アルルホームズさんの構造見学会に行って来ました♪

160329_01.jpg

(スタッフの皆さんとも仲良し♪N様ファミリー)

160329_03.jpg

『前日の雨天は回復☆
絶好の見学会日和となりました』

この日は完成見学会ではなく、構造見学会。
家が完成してしまってからでは決して見ることができない、
建物の構造体をじっくりと眺めることができます!!
気になることは、専任のスタッフに質問できますよ♪

160329_11.jpg

『気になる立て看板を発見...
"地震体験車"って何でしょう?!』

通りを行き交う車からも、道行く人からも注目を浴びていたこの看板。
今回の見学会のタイトルは「冬暖かく・地震に強く・省エネな家の秘密がまるわかりになる見学会」!
その目玉として設置されたのが、この"地震体験車"☆
早速試してみましょう~。

160329_04.jpg

『施主様であるN様ファミリーが
早速体験!!』

「どれどれ~。」さすがお兄ちゃん、度胸があります!
この時点では、これからどれだけ激しい揺れに襲われるかなど
つゆ知らず...。
皆さん割りと余裕の表情で地震体験車に乗り込みます。

160329_10.jpg

『文字で見ると、それぞれの地震の規模が
リアルに伝わってきます』

お子さまたちが生まれるもっとずっと前に起きた過去の地震も再現。
あまりの激しい揺れに、皆さん必死にテーブルや手すりを掴んでこらえていました。
制振装置"MIRAIE"を設置した場合とそうでない場合の揺れ方の違いには、本当に驚いてしまいました。

160329_17.jpg

『"地震体験車"から降りたら、
いよいよ建物の中へ♪』

足場や覆いが外されていない状態の建物に入る機会はなかなかありません。
住み始めてからでは決して見られない基礎や床下、構造躯体がどうなっているのか、やっぱり気になりますよね?
外観も大切ですが、こういった中身こそしっかり見ておきたいものです。

160329_20.jpg

『まず目に留まったのは、
最強の制振装置"MIRAIE"』

玄関ドアを開けると、「N様邸を守るぞ!!」と言わんばかりに構える"MIRAIE"がお出迎え☆
家に伝わってくる地震エネルギーを効率良く吸収してくれるうえ、余震にも繰り返し効果を発揮。
大切な住まいを、しっかりと地震から守り続けてくれる頼もしい存在です!

160329_15.jpg

『逞しい柱や張り巡らされた木材は壮観です』

壁や天井板が貼られてしまえば、その殆どは見ることができなくなってしまいます。
そういった、見えない場所にどんな良材が用いられ、工夫がされているかを確認できるのが構造見学会の良い所。
自信があるからこそ、こうしてオープンにできるとも言えますね。

160329_13.jpg

『実物に触れ、体験できるのも
見学会ならでは!』

意外と気になる排水音、でも「聞こえて当然」「仕方がないもの」として諦めてしまっていました。
それが、ほとんど聞こえなくなるなんて驚きです!
自分でも手に取って実験してみましたが、その差は歴然☆
これがお家に使われるというのは羨ましい限り。

160329_06.jpg

(効果抜群の"MIRAIE"に「すごいね~」と感心しきりのN様ファミリー)

☆N様ご夫妻にお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛): まず最初に、アルルホームズさんと出会ったきっかけから教えていただけますか?
奥様:「今の住まいが、竜ヶ崎サテライトステーションの近くなんです。」
ご主人様:「以前から家がほしいと考えていて、建売なども検討していました。」

飛:それでアルルさんを訪問されたのですね?
奥様:「ええ。飛び込み同然で(笑)。」
ご主人様:「杉川さんが、本当に丁寧に対応してくださって。」

飛:なるほど(笑)。
実際の建物を見て、どんな印象を持たれましたか?

奥様:「2棟しか見ていないのですが、"ほしい!!"という気持ちが湧いてきました。」

飛:他のメーカーさんは全く見なかったと伺っています。
初めて住まいづくりをする中で、どんなところが大変でしたか?

ご主人様:「いきなりの訪問だったのに、本当に良くしてくださったので。」
奥様:「やっぱり打ち合わせですね。いろいろ選べるだけに、かえって大変で(笑)。
でも楽しかったです!」

飛:ところで、それぞれどういった部分にこだわったのでしょうか?
奥様:「キッチンですね。食洗機はどうしても付けたいと思っていました。」
ご主人様:「私はお風呂などの水廻りです。基本的には、妻に任せましたけれど。」

飛:それは完成が楽しみですね!
では最後に、お引越しをしたらまず最初に何をしたいですか?

奥様:「リビングで"大の字"になって寝たいかな?!」
ご主人様:「やっぱり、お風呂に入りたいですよね。」

飛:なるほど(笑)。
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

フォトギャラリー

160329_02.jpg

風船王子を発見♡「何でも作りますよ~!」

160329_12.jpg

そうなんです...見学していると色々なことが気になってくるんですよね☆

160329_21.jpg

会場にはわかりやすい模型とパンフレットが設置されていました♪

160329_19.jpg

百聞は一見にしかず!!いえ、一触にしかず?!

160329_16.jpg

パパと息子さんで何やらお話中...何の話題か気になります☆

160329_18.jpg

この日のおやつは噂の"龍ケ崎コロッケ"♡ご馳走さまでした!!

<取材を終えて>

出来上がった建物内に入ることができる『完成見学会』とはまた違い、
『構造見学会』は構造躯体を直に見られる非常に貴重な機会となります。
「それって面白いの?」と考えてしまう方もあるかもしれませんが、骨組みや基礎は完成したら二度と見ることができません。
見た目のデザインや間取りだけが良くても、いい家とは言えないでしょう。
施工品質のしっかりした建物であればこそ、年数が経っても快適な暮らしが可能になるのです。

使用している部材や装置に関して、 実物を見ながら詳細な説明が受けられるのも『構造見学会』ならでは
しかも、今回は地震体験車が出動して"MIRAIE"がいかに巨大地震に強いかなども体感することができました。
自宅に使用されている装置が、どれほどの効果を発揮するのか?
自分で体験していれば、いざその時になっても落ち着いていられるでしょう。
N様のお子さまたちも、「全然揺れないよ、すごいね!!」と感心している様子でした☆

住まいづくりにおいて、大切なことは他にもたくさんあります。
N様にお話を伺った際、アルルホームズさんに決めた理由のひとつに"資金面における不安が解消されたこと"がありました。
ご主人様が気にかけていたことを相談したところ、担当の杉川さんが丁寧に説明してくださり、安心して契約に踏み切れたのだそうです。 他のメーカーを全く見なかったというN様ご夫妻、信頼できるスタッフとの出会いが、夢のマイホーム実現のきっかけとなったようですね!

驚いたことに、これまで2度しか完成見学会に行っていないというお二人。
それでも、その2棟があまりに違った建物に仕上がっていたことに衝撃を受けたといいます。
「これだけ自由に、自分たちの希望通りの家を建てられるとは...」
そう感じた奥様、見学したことで色々なアイデアがふくらんだのだそうです。
「アルルさんは本当におすすめです!!わがままもたくさん言えて(笑)、何から何まで感謝です。」
杉川さんを交えての談笑中、最後にそんなメッセージを残してくださいました♪

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

160124_01.jpg

(元気いっぱいのお兄ちゃんたちと♫新しいおうち、嬉しいね!)

160124_02.jpg

『複雑な屋根の形状にも注目したい"和モダン"住宅』

グレー×ホワイトというベーシックなカラーリングですが、こだわりの配色で遠目にも目立つ外観に仕上がっていました。
グレーの分量を多くしたことで、よりシックで落ち着いた印象を受けます。
効果的に用いられた天然木もポイントですね!

160124_03.jpg

『リビングダイニングを華やかに演出する床柱』

扉で隔てることなく、リビングから和室へと続き間になっているため、開放感が違います!
和室の床の間は、ピアノを置くためのスペースと最初から決めてあるのだそう♪
天井とリビングダイニングの床を同じ素材で揃えるなど、随所にこだわりが感じられます。

160124_04.jpg

『キッチンには大型ストッカーを完備してあるので安心♡』

さすが、これから食べ盛りを迎える男の子二人がいるO様邸ですね♪
玄関からキッチンまでは一直線!
おうちに帰ってきたら、まずはママの元へ...ではなく、おやつの入ったストッカーの元へ、かな(笑)?!

160124_05.jpg

『見晴らしも採光も抜群☆家事が楽しくなるキッチン』

広々としたカウンター越しには、宿題をするお子さまや、テレビを見て寛ぐご主人さまの姿。
慌ただしく家事をこなしていても、家族の様子が見られたり、会話を楽しむことができたら嬉しいですよね!
正面の明かり取り窓も良いアクセントになっています。

160124_06.jpg

『ランドリースペースも充実の収納ですっきり!!』

人数が多いと、ついつい雑然としてしまいがち。
そんなお悩みをばっちり解決してくれるのが、こういった収納コーナーですよね♪
洗面ボウルや床も白で統一、明るく清潔感のある空間に仕上がっていました。

160124_07.jpg

『バスルームのパネルはお部屋のテイストと揃えて』

ゆったりとしたランドリースペースから続くバスルーム。
バスタブは洗面ボウルと同じ白で、室内はリビングダイニングのフローリングを連想させるナチュラルブラウン。
さり気なく、家全体が美しくトータルコーディネートされているところがお見事!

160124_08.jpg

『1階の落ち着きある雰囲気を大切に継承した2階』

こちらは2階にあるお子さまたちのお部屋。
建具・フローリングなどに1階と同じものを採用しているため、やはりすっきりとした印象を受けますね♪
間に設置された収納も、季節用品を入れたりするのに良さそうです!!

160124_09.jpg

『主寝室内のウォークインクローゼットは驚きのスケール☆』

ここで生活できてしまうのでは??と思ってしまうくらい、とにかく広いクローゼット。
女性たちの注目と羨望の眼差しを一手に集めていたのは言うまでもありません(笑)。
よく見ると、このお部屋だけ扉の色使いが反対になっているところも素敵ですね!

1204_10.jpg

(O様邸を担当した、家づくりアドバイザーの生頭さん)

☆家づくりアドバイザーの生頭さんにお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛): O様ご夫妻とは、土地探しの段階からお付き合いをされていると伺いました。
生頭さん(以下生):「そうですね。最初はチラシを見て、見学会に来てくださったのが始まりでした。その後も、何度か見学会に足を運んでいただきました。」

飛:そうでしたか~。土地探しや資金計画から始められたということですね?
生:「ええ。ここはみどりの駅から近く、もうすぐ学校もできるということで、O様もずっとこの辺りで探されていたんです。」

飛:理想的な土地との出会いができて、良かったですね!
ところで、特に外観にこだわりを感じられるのですが...?

生:「仰るとおりです。
今回はもう、外観ありきで始まったという感じです。"和モダン"がテーマになっています。」

飛:やっぱり!
屋根の感じやカラーリングからして、和風な雰囲気ですものね。
それでは、室内でこだわった部分はどういった部分だったのでしょうか?

生:「そうですね、1階のデザイン性の高い床柱あたりでしょうか。
それから、和室には収納を設けず、床の間にしてピアノを置くという風に最初から決めていらっしゃいました。」

飛:確かに、あのスペースは印象に残っています。
全体的にシンプルですが、1階と2階主寝室のエコカラットなど、部分的にアクセントがつけられていますよね。

生:「ええ。消湿効果などの機能面はもちろんですが、やはり雰囲気づくりに効果的ですので。
最近では特に人気が高まっているようですね。」

飛:なるほど~。
生:「個人的には、北側道路なのでそちら側が寂しくならないよう気を使いました。
和モダンというイメージにも合うよう、丸窓を用いるなどの工夫をしました。」

飛:確かに!あれ一つで動きが出ますよね。
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

フォトギャラリー

160124_11.jpg

玄関を入ると、まず目に留まるのがこのニッチ☆おしゃれですね

160124_12.jpg

人気のリビング階段には、扉もつけて冷暖房対策もバッチリ!

160124_13.jpg

美しいオフホワイトのガス台に目が釘付け♡お料理が楽しくなりますね!!

160124_14.jpg

お子さまのお部屋にも、ひとつずつ充実の収納を設置♪

160124_15.jpg

2階の主寝室にはエコカラット!除湿や空気を綺麗にしてくれる優れものです

160124_16.jpg

外観のアクセントである丸窓には、施主様のこだわりが詰まっています☆

<取材を終えて>

息子さんが体調を崩してしまい、O様は取材に来られないと聞いていたこの日。
ところが「元気になったから。」と、途中から会場まで来てくださったのです♪
担当の生頭さんも、プライベートな相談に乗ってもらうなど公私共に仲良しということで、和やかな雰囲気の中お話を伺うことができました。
年内最後の見学会は沢山のお客さまで賑わい、完成したばかりの和モダンなO様邸を、皆さん熱心に見学されていました!

間取りを決めるのに大変苦労したという奥さまでしたが、生頭さん曰く「O様ご夫妻は自己主張ばかりするようなことはなかったですね。 お互いが妥協点を探して、一緒に決めていくという感じでした。」と振り返ります。
ちなみに、ご主人さまは鹿島アントラーズの大ファンで、チームの練習場が近くにあることもこの土地を選んだ理由の一つなのだとか☆
さらには、水回りや内装についても、チームのスポンサーである"LIXIL"ブランドで統一(笑)。
O様ご夫妻の、そんな家づくりにまつわる楽しいエピソードも、いろいろ伺うことができました。

奥さまのお話では、やはり他の工務店やハウスメーカーさんもいろいろ廻ってみたそうです。
それでもアルルホームズさんに決めたのは「営業スタッフ、特に担当の生頭さんの印象が良かったから。」だそうで、今後の長いお付き合いを考えた時、ここなら安心だと思えたといいます。
また職人さんたちの対応も素晴らしく、話しやすいだけでなく、聞けば何でも答えてくれたおかげで不安を感じることがなかったそうです。
大事に住んでいきたいと思っています。」最後に、そんなコメントを残してくださいました。

奥さまの言葉の中で印象的だったのが"契約者とスタッフという枠を超えて、信頼関係を築くことができました"というひとこと。
家族の暮らしに大きく関わる『住まいづくり』を任せるというのは、大変な決意が要ることです。
「今後はパッシブデザイン※住宅にも力を入れていきたいと思っています!」と生頭さん。
多くの人が抱く、夢のマイホーム計画を実現させるため、日々の情報収集や勉強に余念がないようです。
こういった姿勢が、より良い関係づくりにつながっていくのでしょうね☆

※パッシブデザイン:太陽光や風力など、自然エネルギーを生かして快適な暮らしを設計すること

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

1204_01.jpg

(3姉弟の真ん中のお嬢さまとK様ご夫妻☆素敵なご家族でした!)

1204_02.jpg

『全面お見せできないのが残念!合計6色使いの外観』

あいにくの雨というお天気でしたが、会場にはたくさんのお客さま。実際はどっしりとした大きな建物ですが、淡い色を多用したことで軽やかな印象に仕上がっています。
奥様のこだわりで、なんと6種もの色が使われ、裏側は全く別の雰囲気に仕上がっていました☆

1204_03.jpg

『アレンジも自由自在♪白を基調にしたシンプルな1階』

20帖以上あるLDKは、色味を抑えて広がりと清潔感のある空間に。インテリアデザインにも精通した奥様は、早くもどんなコーディネートにしようか、今から楽しみで仕方がない様子♪
キッチン上部のダウンライト×ペンダントライトの組み合わせもお洒落ですね!

1204_04.jpg

『キッチンカウンターから、家族みんなの1日を見守ります♡』

朝起きてから寝る時、そして出かけて行って帰ってきた時...必ずキッチンの前を通っていくので、顔を見て声を掛けることができます。
効果的に用いられたパステルカラーの壁紙や、天井を高く見せるため通常より上に設置したリビングドアにも注目です!!

1204_05.jpg

『仏間や収納も完備された、モダンな和室』

こちらはキッチン裏に配置された和室。広めの床の間と、鮮やかな柄の壁紙が印象的です。
続き間に設けられた大きな納戸には、季節用品や、重くて2階に上げられない物もしまうことができますね!
将来的には、ご両親のお部屋として使用する予定なのだそうです。

1204_06.jpg

『遊び心満点♪斜めになった廊下は川田さんのアイデア』

奥様お気に入りポイントのひとつがこちら。
階段を上がって右手に2つの子ども部屋、その向かいに位置する主寝室の入り口を、大胆にも斜めにカット!
ごく普通の踊り場となるはずだったところに動きが生まれ、シンプルな間取りの良いアクセントになっていました。

1204_07.jpg

『セカンドキッチンの主役は、お取り寄せした洗面キャビネット♡』

ご両親との2世帯生活を想定して、2階にもキッチン機能をと考えた奥様。
しかし既存のミニキッチンにはイメージ通りのものがなく...ネットで探し出してお取り寄せしたこちらをチョイス。
お部屋の雰囲気にぴったりマッチしたデザインがお気に入りなのだそうです☆

1204_08.jpg

『大胆な配色と柄がインパクト大!ご主人様イチオシの壁紙』

コーディネートを担当したのは奥様ということですが、「家の中で好きな場所は?」との質問に返ってきた答えがこちら。
ウォークインクローゼット内の壁紙は、「自分たちにしか見えない場所だから、遊ぶのも面白いと思って。」というお二人...さすがのセンスです!

1204_09.jpg

『たっぷりとスペースを取った収納は女の子のお部屋ならでは♪』

洋服や雑貨がついつい増えていってしまうのが女性だから、大きなクローゼットは必須。
でも、一つのお部屋に2つの収納は羨ましすぎます...。
さらに、ベランダに面しているので大窓から陽射しがしっかりと入り、明るく居心地の良い空間になっています。

1204_10.jpg

(K様邸を担当した、家づくりアドバイザーの川田さんと一緒に)

☆K様ご夫妻にお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):奥様は、沢山のハウスメーカーや工務店に足を運ばれたと伺っています。
その中から、アルルホームズさんに決めた一番の理由は何だったのでしょうか?

奥様:「もうね、川田さんの人柄!それが一番。」
ご主人様:「川田さんに会っていなかったら、家は建っていなかったよね。」

飛:そうでしたか~。まさに運命の出逢い、ですね!
具体的には、どんなところにお二人は惹かれたのでしょうか?

奥様:「私たちは土地から探していたんですけど、川田さんが理想的な場所を探してきてくれて...。」
ご主人様:「それに、他所では"何でもできます!やります!!"って言うんだけど、川田さんは違っていて。
"それはできません""それは良くないです"って、正直に言ってくれたんですよね。」
奥様:「そこが信頼に繋がりましたね。あとは資金計画!これはもうバッチリ。」

飛:家づくりにあたって、非常に重要なポイントですものね。
奥様:「そう、それから工事担当の飯島さんも。
"ゆっくり考えた方がいいですよ、ゆっくりがいいですよ"って、ずっと言ってくださって。
いろいろ意見しても嫌な顔一つせず、分からないこともすぐ調べてくれました。」

飛:全てにおいて、納得の家づくりができたみたいですね。
ところで、お二人はそれぞれ引っ越し後に何を一番にしたいですか?

ご主人様:「私はお風呂に入りたいですね!バスルームだけは自分が選んだので。」

飛:基本、全て奥様がリードされたと聞いています(笑)。
奥様:「私は、好きなインテリアを徐々に揃えて、家中をコーディネートしたいです。」
川田さん:「建てている間も、奥様は寝ずに考えていましたよね!!」

飛:え~。それはすごい!
奥様:「フルタイムで働いているので、休日前の夜から、寝ないでそのまま(笑)。」

飛:ついに完成して、あとはお引越しをするのみ。楽しみですね♪
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました!!

フォトギャラリー

1204_11.jpg

ドアと外壁、そして照明のコーディネートがとっても素敵!

1204_12.jpg

「実は、この照明のセットが一番高いんです☆」とは奥様の弁

1204_13.jpg

こだわりの照明その3?! キッチンのペンダントライト♪

1204_14.jpg

システムキッチンも白で統一!豊富な収納にも注目です

1204_15.jpg

女の子だからと、パウダーコーナーは脱衣所と分けて...ママの優しさですね♡

1204_16.jpg

まだまだあります!! お洒落な照明を階段の途中で発見☆

<取材を終えて>

「打ち合わせの最後の日は、もう来られないんだと思うと寂しかったですね。」
これまでの家づくりを振り返りながらお話を伺う中で、そんな風に仰っていた奥様。
マイホーム計画を立ててから、足を運んだ会社や見学に行った建物は相当な数になるそうです。
そんな目の肥えた奥様を虜にした(笑)アルルホームズさん、実はインタビュー記事内で紹介しきれなかったエピソードがほかにもたくさんあるのです♪

正直にメリット・デメリットについて説明し、誠心誠意対応してくれた川田さんを筆頭に、アルルホームズさんのスタッフは皆信頼できる方ばかりというご夫妻。
中でも印象的だったのが、クロス屋さんとのやり取りでした。
奥様が選んできたクロスを見て、「これは傷がつきやすいから、変えた方が良いですよ。」そう言って実物を使って実験して見せ、近い色味の別の商品を提案してくれたのだとか。

そのまま進めてしまう方が楽なのに、自分たちの手間を惜しまず動いてくれたことに、大きな感動を覚えたと言います。
さらに、気になったところに関しては随時アドバイスや変更の提案があり、完成までに何カ所も修正してもらうことができたのだそうです。
素人の自分たちにはわからない部分を、"こうしたら良いと思うよ"と言って親切にリードしてくれた職人さんたちには「本当に感謝しています。」と、笑顔で仰っていました。

「私たちが洋服を着るように、家もインテリアコーディネートによってさまざまな表情を見せてくれます。
アルルホームズさんだからこそできたこの家を、いつまでも楽しみながら住んでいきたいですね。」
最後に、素晴らしいコメントで締めくくってくださった奥様。
今後のK様邸が、どんな風に彩られていくのか、ぜひまた訪問させていただきたい...
そう思ってしまいました☆

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

1030_11.jpg

(笑顔がステキなご夫妻と、とっても可愛らしいお嬢さま♪)

1030_12.jpg

『メリハリのあるツートンカラーの外観は、屋根にも注目です!』

オーソドックスな色を選んでも、配置の仕方でこんな風にスタイリッシュな雰囲気になるという好例ですね!
周囲の建物との調和を保ちつつ、しっかりと自己主張することも忘れません。
若いご家族が住まう家らしい、さわやかな外観に仕上がっていました。

1030_13.jpg

『思わず寝ころびたくなる?!癒しの和コーナー』

お買い物やお仕事から帰ってきた時、何気なく座ったり、ごろりとできるスペースがあるのは嬉しいですよね。
仕切りがない続き間タイプなので、リビングやダイニングとの一体感もあり、部屋全体が広くすっきりと感じます♪

1030_14.jpg

『充実の収納スペースは「羨ましい~!」のひとこと☆』

畳スペースの上部に設けられた吊押し入れのほか、写真のとおり、お部屋の中央にも収納を設置。
さらに反対側には階段下をうまく利用した収納スペースがあり、キッチンや洗面コーナーを含めたら、なんと1階だけで5か所の収納が完備されていることになります。

1030_15.jpg

『完璧なのは、家事動線だけではありません♡』

繋がりを持たせた水廻りもさることながら、この抜群の眺望にも注目しないといけません。
キッチンに立てば、リビングダイニングを見渡せるのはもちろん、2階から降りてくるお子さまやお仕事から帰ってきたご主人さまの姿を一番に見ることができるのです♪

1030_16.jpg

『ナチュラルな内装にぴったりマッチしたシステムキッチン』

奥さまのセンスで、床や建具まで、ほぼ全てがナチュラルカラーで統一されていたI様邸。
一日のうち、多くの時間を過ごすキッチンにも、しっかりそのこだわりが反映されていました。
これなら、きっと毎日のお料理が楽しみになりますね!!

1030_17.jpg

『こ~んなに広々!やっぱり嬉しい、大きなお風呂☆』

パパと一緒に、イメージトレーニング中?!(笑)
足をすっかり伸ばして、ゆったりと入れる湯船はご主人さまのお気に入り。
冬に向かって、気温が下がってくるこの季節...お引越しの日が待ち遠しいですね♪

1030_18.jpg

『オープンスペースになった2階には、仕掛けがいっぱい?!』

階段を上がっていくと...あれ?お部屋がない??
そう、"スケルトン構造"になっているこの建物は外周壁と床面の強度が高いため、もちろん壁をつくることもできますが、内部をこのとおり仕切らずにおくこともできるのです。

1030_19.jpg

『ご主人さまのこだわりが詰まった主寝室』

室内は、全て奥さまのセレクトでナチュラルにまとめられているのかと思っていたら...?
一点、ベッドルームだけは違っていました!
実はモノトーンなどの、シックな雰囲気がお好きというご主人さま。
ここだけは譲ってもらったようですよ(笑)。

1030_20.jpg

(I様邸を担当した、家づくりアドバイザーの生頭さんと♪)

☆I様ご夫妻にお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):早速ですが、お二人がアルルホームズさんを知ったきっかけから教えていただけますか?
奥さま:「私の友人が、先にアルルホームズさんで家を建て始めていたんです。」

飛:そうでしたか~。本当にアルルホームズさんて紹介が多いですよね!
生頭さん:「ええ、おかげさまで。OBさんにご紹介いただく場合がほとんどですね。」

飛:実際に建てた方のお話を聞くのが一番ですものね。
そこから、見学会に足を運ぶようになったのですか?

奥さま:「ええ。家のすぐ近くで見学会があったので、そこに行ったのが最初です。」

飛:お友だちの推薦とは別に、アルルホームズさんでお家を建てたいと思った決め手は何だったのでしょうか?
ご主人さま:「他の工務店やハウスメーカーも見ていたのですが、生頭さんが一番親身になって色々教えてくださったんです。」
生頭さん:「年齢が近かったせいもあり、話がしやすく、価値観や資金面での悩みなどもすごくよく理解できたんですよね。」

飛:どんな会社・スタッフに出逢うかは、とても重要ですものね。 ところで、住まいづくりを進めていく中で、それぞれ一番こだわったのはどの部分ですか?
奥さま:「"家事動線"でしょうか。私も仕事をしていて忙しいので、1階で家事の全てができるよう工夫しました。」
生頭さん:「キッチンと洗面コーナーの間に、屋根付きの洗濯物干し場を設けました。」

飛:(見せてもらって)あ、これは良いですね!!
予報と違って雨なんて振ってくると、仕事中でも家に帰りたくなりますからね(笑)
ご主人さまはどうですか?

ご主人さま:「私は"ここだけは絶対譲れない!!"というところがあって...それが『片流れ屋根』だったんです。」

飛:モダンな印象で、素敵ですよね。色合いにも、ぴったり合っているなと感じました。
奥さま「寝室も、彼の希望でダークトーンにまとめてあります。」

飛:全体的にナチュラルな感じなのは、奥さまの好みだと伺っています。
そこに、ところどころご主人さまの希望が反映されていて...うまく調和しているということですね☆
今日は色々なお話を聞かせていただき、ありがとうございました♪

フォトギャラリー

1030_21.jpg

片流れの屋根は、ご主人さま一番のお気に入り♡

1030_22.jpg

生頭さんイチオシ☆屋根付きの洗濯物干しスペース

1030_23.jpg

スタイリッシュなキッチン収納は、調理器具などを並べて見せても♪

1030_24.jpg

綿密な収納計画...これは素晴らしいですね!!

1030_25.jpg

扉がない分お部屋を広く感じさせてくれる、主寝室のクローゼット

1030_26.jpg

若いご夫妻らしい、センスが光る機能的なお住まいでした!

<取材を終えて>

さまざまな提案をしてもらえて、とても親身になってくださるから、アルルホームズさんは本当におすすめですよ。」
インタビューの最後に、そう話してくださったご主人さま。
30代前半という若さでの家づくりで、不安やわからない部分も多かったことでしょう。
それらを一緒になって一つずつクリアにしていってくれた、担当の生頭さんの存在がとても大きく、理想の家づくりの成功の秘訣でもあったようです。

皆さんに聞いてみたところ...意外にも、一番印象に残っているのは"土地探し"
なんと、マイホーム完成までの行程の半分近い時間と労力を割いたといいます。
今となってはそれも良い思い出?!
「あちこち行ったけれど、最終的にはここが一番良かったよね!」なんて、3人でしみじみと振り返られていました。
偶然にも、ご近所に同い年のお子さまがたくさんいらっしゃったそうで、奥さまも一安心。
新しいお家はご実家からも近く、ご両親も喜ばれていることでしょうね♪

現在住んでいるお部屋では少し狭いため、お引越しが済んだら、お友だちや親戚を呼んで集まりたいという奥さま。
ご主人さまは、まず最初にゆったりと足を延ばして入れるお風呂に浸かりたいと話してくださいました☆
夢のマイホームが完成して、お二人ともあれこれと楽しい計画を思い浮かべているようですね!
可愛らしいお嬢さまも、新しい床の感触を楽しむように歩き回っていました。

その様子を嬉しそうに眺めていた担当の生頭さん。
「屋根付きの洗濯物干しスペースや、完璧な家事動線に収納...そして、フレキシブルに変更できる間取りなど、本当に見どころが満載の建物です。私がこのまま住みたいくらいですね(笑)。」と笑顔で仰っていました。
これからの10年、20年後をしっかりと見据えて建てられたI様のお家。
ご家族と共にどのように変化し、成長していくのか、とっても楽しみですね!!

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

0928_02.jpg

(南道路に面したお家は、全身で陽の光を浴びて気持ちが良さそうです♪)

0928_01.jpg

『外構もこの通り!順調に作業が進んでいるようですね』

ゆうゆう車二台が停められる駐車スペースと、ベビーカーや小さいお子さまの自転車などがスムーズに通れるスロープも既に完成☆
あとはS様ご一家がお引越ししてくるのを待つばかりとなっていました!

0928_12.jpg

『期待を胸に、さっそく室内へ...「おじゃましま~す」』

玄関ドアを開けると、右手にキッチンやリビングダイニングへの入り口があり、左側にはバスルームとランドリーコーナー。大きなシューズクロークが設置された玄関にも感激しましたが、真っ先に目に飛び込んできたのは、廊下中央に構える大容量の収納コーナー♪

0928_19.jpg

『お友だちやご家族で寛ぐのにぴったり☆広々20帖のLDK』

右手中央に見えるのも、大きくスペースを確保した収納。その手前の引き戸は和室のもので、LDKと繋げると、なんと25帖という大空間が生まれます!
パッと目を引く、キッチンカウンターのシックな壁紙もポイントですね。

0928_14.jpg

『徹底した収納へのこだわりはキッチンにも♪』

シンク上に棚を設けないようにしたことで、カウンター周りはスッキリ。
替わって、背面に開き戸や引き出し式の収納を充実させ、機能性もしっかり確保!
モノトーンで統一されたシステムキッチンは、ため息が出る美しさでした。

0928_20.jpg

『家族とのコミュニケーションを大切にした空間』

キッチンカウンターからリビングダイニングを眺めると、開放的な雰囲気が伝わってきますね☆奥に見える連窓も、採光やお部屋のアクセントとして一役買っています。
和室には、玄関へと続く廊下側からも出入り可能な扉があるので、使い勝手抜群です!!

0928_17.jpg

『一日の疲れを癒すのにぴったり!落ち着いた色調のバスルーム』

キッチンと揃えた、モノトーンのカラーリングが素敵です。
バスルームを出ると広いランドリーコーナー、そしてキッチンは廊下を挟んですぐお向かいになっているので、忙しいママをしっかりサポートしてくれる動線と言えますね♡

0928_05.jpg

『楽しみに二階へ上がっていくと...扉がいっぱい☆』

なんと贅沢!3室あるプライベートルームは、全て南向きになっていました。
そのため、扉を開けておけば廊下がこんなに明るいのです。
お部屋に向かい合っている三つの扉は、一つがお手洗いで後は収納...羨ましい限り!!

0928_04.jpg

『主寝室にも、奥さまのこだわりがいっぱい』

ご夫妻の主寝室だけは、一か所壁紙を変えてお洒落にアレンジ♪
けれどもう一つポイントを発見...それは入口左手に設けられた、大きな大きなウォークインクローゼットの中に。壁際にさりげなく施された市松柄のパネル、見えますか??

0928_03.jpg

(S様邸を担当した、家づくりアドバイザーの杉川さん♪)

☆杉川さんにお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):早速ですが、ご夫妻との出会いから教えていただけますか?
杉川さん:「実はS様たちより先に、ご両親にお会いしたのがきっかけなんですよ。」

飛:え、そうなんですか?
杉川さん:「ええ。息子さんたちのご結婚と出産を機にお家を、ということで。
去年の11月頃見学会に来てくださったのが最初でした。」

飛: なるほど~。そこから土地探しが始まったのですね?
杉川さん:「ええ。二度目にお会いした際、偶然この好条件の土地をご紹介できることになって。実は、ご両親のお住まいからも近いんですよ。」

飛:そうでしたか。南道路で日当たり抜群...確かにぴったりの土地ですよね!
杉川さん:「千葉から息子さんたちも来られて、すぐに気に入っていただくことができました。」

飛:ご夫妻と赤ちゃんの三人家族だと伺っていますが、どんなところにこだわって住まいづくりをされたのでしょうか?
杉川さん:「まず、リビングを大きくしたいというご要望がありました。
それから続き間の和室や、二階のプライベートルームを三つ並べたことなどでしょうか。
でも、一番奥さまが力を入れられていたのは"間取り"より"コーディネート"かもしれません。」

飛:女性ならでは、ですね!
要所要所にエコカラット(※調湿・吸着機能に優れたデザインタイル)が効果的に用いられていたり、壁紙のアレンジなども素敵でした。
住まいづくりには、ご両親も参加されたのですか?

杉川さん:「そうですね、最初は一緒に来てくださっていましたよ。
"俺は一回家を建てているんだから先輩なんだ"なんて、お父様が仰ったりして(笑)。」

飛:それは賑やかで、楽しそうですね!
色々聞かせていただき、ありがとうございました♪

フォトギャラリー

0928_11.jpg

玄関のクローゼットを開けたら...思わず笑顔に♪

0928_18.jpg

同じく玄関のニッチ☆アクセントパネルがカッコいいですね!

0928_08.jpg

半畳縁なしの畳は見た目もすっきり!洋室にも馴染みますね

0928_09.jpg

ここにもアクセントパネルが効果的にあしらわれています♪

0928_07.jpg

まだまだありますよ~!こちらは二階のお手洗い☆

0928_06.jpg

住まいの見学だけでなく、お勉強もできるのが魅力ですね♡

<取材を終えて>

実は、ご自身のお住まいもこちらの建物の近くだという杉川さん。
お子さまの出産時期が近いなど共通点も多く、千葉から来られたご夫妻にとっては、家づくりについてだけでなく、お勧めの病院やスーパーも教えてもらえるのは心強かったことでしょう♪
"一世一代の大きな買い物"をするという不安を抱いていたS様に、杉川さんは何度も丁寧に細かく説明をし、様々な提案をしてくれたそうです。

自分たちが住むわけではないからと、息子さんたちの想いも尊重しつつ家づくりに加わってくださっていたご両親と、千葉という遠方の地にお住まいだったS様の橋渡し役をされた杉川さん。とっても穏やかなお父様とお母様、そして若いのに紳士的で、いつも言葉遣いがきれいなS様がとっても印象的だったのだとか。
落ち着いてお話しができるから、あれこれと色々な提案をしたいなと、思えるんです。」そう笑顔で話してくださいました。

広いリビングや豊富な収納スペースにも目を奪われましたし、アクセントと機能性の両方を兼ねたエコカラットの採用や、スタイリッシュな和室からもご夫妻のこだわりが感じられました。
写真ではご紹介することができませんでしたが、南を向いた大きな切妻屋根には、4.3kwの太陽光パネルも搭載されています☆
まさに二人三脚ならぬ、三人四脚?!でつくり上げた素敵なマイホームと言えそうですね!

余談になりますが、ご両親が杉川さんにお任せしたいと考えた理由の一つに、自宅の場所を何のためらいもなく教えてくれたことがあるそうです。
杉川さんは、「ご近所さんですから、これはもう逃げられないですね(笑)。」と冗談交じりに仰っていましたが、そういった何気ないやり取りの中にこそ信頼関係を築くカギがあるのかもしれませんね♪
仕事に対して自信や誇りを持ち、常に真摯に家づくりに向き合っている姿勢は、やはりお客さまに伝わるものなのだなと感じました。

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

20.jpg

(K様邸を担当された家づくりアドバイザーの生頭さん☆)

0818_02.jpg

『ブラウン×ベージュのナチュラルな外観』

写真には写っていませんが、外構もかなり出来上がっていましたよ♪
広々とした駐車スペースと、すっきりとしたアプローチが、どっしりと存在感のある建物をより魅力的に見せていました。

0818_04.jpg

『マイホームの顔♡第一印象を決める玄関ドア』

見てください!この個性的なデザインの扉。
外観のイメージを大切にした、ナチュラルな色味と素材使いが印象的ですよね。
家の中から見ると、格子の隙間から日差しが漏れて、それがまた素敵でした!

0818_13.jpg

『和室?それとも洋間?どちらで寛ごうか...迷います』

リビングのドアを開けると、ご覧のとおり!
二面を扉でしっかりと仕切ることもできる、本格的な和室が目に飛び込んできます。
もちろん、全開にしておけばダイニングやキッチンとの一体感が生まれて、広々☆

0818_09.jpg

『青々とした畳が美しく、障子越しの日差しもやわらか』

家事の合間に、足を延ばしてちょっと一息。
そんな時、こういった和の空間があったら、便利で嬉しいですよね♪
小さいお子さまをちょっと寝かせる時や、来客時にも大活躍!!

0818_07.jpg

『機能美を追求したシステムキッチンは女性の憧れ』

背面に設置された、充実の収納に注目です!
作業スペースも広いため、シンク廻りがごちゃごちゃせずに済みそうですね♪
カウンター越しに、調理中でもお子さまやお客さまとの会話を楽しめるところもポイント。

0818_12.jpg

『水廻りを一直線上に集中させる間取りがやっぱり人気☆』

キッチンから目線を左に移すと...。
突き当りに見えるのはバスルーム、そしてその手前にはランドリースペースがあります。
毎日の家事に大忙しのママを助けてくれる、こんな動線に注目が集まっているようです!

0818_16.jpg

『各自のお部屋は、フリースペースを囲むように配置』

二階への階段を上がっていくと、洗濯用のポールが設置されたフリースペースが現れます。
主寝室やお子さまたちのお部屋へは、この場所を経由していくことになります。
扉や床も一階と色や素材を合わせ、家全体をトータルコーディネート♪

0818_15.jpg

『...と思いきや、主寝室にのみ隠れたポイントを発見☆』

窓から臨む新緑とリンクするかのように、一枚だけ壁紙がグリーンになっていました!
眠りにつく前のひととき、或は目覚めて最初に目に留まる色として、ぴったりですよね。
ベランダに続く天井側には、フリースペースと同様に洗濯ポールが設置されていました。

0818_22.jpg

(可愛らしい赤ちゃんを抱っこした奥様&ご主人様と一緒に♪)

☆K様にお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):K様がアルルホームズさんを知ったきっかけから教えていただけますか?
奥様:「友人の紹介です。
友人がアルルホームズさんで家を建てたので、興味を持ちました。」

飛:そうだったのですね。
アルルホームズさんでは、お友達の紹介が本当に多いですものね。
最初に足を運んだ際には、どういった印象を持たれましたか?

奥様:「はじめ見学会にお邪魔したのですが、スタッフの皆さんが笑顔で迎えてくださいましたね。
また、ムリな営業もなくて気ままに見学できたので...すごく好感が持てました。」

飛: そうですね。自由に建物を見せてもらえるのは、嬉しいですよね。
ところで、奥様とご主人様それぞれにどんなところに一番こだわられたのでしょうか。

ご主人様:「広めの空間を意識した、一階と二階のトイレですね。
それから、和室や仏間などは落ち着いた感じにしました。」
奥様:「私は一階の間取りです。
フィッティングルームを作り、使いやすさと、キッチンにいても和室やリビングなどが見渡せるところにこだわりました。」

飛:なるほど~。お二人それぞれ違ったところにこだわられたようですね♪
一階のフィッティングルームは、私も強く印象に残っています。
お話は変わりますが、お二人は引っ越したらまず何をしたいですか??

奥様:「家具をそろえて、リビングで寛ぎたいですね。」
ご主人様:「お風呂に入って足を延ばしたいです。」

飛:そうですか、どちらも気持ちが良さそうですね♡
今日は色々なお話を聞かせいただいて、ありがとうございました!

フォトギャラリー

0818_03.jpg

機能性抜群の土間収納は、小さいお子さまのいるご家庭で大活躍♡

0818_21.jpg

ランドリースペースは、涼しげな床材にチェンジ☆

0818_11.jpg

階段には扉を設置して、空調の効き目をアップ!!

0818_18.jpg

和洋折衷とはこのこと...まさに良いとこ取り、ですね♪

0818_06.jpg

これは羨ましい!パウダーコーナーに隣接した"フィッティングルーム"

0818_19.jpg

こちらこそ、いつも美味しいおやつをごちそう様です(笑)

<取材を終えて>

今回もまた"お友達のご紹介"でお家を建てられたというお施主様でした。
お勧めする立場としては、マイホームともなるとかなり責任重大...でも教えてもらった方としては、これにまさる確かな情報はないわけです。
実際に本社や見学会に足を運んだお施主様は、勧めてもらった以上にアルルホームズさんの建物やスタッフの皆さんに魅力を感じ「ここでお家を建てたい!」と思うようですね☆

K様の場合は、担当の生頭さんがお若いながらもとてもしっかりしていて、信頼が持てると感じたことも決め手となったそうです。
住まいは、建てた後からもお付き合いが続くのですから、こういった点も非常に重視しなければいけません。
また、お友達が既に住んでいるという安心感や、予算的にも購入できる範囲だったところも「アルルホームズさんにお任せしよう!」と決心した要因だったようです。

完成までのエピソードを伺う中で、資金計画のお話が出ました。
ローンを組む際に、担当の生頭さんが親身になって、金利などについて銀行に掛け合ってくださったのだそうです。
プロの視点から的確なアドバイスをもらうことで、K様は安心して適切な条件のローンを組むことができたのだとか。

家づくりをはじめて、この日を迎えるまでは約9か月。
その間の打ち合わせなどは、楽しくてあっという間だったというK様。
実際に住んでみて、その快適な居心地にとても満足されているのだそうです。
こちらで建てて本当に良かった感じているK様、マイホームを検討中の方にはぜひアルルホームズさんをお勧めしたいですと、笑顔で話してくださいました!

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

20150607_20.jpg

(仲良しの棟梁と、ご主人さまお気に入りの玄関前にて☆)

20150607_03.jpg

『ボリュームある建物を軽やかに魅せる、計算された色づかい』

かなりのサイズ感なのですが、南仏を思わせるカラーリングや煉瓦づかいがオシャレで、爽やかな雰囲気に仕上がっています☆総二階にしたくなかったというS様、メリハリのある外観デザインを選んだことで、周りの建物と比べてもひときわ目立っていました!

20150607_27.jpg

『なんと、見学会場に豪華屋台が出現!!』

代表の谷嶋さんとは、同級生であり仕事仲間でもあるというひまわり亭のオーナー(?!)。総製作費用ウン万円という、こだわり満載のオリジナル屋台で見学会場を盛り上げていました♪評判も上々、今後の出店も楽しみですね!

20150607_17.jpg

『居心地の良さを追求したLDKと、ご主人様こだわりの和室』

入口のドアに、通常より丈のあるハイドアを採用したことで、天井が高く室内がより広く感じられます。19畳のLDKと7.5畳の和室が続き間になっているため、扉を開けておくとかなり開放感がありますね。和室もとっても居心地が良さそうです♪

20150607_21.jpg

『水廻りは一直線上に配置!ママに嬉しい家事動線を実現しました』

キッチン側から眺めてみると...奥にパウダーコーナーとランドリースペースが見えますね。
出てすぐ左側にバスルームがあるので、この通りの行き来だけで、水仕事はクリア!
キッチンを通らず、玄関から真っ直ぐ入っていけるという間取りも優れもの♡

20150607_05.jpg

『一室、他とは違う趣のお部屋を発見☆ここは...?』

ご自宅で、お化粧品関係のお仕事をされているという奥様。ここは商品を陳列したり、お客さまと大切なひとときを過ごす特別なお部屋だったのです。床も別の色をチョイスし、PCなどの機器を収納するスペースを配置して、お仕事モード全開です!

20150607_06.jpg

『2階も奥様のセンスが溢れる素敵な空間が広がります』

階段を上がってきて、まず最初に目に飛び込んできたのがこの洗面台♡
標準のものをただ取り付けるのは嫌だったという奥様が、職人さんの後押しもあって、一生懸命探しに探して見つけた思い入れたっぷりの逸品です。

20150607_09.jpg

『「羨ましい~!」ナチュラルでお洒落な子ども部屋』

S様ご夫婦の間には、可愛らしいお嬢さまが二人いらっしゃいます。
仲良し姉妹だからしばらくは一部屋のまま...とのお話でしたが、大きくなって別々にしたいとなった時のために、収納も2つ設けて仕切られる作りにしてあるので安心ですね♪

20150607_11.jpg

『同じく、充実の収納スペースを完備した主寝室』

お子さまのお部屋と統一したカラーコーディネートで、すっきりとした印象を受けます。
こちらにも個々のクローゼットが設置してあるので、室内を無駄なく、広々と使用することができますね!

☆S様ご夫妻にお話を伺いました☆

20150412_09.jpg

(仲良し母娘をパチリ!ペアルックも可愛いですね♡)

スタッフ飛澤(以下飛):S様がアルルホームズさんでお家を建てようと考えた"決め手"を教えていただけますか?
奥様:「私たち、土地も何もない状態から、4年間かけて他社も見ながら家づくりを進めていったんです。その中でも、アルルさんはスタッフ一人一人が全力を尽くしてくれて...。」
ご主人様:「ここなら、自分たちの夢を叶えられると思いました。
実は、近所にこちらで家を建てた方がいて、勧められたのもきっかけとなって見学会に行くようになったんです。」

飛:そうでしたか~。
身近な人の意見は、やはり参考になりますものね。
ところで、相当細かいところまでこだわったと伺っていますが?

奥様:「そうですね(笑)。ドア一枚とっても、従来の横目でなく縦目にしましたし、地べたで遊ぶ子どもたちと馴染むよう、床のグレードも上げて...。
それからクローゼットの扉まで、標準仕様のものでなく、凹凸のあるデザインに変更しました。」

飛:それはかなりのこだわりようですね!!
奥様:「ホームメーカーの、標準仕様では嫌だったんです。」
ご主人様:「カタログも、覚えるほど何回も見たよね(笑)。」

飛:すごいなぁ...。
そんなこだわりのお住まいですが、お二人は引っ越したらまず何をしたいですか??

ご主人様:「子供たちと一緒に、この和室でゴロゴロしたいですね!」
奥様:「私も同じかな~。前が狭かったので、いつも『どこかに行こうよ』『外に行こうよ』って言っていたんです。」
ご主人様:「これからは、ずっとみんなで一緒に家にいたいですね。」

飛:そのお気持ち、わかります。
このお家なら、わざわざ外に出なくても素敵な時間が過ごせますものね♪
今日は色々なお話を聞かせいただいて、ありがとうございました!

フォトギャラリー

20150607_04.jpg

フランクフルトにお蕎麦におまんじゅう...私は何をしに来たのでしょう(笑)

20150607_25.jpg

見晴らし最高!カウンターキッチンからの開放的な眺め☆

20150607_23.jpg

お雛様などが飾れるオリジナルの棚も、ご主人様のお気に入り♪

20150607_08.jpg

広い広~いベランダは、なんと驚きの9畳!!

20150607_13.jpg

お子さまたちが大好きなディズニーもさり気なく取り入れて♡

20150607_18.jpg

奥様とっても嬉しそう♪お仕事もはかどりそうですね

<取材を終えて>

「家は3度建てなければ満足できない」とはよく言ったものですが...。
S様は、一回目でその域に達することを目標にしたと仰っていました。
既に家を建てたというお友達に声をかけて、"これは良かった""こんな風にしたら?"など、意見やアドバイスをいろいろ聞いて回ったのだそうです。

とはいえ、もともと抜群のセンスや豊富な知識をお持ちだった奥様。
お部屋の模様替えが大好きで、既製品で見つからないものがあればご自身で手作りすることもしばしば。
無駄な隙間が嫌いなため、お住まいだったアパートにもかなり手を加えて、オリジナルの空間にアレンジしていたそうです。

そんなこだわりがいっぱいのご夫妻の想いに、全力で応えたスタッフはじめ職人の皆さん。
「相当好き勝手なことを言ってしまいました(笑)。」と仰っていたお二人でしたが、終わってみれば、その全てを受け止めてもらえたと実感できたのだとか。
ご主人が力を入れていた和室に至っては、神棚や特注の飾り棚を作ってもらえたり、持ち込みの材料であっても快く取り付けてもらえたといいます。
逆に提案もたくさんしていただけたことが良かったと、大満足のご様子でした。

間取りや室内に関することは奥様、外観などのデザイン系はご主人様と、上手に役割分担もできていたというお二人でしたから、完成までがスムーズだったようですね。
さらに、アルルホームズさんで建てたという身近な方の太鼓判があったことも大きかったのではないでしょうか。
当日、紹介してくださったK様ご夫妻が来られて、「良い家だね!」とS様に声をかけられていました。
こうしてまた、素敵な家づくりを通してアルルホームズさんの輪がどんどん広がっていくのですね♪

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

20150509_04.jpg

(あいにくの曇り空でしたが、会場は沢山のお客さまで賑わっていました!)

20150509_03.jpg

『これは嬉しい!見学前にちょっと腹ごしらえ♡』

皮までパリッと焼けたフランクフルトには、相性抜群のケチャップとマスタードをトッピング!好きな飲み物と一緒にアツアツのところをほお張れば、思わず今日の目的を忘れてしまいそう...(笑)。食べ終わったら、早速室内へ~♪

20150509_02.jpg

『奥様セレクトの、真っ赤な玄関ドアがアクセント』

鮮やかな赤い扉に、見学に来られた方からも歓声が上がっていました!
外壁がシックなブラウン系の色味なので、一層際立って見えますね。
開けるのが楽しみになる、室内への期待が膨らむ...そんな玄関ポーチです☆

20150509_09.jpg

『オールフローリングの室内は一体感があって広々!』

和室を設けず、18.5帖のLDKと8帖の洋室が続き間になった一階。
床材も全て統一され、段差もないためかなり開放的な空間になっています。
大きな掃き出し窓からはたっぷりと日差しが入り、室内を明るく照らしていました。

20150509_07.jpg

『奥様想いの家事動線に「これ、良いわね!」の声多数☆』

キッチンに立って左側へ目線を向けると...。
すぐお隣には洗面所とランドリーコーナー、そしてその奥にはバスルームがありました。
忙しい奥様の移動距離を少なくすることで負担を減らし、家事効率のアップを実現!

20150509_08.jpg

『壁紙や建具のトータルコーディネートで、より洗練された雰囲気に』

階段や扉、収納などは全て同じダークブラウンで統一。
フローリングの色を除けば、使っているのは「白」一色という潔さ。
すっきりとした印象を受けると共に、ご夫妻のこだわりを感じました。

20150509_05.jpg

『ダークトーンのバスルームで、寛ぎのひととき』

清潔感溢れる白も、可愛らしいパステル系も捨てがたいのですが...。
一日の疲れをとってリフレッシュするなら、こんな風にしっとりと落ち着いた色味でまとめるのも良いかもしれません♪
ついつい長湯してしまいそう?!

20150509_12.jpg

『"統一美"という言葉がぴったり!ご夫妻のこだわりを感じます』

二階も、一階と同じ色と素材でコーディネートされていました。
主寝室のほかに三つの洋室を備え、各部屋にはそれぞれクローゼットを設置。
中央ホールを通って階下に降りていくので、ここでもご家族の触れ合いが生まれますね。

20150509_11.jpg

『大容量の収納のおかげで、室内は常にスッキリ♪』

「うらやましい!!」「これは良いね~。」
見学に来られた皆さんの視線の先にあったのは、主寝室に設けられた、このクローゼット。
衣類も雑貨も季節用品も...これなら出しっぱなしにすることなく、片づけられそうです!

☆家づくりアドバイザーの杉川さんにお話を伺いました☆

スタッフ飛澤(以下飛):Y様と、アルルホームズさんとの出会いから教えていただけますか?
杉川さん:「社長の担当のお客さまと、奥様同士が同じ職場だったんです。
それで"アルルさんいいよ!"って、Y様に勧めてくださったのだそうです。」

飛:それは嬉しいですね!
そこから見学会などへ参加してくださるようになったのですか?

杉川さん:「いえ、先ずお電話をいただいて。水戸にお住まいだったのですが、週の半分は出身大学でアメフトの指導をしているから、龍ヶ崎に住みたいと仰っていて。」

飛: そうでしたか。では土地探しから、ということだったのですね?
杉川さん:「ええ。資金計画からご説明して、そこから土地を探し始めました。
奇跡的に、一発で理想の場所に見つかったんですよ!」

飛:一発で?!すごいですね☆ところで、どんな土地を理想とされていたのでしょうか??
杉川さん:「そうですね、公園と中学校が近いこと。
さらに道の幅が広いこと、そういったところでしょうか。」

飛:なるほど~。
お子さまが4人もいらっしゃるんですものね。
家づくりを進めていくうえで、間取りなど苦労された点はありましたか?

杉川さん:「いいえ。広いリビングと、水廻りの動線などの要望はいくつかありましたが...なんと間取りもドンピシャで、全てスムーズでした。」

飛:え~。それはすごいですね!!
紹介ということで、信頼関係もできていて、安心感も大きかったのでしょうね。
今日は色々なお話を聞かせいただいて、ありがとうございました!

フォトギャラリー

20150509_01.jpg

美しいカーネーション...この日は母の日でした

20150509_15.jpg

小さいお子さまも大喜び♡どれから食べようかな??

20150509_06.jpg

やっぱり人気!おしゃべりしながらお料理ができるカウンターキッチン

20150509_10.jpg

もちろん、システムキッチンだってトータルコーディネート☆

20150509_13.jpg

自然と会話や触れ合いが生まれる、人気のリビング階段

20150509_14.jpg

お家に帰ってからも、しっかり復習しましょうね♪

<取材を終えて>

今回はお施主様にお会いすることはできませんでしたが、担当された杉川さんのお話から、いかにY様ご夫妻とアルルホームズさんとの繋がりが深いかを感じ取ることができました。
OBの方からのご紹介だったのは非常に大きかったかもしれませんが、理想の土地と希望の間取りを叶えてくれたというところも、大きなポイントだったようです。

また、カラーコーディネートに関しては奥様が、それ以外は殆どご主人様が決められたとのことで...しっかりと役割分担ができていたのだとか。
そのおかげで途中詰まったり、変更をするなどのトラブルは一切なく、全てがスムーズに進んだと杉川さんも仰っていました。

「あの細かい(OBの)奥様が"良い"と言ったのだから、間違いない。」
これはY様のお言葉だそうです(笑)。
やはり一番信頼できるのは、実際に建てた方の経験に基づいたお話ですよね。
どんなスタッフがいて、どういう風に家づくりを進めてもらえて、結果どういった住まいが完成して、その住み心地やアフターフォローはどうだったか。
それらを踏まえて『太鼓判』を押すと言われたら、これ以上の安心はないのではないでしょうか?

最後になりますが、お話を聞いていて、印象的なコメントがいくつかありました。
「いきなりプランの話を始めるのではなく、資金計画の説明からスタートしてくれたところが良かった。」「担当によって進め方や方向性がブレないところが良かった。」
家のデザインや性能とは直接関わりのない部分ですが、今後長いお付き合いをしていくとなった時、こういったところは本当に大切になってきますよね。
"聞いていた通りで安心しました!"Y様のそのひとことに、アルルホームズさんの家づくりの姿勢が凝縮されているように感じました。

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

20150412_00.jpg

(可愛らしいお子さまたちと、おしゃれなパパ&ママの仲良しファミリー♡)

20150412_01.jpg

『住宅街でもひときわ目を引く、南欧風の素敵な外観』

独特の存在感が光る洋瓦や鎧(よろい)戸で、シンプルでシャープなデザインの外観にアクセントと個性をプラス☆某テーマパークでも採用されているという鎧戸の素材は、経年劣化がなく、最初の美しい質感がずっと続くいという優れものなのだそうです!

20150412_02.jpg

『白を基調とした室内に映えるこだわりのインテリア』

リビングからキッチンの方を眺めれば、華やかなシャンデリアや、滑らかなカーブを描くアーチが目に入ります。ここに一歩足を踏み入れただけで、お二人のマイホームへの想いやこだわりが伝わってくるようですね!!

20150412_03.jpg

『女性なら憧れずにはいられない♡機能美が詰まったキッチン』

可愛らしいレンガ張りの収納壁を挟んで、システムキッチンと大きな食品庫を設置。
レンジフードまで白でコーディネートされたカウンターは、さわやかで清潔感あふれる印象。こなれた雰囲気を演出する、テラコッタタイルの床にも注目が集まっていました♪

20150412_04.jpg

『柔かなパステルピンクの畳と桜の共演』

お部屋のイメージを大切にコーディネートされた和室がこちら。
ピンクという色と琉球畳をチョイスしたことで、洋風の建物にもぴったりの一室に仕上がっています♪リビングと続き間になっているので、お昼寝スペースとしても活躍しそう!

20150412_05.jpg

『二階に上がった皆さんが歓声をあげる理由は...??』

階段を登っていると、色鮮やかなクッションフロアが目に入ってきました☆
白でコーディネートされたこの建物だからこそ、一層その存在感が際立つのでしょうね!足触りも柔らかく、これならお子さまたちが転んだり、少しくらい汚しても平気?!

20150412_06.jpg

『大切なお子さまたちのお部屋は、仲良く隣同士で♪』

中央のフリースペースを挟んで、主寝室の向かい側には子供部屋が二つ。
真っ白なフローリングの床とクッションフロアのコントラストが美しいですね☆
どちらのお部屋にもクローゼットを設けていないため、室内はスッキリ!その理由は?

20150412_07.jpg

『圧巻のスケール!ご主人様こだわりのウォークインクローゼット』

ここまで大きなクローゼットは未だかつて見たことがありません!
4人分の衣類や雑貨は、この一か所にらくらく収納できるようになっています。
毎日の着替えや片付けの度に、ここでご家族のふれあいが生まれるということですね♡

20150412_08.jpg

『どこを撮っても画になる、美しい住まい』

奥様お気に入りの照明器具たちが、シンプルな室内に花を添えます。その完成された美しい佇まいは、思わず足を止めて見惚れてしまうほど。玄関を入ってすぐの吹き抜けを華やかに飾るシャンデリアは、こうして階段を登りながらも楽しむことができます。

☆Y様ご夫妻にお話を伺いました☆

20150412_09.jpg

(家づくりアドバイザーの川田さんとのんびり談笑中♪)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、アルルホームズさんとの出会いから教えていただけますか?
奥様:「私の姉夫婦が、先にアルルさんで家を建てていたんです。
それで、一度話を聞いてみたら?って言われて。」
飛:(室内にいらっしゃったS様を発見して)あ、もしかして...?!
以前取材させていただいていますね、私!!

奥様:「予算内で、頑張れば結構好きなことができるよって、勧めてもらったんです。」
ご主人様:「3回くらい見学会にも行きましたね。シンプルな家が多いな、そんな印象を受けました。」

飛: そうでしたか~。お姉様たちからの推薦であれば、間違いないですものね。
ところで、お二人はそれぞれどんなところに特にこだわられたのでしょうか?

ご主人様:「二階にあるウォークインクローゼットですね!
家族みんなのクローゼットを、一か所にまとめたんです。」
奥様:「私は照明と洗面所です。インターネットを使って、全て自分たちで探しました♡」

どれもすごく素敵ですものね。ひとつひとつじっくり拝見させていただきました♪
それでは最後になりますが、お引越し後は一番に何をしたいですか?
奥様:「まずはキッチンを使ってお料理をしたいです!」
ご主人様:「そうですね、ひと段落したらまずテレビを見たいです。これからソファを探すので、楽しみなんですよ。」

飛:なるほど~それは楽しみですね。
今日は色々なお話を聞かせいただいて、ありがとうございました!

フォトギャラリー

20150412_10.jpg

この玄関ドアですから...いやが上にも室内への期待が高まります♡

20150412_11.jpg

カッコいいパパとおそろいのキャップ使いがキマってます☆

20150412_12.jpg

とっても素敵なボウルや鏡...将来はママと取りっこになるのかな?!

20150412_13.jpg

まるでカフェや雑貨店のよう!選りすぐりのインテリアたち

20150412_14.jpg

繊細で美しいシャンデリアがリビングダイニングを華やかに演出☆

20150412_15.jpg

玄関収納の天井に発見♡一生の思い出になりますね

<取材を終えて>

子供たちにとって住みやすい家づくりをしていったら、こうなりました。」
そう笑顔で話してくださったY様ご夫妻。
部屋の間取りなどはもちろんのこと、土地探しの段階からずっと考えてきたのは、大切なお子さまたちにとっての"住みやすさ"。
走り回る姿を愛おしそうに眺めるお二人から、色々なお話を伺うことができました。

ご夫妻で挑んだ土地探しは、意外にも苦労の連続...そんな窮地を救ってくれたのが、家づくりアドバイザーの川田さんだったと言います。
完成までの道のりを振り返って「全てが濃かった(笑)。」というご主人様、理想の土地をドンピシャで見つけてきてくれた川田さんの手腕が、特に印象に残っていると仰っていました。

「やりたいことが、とにかくたくさんあって...。」笑いながら話してくださった奥様も、やはり思いきり住まいづくりを楽しんだご様子。
なんと洗面ボウルを購入するために、はるばる埼玉の方まで足を延ばされたのだとか!
その甲斐あって、お気に入りのインテリアに囲まれた素敵な空間が完成したようです♪

最後の写真にもあるとおり、室内の塗壁はご自身で行ったY様。
お友だちの皆さんも手伝ってくださり、賑やかに作業が進んだそうです。
奥様のお姉様からの紹介にはじまり、周囲の皆さんの協力を得ながら築き上げられていった、こだわりもいっぱいの夢のマイホーム。
住み心地の良さは、きっと言うまでもありませんよね☆

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

アルルホームズさんの完成見学会に行って来ました♪

20150315_main.jpg

(家づくりアドバイザーの杉川さん、施主様である美男美女のご夫婦に囲まれて♪)

20150315_01.jpg

『奥様はなんと20代♡若いお二人らしいシンプルモダンな外観』

大きな通りを少し入って、戸建て住宅が立ち並ぶ静かな環境に完成したY様邸。
周囲の景観に馴染む抑えた色使いと、すっきりとしたデザインのお住まいながら、静かに自己主張&さり気なく目立っていました☆

20150315_02.jpg

『"透明感のある白い空間"がテーマのスタイリッシュな室内』

20帖ある広々としたLDKには、人気のリビング階段を設置♪
冬場の暖房など、空調の効き目にも考慮して、しっかりと扉がついています!
キッチンで家事をしながら、家族の出入りや移動の様子が確認できるのは嬉しいですね。

20150315_03.jpg

『一目瞭然!とにかく豊富な収納スペース』

こちらはキッチンカウンター内からの眺め。
背面の調理器具や食器類をしまう棚もさることながら...食材を入れる大型ストッカーや、ランドリーコーナーに抜ける廊下に設置された大容量の収納にも注目したいですね!!

20150315_04.jpg

『同じトーンで揃えた水まわりに、センスとこだわりを感じます☆』

白を基調にまとめた室内は、さわやかでありながらほど良い緊張感も感じられる素敵な空間。そんな中、お手洗いやバスルームは木目調の分量を多めに用いて、よりナチュラルでホッとできるスペースに仕上げていました♪

20150315_05.jpg

『淡いトーンの内装にぴったりの優しいライティング』

階段で二階に上がる途中に目に留まるのが、正面上部に見えるすりガラス。
暗くなりがちなお手洗いですが、こうして明り取りの窓を採用することで、中からも外からも電球の温かみある光を楽しむことができるのですね!

20150315_06.jpg

『主寝室に設置されたウォークインクローゼットは大迫力の大きさ!』

あまりの広さゆえに、カメラにうまく収まりませんでした...(涙)。
実は写真に映っていない右側にももう一本バーが渡っていて、ハンガーをかけられるようになっています。これだけ容量があると、室内がスッキリ片付いて良いですね!!

20150315_07.jpg

『こんな場所にもお二人のこだわりを発見☆』

白木の階段の際に引かれた一本のシャープな黒ライン。
優しい色味の階段の、良いアクセントになっていました!
小さいお子さまやご年配の方には、一段一段の区切りが確認できるので安全ですね。

20150315_08.jpg

『梯子を上ると広がるロフトは、用途を考えるのも楽しみ♪』

二つの窓があって採光もバッチリ!
梯子を挟んで左右に分かれるロフトはゆったりと広めの設計で、大型の季節商品などが余裕で収納できそうです♡乗降口にハンドルがついているところも親切ですよね。

☆Y様ご夫妻と担当の生頭さんにお話を伺いました☆

20150315_09.jpg

(温かく見守る眼差しは、まるでお二人のお父さん?!)

スタッフ飛澤(以下飛):先ず最初に、アルルホームズさんとの出会いから教えていただけますか?
奥様:「牛久で行われていた、昨年の完成見学会に参加させていただいたのがきっかけです。」
杉川さん:「そう、それで土地探しから始めたんですよね。」
ご主人様:「無理な資金計画を立てないようにって、杉川さんが熱心にアドバイスしてくださって。」

飛:そうでしたか。土地探しにもこだわりがあったと伺っていますが...?
奥さま:「ええ。私は公園の近くが良いと思っていたんです。」
杉川さん:「そうそう♪
この土地も、二人がお付き合いを始めた頃に行った公園が近くにあるんですよ!」

飛 :そこから一年かからずに、今日のこの日を迎えられたということですね!
ところで、お二人はそれぞれにどんなところが気に入っていらっしゃいますか?

ご主人様:「私はこの和室やリビングの琉球畳ですね。」
奥様:「私は家族が集まるリビングです。」

飛:そうでしたか~!思い出深い土地にマイホームを建てられたのですね、素敵♡ ところで、お二人はそれぞれにどんなところが気に入っていらっしゃいますか?
ご主人様:「私は開放感のあるこのリビングですね。
壁にエコカラット(※快適な湿度を保ち、気になるニオイや有害な物質も低減するインテリア壁材)を用いたりして、こだわりました。」
奥様:「私はお手洗いの床や壁紙です。
二階のお手洗いって、あまり使わないイメージがありますけど、わざわざ上がって使いたくなるようにしました♪」

飛:なるほど...確かに素敵なデザインでしたものね! それでは最後に、お引越しをされたらまずはじめに何がしたいですか?
ご主人様:「この広いリビングで寝たいですね~。」 奥様:「私はベッドで寝たいです♡」

飛: とにかくお二人とも寝たいと(笑) 今日は色々なお話をお聞かせいただき、ありがとうございました!

フォトギャラリー

20150315_10.jpg

玄関にて便利な土間収納やおしゃれなニッチを発見☆

20150315_11.jpg

冷暖房の効きを良くするだけでなく、階段扉には目隠しの役割も♪

20150315_12.jpg

明り取り+インテリアとしての役割を担うガラスブロック

20150315_13.jpg

雨や花粉にも負けない!これならいつでもお洗濯ができますね♪

20150315_14.jpg

小屋裏に上がる時って、どうしてこんなにワクワクするのでしょうか(笑)

20150315_15.jpg

ご自宅の窓から満開の梅を鑑賞できるなんて羨ましいですよね♡

取材を終えて

笑顔が素敵なご主人様と、とっても可愛らしい奥様。
若くてセンスが良いだけではなく、担当された杉川さんのお話では、お二人ともとっても熱心に家づくりをされていたそうです。
たくさんのハウスメーカーさんや工務店さんに足を運んで学んだり、クロスやフローリングなどを選ぶ際も、わざわざ銀座にあるショールームまで出かけて行ったと言います。

実は、はじめは現在のような白い内装にする予定はなく、シックな色使いでまとめるつもりでいたという奥様。
ご主人様やスタッフの皆さんと二人三脚で家づくりを進めていく中で、少しずつ思い描いていたマイホーム像が形を変え、最終的には理想の住まいとしてこの姿になったようです。 その過程を、とても楽しそうに話してくださる様子が印象的でした
見学会や事務所を訪れた時の、スタッフの笑顔とあたたかな雰囲気に「この人たちなら信用できる!」と思えたというお二人。
その後もアルルホームズの皆さんの、建築中の電話・メールでのフォローや、無理なお願いにも柔軟に対応してくださる姿勢にも感激されたそうです。
さらに、職人さんたちの真摯な姿勢は、共働きでなかなか頻繁に現場まで足を運べないご夫婦を心から安心させてくれたのだとか。

何より記憶に残る一言が、「杉川さんに出会っていなかったら、家を建てなかった!!」
アルルホームズさんでマイホームを建てようと考えた決め手は、家づくりアドバイザーである杉川さんの存在。
その知識の豊富さや、細やかな対応に惹かれたというご夫妻と、杉川さんのお付き合いは始まったばかり。
これからもきっと良い関係を築いて行かれるのでしょうね♪

アルルホームズ明るい株式会社
所在地 茨城県つくば市春日2-18-8(MAP
営業時間 8:30~17:30
定休日 毎週水曜日 隔週火曜日
問い合わせ 029-863-6188
ホームページ http://www.arle.co.jp/

カテゴリ

最近の記事

過去記事


表示モードをスマートフォン版に変更する