でもいつか必ず必要になる"介護"を念頭に入れ、あえて2つの部屋を切り離さず常にお互いのもとを行き来できる造りにしました。当然バリアフリーですし、各間口も広く取ってあります。もちろん、仕切ることもできますので若いご夫婦で住まれても大丈夫ですよ。」

飛   :色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!

フォトギャラリー

明るく清潔感漂う玄関は、小窓からもドアからも優しく陽の光が入ります

明るく清潔感漂う玄関は、小窓からもドアからも優しく陽の光が入ります

センターテーブルにさりげなく置かれた調度品も、もれなくプレゼント!

センターテーブルにさりげなく置かれた調度品も、もれなくプレゼント!

和室から、少し低い目線で室内を見てみる...なんだか落ち着きますね

和室から、少し低い目線で室内を見てみる...なんだか落ち着きますね

どこを撮影しても画になる、室内のコーディネートも完璧です!

どこを撮影しても画になる、室内のコーディネートも完璧です!

ヴィンテージ・英国家具と絶妙にコーディネートされたリネン類も必見です

ヴィンテージ・英国家具と絶妙にコーディネートされたリネン類も必見です

クラシカルな茶色い煉瓦の外壁には、やっぱりグリーンが良く映えます!

クラシカルな茶色い煉瓦の外壁には、やっぱりグリーンが良く映えます!

お客様の声

「外観も素敵、室内もとても広く感じますね。」

 

「こじんまりしていて住み心地も良さそう。」

 

「廊下がなく、無駄なスペースがないところがいいです。」

 

「現在マンション住まいなので、この位が丁度良い大きさですね。」

 

取材を終えて

これまでは、どちらかと言うと『子育て真っ最中のファミリー向けの住まい』を見学させていただくことが多かったので、今回の取材はとても新鮮でした。
それと同時に「どんな風に住まうか」によって、ここまで間取りや内・外装に変化を付けられるものなのかと、またひとつ家づくりの奥深さに触れることができた気がしました。

ダイニングから続く和室や独立型のキッチンを見て、ホッとされる方もきっと多いのではないでしょうか。
そうは言っても、開放感溢れる居住空間やスタイリッシュなインテリアを見れば、子育てを終えた世代でなくとも"こんな素敵なお家に住みたい!"そう思ってしまうでしょう。
実際、取材中に見学に来られていた若いママも「こぢんまりしていて、子どもたちにいつも目が届くところが良いですね。」そう話していました。
コンパクトに住まう『シニア向けのお家』をイメージされていた宮本代表でしたが...家族の繋がりを大切に考える、若い世代の皆さんにも広く支持されていたようでした!

今回の内覧・販売会はこちらの限定一棟。年月が経つほど風合いを増すスペイン煉瓦の家で、豊かな平屋生活を楽しんでみてはいかがでしょうか?

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
事務所営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com/

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)さんの完成見学会に行って来ました

コンパクトでありながら、マンションを越える利便性と快適さを実現

『コンパクトでありながら、マンションを越える利便性と快適さを実現』

なんと茨城県では初!都心などの駅近狭小地対応タイプである『X-CREWS』というモデルなのだそうです。
その名の通り、船のクルーザーを彷彿とさせる、個性的でいて洗練された外観がとても印象的です。

ダイニングからの眺めは家中でも絶好のロケーション

『ダイニングからの眺めは家中でも絶好のロケーション』

2.5階に位置するダイニングは、スカイバルコニーから降り注ぐ日差しを浴びつつ、リビングでくつろぐ家族の姿も望める最高の場所。
これからどんなインテリアでコーディネートしていこうか...考えるのも楽しみですね!

迫力の吹き抜けは開放感も抜群

『迫力の吹き抜けは開放感も抜群』

スキップフロア構造が可能にしてくれる、どこまでも広々として開放的な天井空間。
見上げれば、力強い梁の姿を、柔らかなライトや自然光が照らしてくれています。

もう一つのベストスポットはママの優先席

『もう一つのベストスポットはママの優先席』

実は同じ空間にもう一か所、最高に心地良いスペースが!
外の景色をバックに、家族の姿を眺めながらお料理ができるキッチンなら、作業もきっとはかどりますね。

コーディネートや活用法を考えるのが楽しみなスカイバルコニー

『コーディネートや活用法を考えるのが楽しみなスカイバルコニー』

周りの目を気にすることなく、思い切りオープンスペースをフル活用したい!
晴れた日は朝食を、週末は家族やお友達とバーベキューを...もちろん、一人でゆっくり読書をしたりのんびり過ごすのも良いですね

家中に無垢材の優しさを感じながら過ごす毎日

『家中に無垢材の優しさを感じながら過ごす毎日』

大切な家族が生活する場所だから、目にも身体にも優しい空間であってほしい。
温かな天然木の質感は、裸足で歩けば心地よく、眺めれば心を安らげてくれます。
日を追うごとに出てくる味わいも、暮らす楽しみの一つになりそうです。

一日の疲れをリセットしてくれるバスルーム

『一日の疲れをリセットしてくれるバスルーム』

外壁ともマッチした、シックなブラウンがアクセントカラーのバスルーム。
洗練されて落ち着いた空間は、きっと極上のバスタイムを約束してくれますね。
洗面コーナーも、同色でコーディネートされていて素敵でした!

縦に伸びる1~1.5Fスペースはまるで船の中に居るかのよう

『縦に伸びる1~1.5Fスペースはまるで船の中に居るかのよう』

こちらは、1Fの玄関ドアを開けた正面からの眺め。
部屋の奥まで続く美しい白壁と、室内を優しく照らすダウンライトの光が、まるで本物のクルーザー内のようです。

シンプルでありながら、力強さを感じる外観

『シンプルでありながら、力強さを感じる外観』

贅沢にあしらわれた杉サイディングと、真っ白い外壁とのコントラストが見事です。
窓枠の周りをぐるりと囲ってあるのもお洒落ですね。
道行く人が、足を止めてはしばしその姿に見入るという光景も。

☆これから着工予定のKさんご夫妻にお話を伺いました☆

(お家の見学に来られたところをご協力いただきました!藤崎さんとご一緒に♪)

これから着工予定のKさんご夫妻

スタッフ飛澤(以下飛):これから伊勢喜屋工務店さんでお家を建てられるそうですね。
一番最初、どのようにしてこちらの会社を知ったのですか?

奥様 :「私がインターネットで調べた沢山の会社の中の一つで、完成見学会に参加してみたのがきっかけです。」
旦那様:「スタッフの皆さんの対応が素晴らしかったんです。営業営業していなくて、心を割って話せるというか...ほら、(奥でほほ笑む藤崎さんを刺して)あの笑顔ですよ!」
奥様 :「彼がすっかり気に入っちゃったんですよね(笑)」
旦那様:「他社では"厳しいです"って一蹴されてしまうところを、こちらでは汲んでいただくことができて。他を回れば回るほど、こちらの良さを実感してしまいましたね。」

飛  :スタッフの皆さんを含め、本当に良い出会いがあったのですね。
ところで、お二人が家づくりにおいて重視している、或いはこだわっていらしゃるのはどういったところでしょうか?

奥様 :「デザインとコストパフォーマンスのバランスです。安くても良い家に住みたいですから。こだわったのは、平屋(ロフト付き)というところです。」
旦那様:「足の悪い家族が、辛そうに階段を昇り降りするのを見ていて...平屋なら、歳をとってもずっと安心して生活できますからね。」

飛  :仰るとおり、そこはとても大切なポイントですね。
それでは、最後に新しいお家で是非やってみたいことなどがあればお聞かせください。

旦那様:「軒下がかなり大きいので、そこにウッドデッキを作ってテーブルセットを置きたいですね。目の前に広がる田園風景を眺めながら、ゆっくりお茶を飲みたいんです!」

飛  :羨ましい~それは素敵ですね!
色々お聞かせいただき、ありがとうございました!

フォトギャラリー

大きなアンダーストッカーは、収納のほか趣味のスペースとしても使えそうですね

大きなアンダーストッカーは、収納のほか趣味のスペースとしても使えそうですね

玄関を入って左手には大きなシューズクローゼット!その横には収納も完備

玄関を入って左手には大きなシューズクローゼット!その横には収納も完備

一階ベッドルームには秘密スペースへの入口が...かくれんぼにもピッタリ!?

一階ベッドルームには秘密スペースへの入口が...かくれんぼにもピッタリ!?

リビングからちょっと見上げるダイニングキッチンの眺めもなかなかです

リビングからちょっと見上げるダイニングキッチンの眺めもなかなかです

スカイバルコニーへの階段から階下を見降ろせば、素敵な空間が広がります

スカイバルコニーへの階段から階下を見降ろせば、素敵な空間が広がります

こういうちょっとしたスペースも居心地が良いのでは?と気になってしまいました

こういうちょっとしたスペースも居心地が良いのでは?と気になってしまいました

お客様の声

「無垢の床や梁が特徴的で、とても良いですね。」

 

「構造が面白い!この魅力を上手く説明できそうにないです(笑)」

 

「吹き抜けの感じが明るくて良い。」

 

「40坪とはとても思えないくらい、本当に広く感じます。」

 

取材を終えて

『駅の近くで便利に暮らしながら、リゾートのような解放感と爽快感が得られる戸建住宅』
そんなコンセプトのもと登場したこちらのモデル。マンションよりも経済面・住み心地において遙かに優れ、狭小地でも建築が可能ということで、発売以来とても人気があると伺っていました。

実は、今回見学させていただいたお家は、茨城県牛久市の住宅街の一角にあります。
そうなんです!狭小地ではありませんが、施主様はこちらの個性的且つ洗練されたデザインがすっかり気に入って、購入を決意されたのだそうです。

じっくり拝見させていただいて、私もそのお気持が手に取るように分りました。
約40坪という大きさが信じられないくらい、本当に広々としていて、開放感溢れるお家なのです。さらに、スキップフロアならではの収納・ホビースペースやスカイバルコニーなど、嬉しい仕掛けがいっぱい。

見学に訪れたお客様もすっかり魅了され...皆さん夢中で歩き回り、スタッフの方に色々質問されているようでした。
やはり体感するのが一番!また次回の完成見学会が楽しみですね!!

Binoつくば(株式会社 伊勢喜屋工務店)
所在地 茨城県牛久市ひたち野東4-2-1(MAP
事務所営業時間 10:00~17:00
定休日 水曜日
問い合わせ 0800-111-2038
ホームページ http://www.isekiya-komuten.com/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する